「抱きしめたい/Mr.Children」女の子たちが電車の中でCD開けて夢中…ブレーク前夜のミスチル

Mr.Childrenに夢中のティーン女子にザワザワした松崎真人 ©STVラジオ

ポプコン出身のシンガーソングライターで"選曲家"としても活躍する松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を中心にイントロからアウトロまでノーカットでお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。シングル曲のA面とB面(カップリング)の両方を聴きながら、その背景やエピソードをトークする「ところで、B面なんですが」。この日は、Mr.Childrenの1992年の大ヒット曲を取り上げます。(文中敬称略)
 
M14「抱きしめたい/Mr.Children」

松崎:1992年12月1日リリースのシングルですね。この前に「君がいた夏」というシングルを出していますけど、これが「もっと売れる」と思っていたと思います、いい曲だし。でも、思った通りの結果では無かった、もっと売れても良いはずだと本人たちも周りも思ってたと思うので、次に出すシングルはもう、ド直球で、桜井(和寿)の甘いマスクに似合うようなラブソングで行こうという、一丸となったアレンジと歌詞のコンセプトと歌唱。すべてがひとつの方向を向いているということで、ここはもうB面で遊んでいるヒマは無いわけです。なので、カップリングもド直球のラブソングで合わせてきているわけですね。

松崎:ミスチルがカップリングで色々と実験的なこととか遊びとかを始めるのは、もっともっと後でございます。「抱きしめたい」と組み合わされたのは、この曲です。

M15「君の事以外は何も考えられない/Mr.Children」
 
松崎:これも力が入っている曲ですね。グロッケン(編註:鉄琴)でサビをなぞって、印象的に耳に残る作り方をしていますね。1992年と言えば、サザンオールスターズの「世に万葉の花が咲くなり」で小林武史がサザンと一緒にアレンジをやっていた頃ですので、当時の小林武史の頭にあったアイデアが、僕の中にも思い入れとして残ってるので、もうその辺りを総動員して、このMr.Childrenというダイヤの原石を絶対に磨き上げて、スターダムにのし上げてやるという思い入れを感じますね。

松崎:僕自身の思い出としては、最初の「EVERYTHING」って言うアルバムを、(東京の)山手線の車内で、CDを家に持って帰るのが待ちきれなくて、タワーレコードの袋から出して「これ、買ったわぁ」って開いてジャケットを眺めてる女子が2人、いたの。その時にジャケットを見て「あ、Mr.Childrenっていう新しいバンドだ。これ、小林さんがやってるんだ」と思ってたけど、ああやってリアルで、売れて当時のティーンが夢中になっているのを目撃するとなんか「ザワザワ」ってしますね、「これ、来るんだな」っていう気がしまして。案の定、それから次のアルバムでドーンと売れたわけです。

次は、リスナーのリクエストで選曲した”冬の曲”です。

松崎:45回転、ピクチャーレコードというか、カラーレコードでお送りします。

M20「Bedtime Stories/大江千里」

松崎:(アウトロの受けて)あ~このね、最後のバットン、大村(雅朗)のディレクションで作った音ですね。大村雅朗のアレンジでした。カラーレコード、グリーンのね。当時、けっこう売れたのかな。きれいなレコードでしたね音も、録音もきれいに残っていました。

【編集後記】
「抱きしめたい/Mr.Children」 1992年の音楽業界はなかなかタフだった。CHAGE and ASKA、小田和正、サザンオールスターズとメガヒットを狙えるアーティストがひしめき合い、ビーイング勢もヒット量産体制に拍車がかかっていた。ここに新人バンドが食い込んでいくには……2枚目のシングルで小林武史とミスチルのメンバーが目指したのは「まずティーンの女性にターゲットを絞って桜井のルックス込みで直球のラブソングを投げ込む」事だったのだと思う。尖った面はいったん横に置いて。小林武史のアレンジもいつになく人懐こい。臆面もなくデヴィッド・フォスター要素を折り込んで来ている。でも、勝負に出るならこういう思い切りは必要。(松崎 真人)

【11月26日のプレイリスト】
M01「曼珠沙華/山口百恵」
M02「埠頭を渡る風/松任谷由実」
M03「ハートのイアリング/松田聖子」
M04「Say Goodbye To Hollywood /Billy Joel」
M05「幸せにさよなら(シングル・バージョン)/NIAGARA TRIANGLE Vol.1」
M06「真冬の帰り道/ザ・ランチャーズ」
M07「愛のリメンバー/寺内タケシとバニーズ」
M08「遠い世界に/五つの赤い風船」
M09「ほんとだよ/遠藤賢司」
M10「み空/金延幸子」

M11「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)/サザンオールスターズ」
M12「恋人達のペイヴメント/ALFEE」
M13「笑顔の行方(シングル・バージョン)/DREAMS COME TRUE」
M14「抱きしめたい/Mr.Children」
M15「君の事以外は何も考えられない/Mr.Children」
M16「お・ね・が・い/森尾由美」
M17「微妙なとこネ/松居直美」
M18「ニュアンスしましょ/香坂みゆき」
M19「ある朝、風に吹かれて/EPO」
M20「Bedtime Stories/大江千里」

M21「LOVE TRAIN/TMN」
M22「Choo Choo TRAIN/ZOO」
M23「Timing/ブラックビスケッツ」
M24「Kのトランク/ムーンライダーズ」
M25「花咲く乙女よ穴を掘れ/ムーンライダーズ」
M26「スカーレットの誓い/ムーンライダーズ」
M27「雪列車/前川清」
M28「情熱よ静かに降りつもれ/Birthday Suit」
M29「フライディ・チャイナタウン/泰葉」

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週火曜~金曜 19:00~22:00)/RCCラジオ 同時生ネット

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

MUSIC★J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活動。
番組ホームページ

リクエストメール:mj@stv.jp
twitterハッシュタグ:#musicj 
(番組OA中は、マニアックな話題で盛り上がります)

70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。松崎の"微妙な滑舌"も病みつきになります!。
★RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

コンサドーレ野々村"会長"「前3人はどこも出来ないといけない」新戦力の攻撃陣に"指令"

三上GMが赤裸々に ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和会長が出演するSTVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』。社長から”会長”に」なってからは初めての出演になりますが…何も変わりません。いつもと変わったことと言えば、今週は野々村会長は沖縄からのリモート出演。コンサドーレのキャンプの様子もちょっとだけ含めて、いつもの野々村トークを展開します。

チームは沖縄キャンプで27日、J2・長崎と練習試合を行って、浦和から加入したFW興梠慎三選手がシャドーのポジションで出場しました。

野々村:内容は良いに越したこと無いけど、45分なり90分なり、しっかりサッカーが出来るかどうかの確認という意味では、十分な練習試合だたっと思います。

吉川:右シャドーに興梠選手は入ったと言うことですが、これもオプションのひとつと言うよりは、今いるメンバーの中ではシャドーになる?

野々村:オプションのひとつだとは思います。コンサドーレの前3人は、誰がワントップで誰がシャドーかって、そんなに強く意識する必要もなくて、誰でもその3つのポジション出来ないといけないよって所があるので、場合によってはシーズンの中で(興梠)慎三がシャドーをやることもあるかも知れないし。何か大きな狙いがあって(練習試合で)やっていることではないですね。

吉川:興梠選手が入り、シャビエル選手が入ってきたところからすると、攻撃陣の競争力が一気に上がりますね。

野々村:それは間違いないと思いますね。シャビエルもきょう(28日)来ると思うんです。コンディションはまだまだなんだろうけど、みんんがそこそこのコンディションになれば、競争は相当、激しくなると思います。

吉川:考えて見れば、もう1か月後には(開幕なので)トップ(コンディション)の状態じゃなきゃいけないんですよね。

野々村:それが望ましいけど、それはなかなか難しいかなっていう風には僕は思ってます。2週間以上、キャンプやれてる選手と、シャビエルなんかも今日からみたいな感じになるわけですよね。そこのコンディションのバラつきはあるから、開幕の時にピークである必要は全然、ないと思います。今までやって来たことのベースがあるので、元気な選手がしっかりいれば、それなりのパフォーマンスはチームとして出せると思うので、個々、だんだんとコンディションを上げて行ければいいんじゃないかなと思います。

コロナ禍の影響で、野々村会長もチームの選手、スタッフとの接触は最低限にしているようですが、チームの仕上がり具合は注意深く見ているようです。

そう、開幕までもう1か月となりました。早く興梠選手やシャビエル選手の躍動する姿を札幌ドームで見たいですが、その前に番組としては、どうしても週明けの「Jリーグ・チェアマン」の発表が気になります。ドキドキ…。

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)

Facebook

ページトップへ