「心もよう/井上陽水」プロデューサーの”恨まれてもいい"決意でA面になった数奇な大メジャー曲

"Pのひと声"でA面になった「心もよう」 ©STVラジオ

ポプコン出身のシンガーソングライターで"選曲家"としても活躍する松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を中心にイントロからアウトロまでノーカットでお届けするライブプログラム・STVラジオ『MUSIC☆J』(火~金 19:00~)。11月19日のOAでは、井上陽水を一気に世に知らしめた大メジャー曲のA面とB面の両曲を聴きながら、その命運を分けたエピーソードを紹介します。(文中敬称略)

松崎:今回はとても著名なエピソードを持つ大メジャー曲です。「アンドレ・カンドレ」としてデビューして、売れない。そして「井上陽水」としてやっと盛り上がって来ているという実感の中、アルバム「氷の世界」のレコーディングが進んで行くわけです。で、さあ「心もよう」と言う曲があります。「帰れない二人」という曲がある。井上陽水含め、殆どのミュージシャン勢、スタッフ勢は「帰れない二人」がA面だと思っていたところ、ある人物が「いや『心もよう』だ」と。「いま陽水をひとまわり、ふたまわり大きく押し出すには『心もよう』だ」と言ったんです。

松崎:キティ(レコード。現・株式会社キティ)の多賀(英典)という人です。後にキティ・フィルムなども設立して映像制作にも乗り出す、いわゆる業界の大立者です。とくにかく「俺は陽水に恨まれてもいい。恨まれても良いから、どうしてもこの才能を世の中に出したいんだ」と。「それには『帰れない二人』じゃなくて、『心もよう』なんだ」と言ったという逸話が残っております。最近、検証されたんですけど。陽水はああいう人なので、自叙伝で(逸話などを)ペラペラしゃべるような人じゃないのでね。

松崎:もしもこれが逆だったら、と思いながら聴いてみるといいかなと思います。

M13「心もよう/井上陽水」

松崎:非常に湿った世界ですよね、叙情的な。後に八代亜紀が「寒い夜汽車で膝を抱きながら、書いたあなたのこの手紙」という曲がありますが(編註:「愛の終着駅」)、これは「心もよう」のイメージを引きずって反対側の立場からアンサーソングのうように書かれた曲のように思いますが、そういう演歌の書き手までも刺激するような"幅の広さ"が恐らく、プロデューサーの多賀には解ったんですかね。

松崎:でも、僕が言ってることは全部、後付けですから。その当時、例えば僕がディレクターのひとりとしてそこにいたら「いやあ多賀さん、ここはやっぱり『帰れない二人』じゃないですか。陽水が納得してませんよ」と言ったんじゃないかなと思います。

M14「帰れない二人/井上陽水」

松崎:(オンエア中に#musicjの)ツイッターを見たら「心もようのギターをとにかく練習しようと思った」というツイートがあって、そう言うところですよね。少しコードの量も多いし、一発でコードを3つか4つ覚えた人が弾き語りできる曲ではないんですよ。もう少し難しい。なので、より大衆性というか、ポピュラリティーを考慮した多賀の作戦勝ちだったのかなと。

松崎:結局、この2曲を収録した「氷の世界」というアルバムがお化けのように売れて、今でも売れ続けているということで、まあ結果よければ全てよし、ですね。

【編集後記】
「心もよう/井上陽水」(B面は「帰れない二人」)。 あまりにもメジャー過ぎて、この番組でかける機会は意外と少なかったのかも。冒頭の歌詞を「さみしい貨物列車に〜」と間違って歌っていた子供の頃が懐かしい(押韻的には合っているでしょう?)。使い古された表現だが「大衆より半歩だけ先を行く」というのはこのAB面セレクトが好例だろう。ただし、ジャッジを下したプロデューサーは、結果如何でアーティストの信頼を失うというリスクを負っている。(松崎 真人)

<11月19日のプレイリスト>
M01「sûre danse(シュールダンス)/米米CLUB」
M02「にがい涙/スリー・ディグリーズ」
M03「DOWN TOWN BOY/佐野元春」
M04「DOWNTOWN BOY/松任谷由実」
M05「UPTOWN GIRL/Billy Joel」
M06「エレクトリックおばあちゃん/ザ・スパイダース」
M07「すみれ色の涙/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」
M08「君といっしょなら/南こうせつ」
M09「月が射す夜/風」
M10「遥かなる想い/かぐや姫」

M11「Bye For Now/T-BOLAN」
M12「あなたを感じていたい/ZARD」
M13「心もよう/井上陽水」
M14「帰れない二人/井上陽水」
M15「チキチキマシン猛レース/ケーシー浅沼」
M16「もしも雪なら/DREAMS COME TRUE」
M17「One Step/PEARL」
M18「個人授業/フィンガー5」
M19「砂漠のような東京で/いしだあゆみ」
M20「北国の青い空/奥村チヨ」

M21「キモちE[LIVE] /RCサクセション」
M22「Chance!/白井貴子」
M23「見つめてCARRY ON/原田真二」
M24「女優/岩崎宏美」
M25「Kiss Again/岩崎宏美」
M26「五線紙のカウボーイ/岩崎宏美」
M27「天体観測/BUMP OF CHICKEN」
M28「瞬きもせず/中島みゆき」

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週火曜~金曜 19:00~22:00) /RCCラジオ 同時生ネット(19:00~21:50)

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC☆J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活動。
番組ホームページ

リクエストメール:mj@stv.jp
twitterハッシュタグ:#musicj 
(番組OA中は、マニアックな話題で盛り上がります)

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになります!。
★RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ