「だって穴に通せないだろ」「今もう穴みえないからな」高齢化する貴族が懐かしんだものは?

クセが強すぎる"貴族"の紅雅みすず(左)と銀河祐 ©STVラジオ

いま札幌で「いちばん集客力のある劇団」と業界関係者に言わしめた「シークレット歌劇團0931(オークサイ)」の2トップ、銀河祐と紅雅みすずの2人が、中世からタイムスリップして蘇った「貴族」になりきって爆笑トークを繰り広げる番組が『貴族の時間』。今週も、ラジオ平民(リスナー)からの献上文(メールやお葉書)を、昭和を生き抜いた貴族の2人が有り難く紹介しながら、お戯れトークが進んで行きます。

【懐かし貴族】貴族の2人が、昭和の頃の懐かしいモノや遊びの献上文を読みながら「あった、あった」と懐かしむコーナー。

平民の献上文:私には,貴族様と同年代の姉がおり、その影響でよく遊んでいたのが「リリアン」と「ビーズ」です。小さなビーズを糸に通して、ビーズの色を組み合わせて、トンボやセミを作ってアクセサリーにするのです。

銀河・紅雅:あった、あった!

献上文:みなさん、ど真ん中ではないでしょうか?

紅雅:ど真ん中、どストライクだよ!!

銀河:だって(紅雅が)悶絶してるんだもん。特に、ビーズのくだりで。

紅雅:リリアンもありましたけど、ビーズでトンボ、作りましたよぉ。

銀河:あ、そう!

紅雅:テグスって言ってな…

銀河:あー、透明のね。

紅雅:透明の細い糸、あるだろ。あれにビーズを入れて、ここを折り曲げて、キュッとやって、パッつったら…

銀河:キュっつって、パッとやってら…

紅雅:トンボ出来んだよぉ。(ドヤ顔的な言い方)

銀河:(大爆笑)

紅雅:死ぬほど、トンボ作ってな…。

銀河:ざっくりしてんなぁ、おまえぇ。 パッとやったら、トンボが出来るんだと~?

紅雅:いや、いま作れって言ったら、作れないけど。あの頃は、死ぬほど作ってたなぁ。

銀河:だって、穴に通せないもんね。

紅雅:今もう、(老眼で)穴みえないからな。

銀河:いやぁ、ムリムリムリ。

紅雅:いやあ、あの頃はなぁ。

銀河:だってビーズ、小っちゃいぞ。

紅雅:小っちゃい、小っちゃい。それ作って、色んな財布にくっつけたり、ランドセルにくっつけたりしてな。

銀河:そうなの?じゃあ,もの凄いトンボばっかりカバンに付いてたの?

紅雅:トンボだらけ、トンボだらけ。(中略)

銀河:でもね、リリアンって、編まなきゃイケないだろ。銀河はね、1回も編んだことないの。

紅雅:なんでぇ?

銀河:みんなが作ってくれたから。

紅雅:はあ~、おまえ,愛されてたからな~。

銀河:みんなね、くれるんだよ。いろんな色のリリアンが、もう束になって…。どこ行っちゃったんだろうな、あのリリアン。

パッと即座にビーズでトンボを作った紅雅様、リリアンを束になって献上された銀河様。さすが、お2人とも幼少の頃から貴族の片鱗を見せていたとは!「栴檀は双葉より芳し」であります。"紅葉"の今では「0931(オークサイ)」でありますが…。

番組の終盤には、紅雅様にまさかのハプニングが!。スタジオが一瞬、凍り付いた理由は…。(詳しくは、ラジコで聴くが良い!)。

さあ、貴族の時間を堪能せよ!!

STVラジオ『貴族の時間』(毎週土曜 21:00~21:30)
 

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

貴族の時間
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 21時00分~21時30分
出演者:銀河祐(ぎんがゆう)、紅雅みすず(こうがみすず)、音羽美雨(おとはみう)【すべて「シークレット歌劇團0931」所属】
番組ホームページ

twitterハッシュタグ:#貴族の時間

出演する銀河祐と紅雅みすずは、札幌を拠点に北海道各地で活動する「シークレット歌劇團0931(ゼロキュウサンイチ・オークサイ)」の夢組の2トップ。音羽美雨は娘役です。「シークレット歌劇團0931」は17年前に結成され、クセとアクが強烈ながらも、うなじを綿毛でくすぐるような唯一無二の高貴な世界観でじわじわと人気が広まり、いまでは公演チケットはプラチナチケット!(マジです)。「公演を東京で」との甘い誘いにも流されることなく、ひたすらに北海道の「平民」「ラジオ平民」のためにエンターテイメントを届け続ける、平和を愛する心優しき"中小貴族"です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

ryuchell、森友嵐士と”愛”を語る!!

ラジオ日本『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は5月28日(土)、6月4日(土)の2週にわたり、モデルでタレントのryuchellをゲストに迎える。

2001年10月1日から放送を開始した『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は、T-BOLANのヴォーカル森友嵐士がみんなに夢と勇気を届けるレディオ・プログラム。音楽についてはもちろん、森友嵐士が他ではなかなか聞けない身近な話や熱いメッセージを発信する。

今回のゲスト出演は、ryuchellがT-BOLANの大ファンでライブを見に行ったことをTwitterに投稿したことがきっかけ。5月28日(土)の放送で初めて対面。本来T-BOLAN世代ではないはずの、1995年生まれのryuchellがファンになったきっかけを語るほか「森友嵐士と一緒に聴きたいT-BOLANの曲 ベスト3」を発表する。ryuchellが「T-BOLAN愛」をあますところなく披露する。

また、翌週6月4日(土)の放送では、二人がともに大切にしているキーワードである「愛」についてじっくりと語り合う。いつからこの想いを意識するようになったのか、何かきっかけがあったのか。ほか、ryuchellの出身地、沖縄についても触れる。沖縄のいいところ、好きなところから、基地問題や沖縄返還50年まで、何を感じているか、さらにロシアのウクライナ侵攻についても交え、今この時代に思うことをryuchellが大いに語る。

Facebook

ページトップへ