宮西尚生「基礎に戻って体質を見るのも大事」ビッグボスの"ダイエット指令"を初対面前に実行?!

スーツ姿がビシッと決まる宮西尚生。「4キロ減量したんよ」 ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、現役の選手ならではの舞台裏やチームメイトのこと、そしてリスナーからのお便りにも答える番組『宮西尚生のなんとかなるさ』。今回はビシッとスーツ姿で収録に登場した宮西投手。シーズン終了後、真っ先に取り組んだのが「ダイエット」で、4キロもの減量を果たしたのだとか。

宮西:基礎の基礎に戻って、食事の面からトレーニングを始めたんです。「ケトジェニック」って言って、筋力を落とさず、体脂肪を落として痩せるという、体重を落とすという方法を3週間、みっちりして。

草野:3週間で4キロ(減量)ですかぁ?。すごい効果が表れてる!

宮西:すっごいキツかったけどね。これはね、期間があって、長くやればいいもんじゃないんですよ。その人の意識や目的によって、期間はバラバラなんです。

シーズンが終わったばかりなのに、すぐに来季を見据えて、キツいダイエットトレーニングに向き合った宮西投手。ところで、野球選手でダイエット、と言えば、清宮幸太郎選手がビッグボスこと新庄監督からダイエットを厳命されたことが話題になりました。宮西投手も、それは意識していたようです。

宮西:大事なことだと思いますよ。野球やってると、目の前のトレーニングとかフォームの修正とかに目が行きがちなんですけど、基礎に戻るというのも(大事)。何でもそうかも知れないけど、まずは1歩、自分がつまずいたりした時は初心に帰るという意味では、体質というところから見るのも悪くないんじゃないかなと思いますね。

その新庄監督とは、この収録(11月29日)の時点ではまだ会っていなかった宮西投手。翌日(11月30日)のファン・フェスティバル会場でビッグボスと初対面を果たすことになっていますが…。

草野:ビッグボスに会ったら、何をしゃべりたいですか?

宮西:何をしゃべりたい?。ん~、特に…。まず、あいさつからだよね。しゃべること?。ん~、ないかなぁ(笑。

そのファンフェスティバルで、宮西投手と初めて会った新庄監督は「去年まで知らなかった」と、まさかのカウンターパンチ発言。でも「50試合も60試合も投げてる凄い投手だよね。むちゃくちゃ期待してるから」と大きな期待を寄せていました。

次回の収録の時には、ファンフェスの舞台裏や、新庄監督とのもっと細かいトーク内容を宮西投手にしゃべってもらいましょう!。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40) ★『吉川のりスーパーLIVE』内★

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

コンサドーレ野々村"会長"「前3人はどこも出来ないといけない」新戦力の攻撃陣に"指令"

三上GMが赤裸々に ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和会長が出演するSTVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』。社長から”会長”に」なってからは初めての出演になりますが…何も変わりません。いつもと変わったことと言えば、今週は野々村会長は沖縄からのリモート出演。コンサドーレのキャンプの様子もちょっとだけ含めて、いつもの野々村トークを展開します。

チームは沖縄キャンプで27日、J2・長崎と練習試合を行って、浦和から加入したFW興梠慎三選手がシャドーのポジションで出場しました。

野々村:内容は良いに越したこと無いけど、45分なり90分なり、しっかりサッカーが出来るかどうかの確認という意味では、十分な練習試合だたっと思います。

吉川:右シャドーに興梠選手は入ったと言うことですが、これもオプションのひとつと言うよりは、今いるメンバーの中ではシャドーになる?

野々村:オプションのひとつだとは思います。コンサドーレの前3人は、誰がワントップで誰がシャドーかって、そんなに強く意識する必要もなくて、誰でもその3つのポジション出来ないといけないよって所があるので、場合によってはシーズンの中で(興梠)慎三がシャドーをやることもあるかも知れないし。何か大きな狙いがあって(練習試合で)やっていることではないですね。

吉川:興梠選手が入り、シャビエル選手が入ってきたところからすると、攻撃陣の競争力が一気に上がりますね。

野々村:それは間違いないと思いますね。シャビエルもきょう(28日)来ると思うんです。コンディションはまだまだなんだろうけど、みんんがそこそこのコンディションになれば、競争は相当、激しくなると思います。

吉川:考えて見れば、もう1か月後には(開幕なので)トップ(コンディション)の状態じゃなきゃいけないんですよね。

野々村:それが望ましいけど、それはなかなか難しいかなっていう風には僕は思ってます。2週間以上、キャンプやれてる選手と、シャビエルなんかも今日からみたいな感じになるわけですよね。そこのコンディションのバラつきはあるから、開幕の時にピークである必要は全然、ないと思います。今までやって来たことのベースがあるので、元気な選手がしっかりいれば、それなりのパフォーマンスはチームとして出せると思うので、個々、だんだんとコンディションを上げて行ければいいんじゃないかなと思います。

コロナ禍の影響で、野々村会長もチームの選手、スタッフとの接触は最低限にしているようですが、チームの仕上がり具合は注意深く見ているようです。

そう、開幕までもう1か月となりました。早く興梠選手やシャビエル選手の躍動する姿を札幌ドームで見たいですが、その前に番組としては、どうしても週明けの「Jリーグ・チェアマン」の発表が気になります。ドキドキ…。

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)

Facebook

ページトップへ