昭和の汽車の旅「ポリ茶瓶」「ミニチュアボトル」の思い出を貴族が戯れる

銀河祐(右)と紅雅みすず。聴けば貴方もラジオ平民! ©STVラジオ

「クセが強くてクセになる」と全国のラジオ通を唸らせたと言われるSTVラジオ『貴族の時間』。中小貴族こと「シークレット歌劇團0931」夢組トップの銀河祐と紅雅みすず、そして娘役の音羽美雨、江戸から来た娘の星輝柚瑠の4人の女子会トークが今夜もお戯れを炸裂させます。

【懐かし貴族】(前期高齢者に近づきつつある貴族が、ラジオ平民の献上文にしたためられた"昭和のモノ"を懐かしむ時間)

献上文(読むのは星輝柚瑠):初めて汽車に乗ったときのこと。プラスチック製の容器に入っていた"お茶"を貴族の皆様はご存じですか。

紅雅:あぁ~。

銀河:知ってますよ、知ってますよ。

紅雅:ご存じもナニも、知ってますよ。(中略)

銀河:あれさぁ、熱っついんだよなぁ。その割りに、ペラッペラな感じしない?

紅雅:だから、あの針金みたいな緑のこういう…

銀河:みどり?

紅雅:緑のね、針金の、なんか細っそ~い取っ手みたいなの付いてなかった?

銀河:あ~、これを持つみたいな…

紅雅:そう、持つの。

銀河:はいはいはい。

星輝:キャップのところに、注いで…。

銀河:そう、そう。

星輝:ちょっと、子どもながらに,おちょこで飲んでる気分に…。

銀河:なつかし~!

星輝:大人になった気分で飲んでました。

紅雅:考えた人、すごい天才だよね。何か、ワクワクしない? お茶の色を知ったのは、この時かも知れないくらいな。

銀河:あ、そっか、そっか。中が見えるからね。

紅雅:中ちゃんと見えるし、透明な入れもの…

銀河:でもね、お茶の色って、みんな知ってない?

星輝:知ってる、知ってる。

紅雅:…言ってておかしいなと思ったんだけど。

銀河:いま「おかしいな、おかしいな」って、ずっと引っかかってた。

紅雅:でも、いま銀河が「そうだね」って言ってくれたから、じゃあそのまま行っちゃえって…

銀河:なんで、そのまま行くんだよ!!

紅雅:まぁ、熱かったね。

今や、ある意味で「ぜいたく」なことにも思える鉄道での旅。でも昭和の頃は当たり前でした。さらに紅雅様は、とっておきの「汽車の旅の思い出」を披露します。
 
紅雅:私はね、私のパパーン(編註:パパ=お父様)と一緒に列車に乗って旅をした時に、パパーンは車内販売が来た時に、ウイスキーを頼む。

銀河:ちょっと待って。ウイスキー、売ってたっけ?

紅雅:昔ね、売ってたの、小瓶で。

銀河:ビールはわかえるけど。

紅雅:ビールもあったけど、小瓶のウイスキーが幾つか並べてあった。

音羽:ミニチュアボトルみたいな?

紅雅:そうそう、それそれ。それの、サントリーのやつ買って、それで、水飲み場のところに、ぺったらこい(平ぺったいという意味)紙のコップみたいなの…。

銀河:あ~、わかった、わかった。折りたたみ式のね。それも、小っちゃいやつね。

紅雅:小っちゃいやつな。あれに、しゃっこい水をそこにパッと入れて…

銀河:しゃっこい、って…。冷たいって意味ですよ、みなさん。

紅雅:冷たい水入れて、そのミニチュアボトルでトクトクって注いで、ウイスキーをね…

銀河:ちょっと待って。それ、何回も行かなきゃいけないんじゃないの?

紅雅:あぁ私が~、くみに行ってた。

一同:(大爆笑)

銀河:子どもが使われて、お父さんは水割り飲んでたんだ。

昭和の頃は、こんな光景は当たり前でしたね。列車内で宴会なんてのも極々、普通に見られたものです。おおらかな時代に育った貴族さまの至極の戯れトーク。続きは、radikoタイムフリーでお楽しみ下さい。さあ、貴族の時間を堪能せよ!

STVラジオ『貴族の時間』(毎週土曜 21:00~21:30) 【AM 1440khz・FM 80.4Mhz】

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

貴族の時間
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 21時00分~21時30分
出演者:銀河祐(ぎんがゆう)、紅雅みすず(こうがみすず)、音羽美雨(おとはみう)、星輝柚瑠(せきゆずる)【「シークレット歌劇團0931」所属】
番組ホームページ

twitterハッシュタグ:#貴族の時間

出演する銀河祐と紅雅みすずは、札幌を拠点に北海道各地で活動する「シークレット歌劇團0931(ゼロキュウサンイチ・オークサイ)」の夢組の2トップ。音羽美雨は娘役です。「シークレット歌劇團0931」は17年前に結成され、クセとアクが強烈ながらも、うなじを綿毛でくすぐるような唯一無二の高貴な世界観でじわじわと人気が広まり、いまでは公演チケットはプラチナチケット!(マジです)。「公演を東京で」との甘い誘いにも流されることなく、ひたすらに北海道の「平民」「ラジオ平民」のためにエンターテイメントを届け続ける、平和を愛する心優しき"中小貴族"です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

有吉「3年間、マジで誰ともしゃべらなかったんだよ」スイミングスクールでの苦い過去を回顧

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。11月28日(日)の放送は、アシスタントにデンジャラスの安田和博を迎えてお送りしました。


(左から)安田和博、有吉弘行



番組では、6歳以下の子どもがいる保護者を対象に実施した“習い事”に関するアンケート調査の結果を紹介。“通わせてよかった”“通わせる検討をしている”という習い事の1位が水泳。そのほか、音楽、英会話、サッカー、野球などが挙がったそうです。

有吉は「俺も水泳をやってましたよ」と言い、当時を回顧します。小学4年生から3年間スイミングスクールに通っていたものの、その場所が隣町だったこともあって「知ってる人がいなくて、3年間、誰ひとり友達ができなかった(笑)」と苦い過去を告白。

しかも、スイミングスクールに通い始めた頃から悲劇が……。小学4年生から入ったため、通常であればそれなりのクラスからスタートするところ、母親の手違いで4歳ぐらいの子がいる一番下の13級から始めさせられたそう。

ただ、スイミングスクール側も気の毒に思ったのか、月に1度ある進級テストで13級から10級まで異例の飛び級昇進! 「“天才児現る”だよね(笑)」と振り返る有吉の言葉に、安田をはじめ番組スタッフも大笑いします。

その後も地道に通った有吉は着々と進級し、タイムを競う選手育成コースにまで進んだのですが、“友達がいない”という理由でスイミングスクールを辞めてしまったと言います。

「レッスン中に誰ともしゃべらないのはつらいよ」とキツい過去を思い出し、「気をつけたほうがいいですよ。“(通わせたいところに)ちゃんと友達がいるかどうか”とか」と、子どもを持つ親御さんに向けてアドバイス。

すると、安田がまさに子ども2人をスイミングスクールに通わせたばかりで、かつ、まわりの子たちと学校が違うため、友達ができずに悩んでいたそう。それを聞いた有吉が、「俺もそうだった。だから(スイミングスクールに)行くのがつらかった」と同意しつつ、「帰りのバスは、ピクニックっていうコーヒー牛乳を1時間かけて飲んでた(笑)。切なかったな、3年間……」とつぶやくと、我が子も同じようにならないか心配そうな安田。

有吉はあらためて、「(スイミングスクールで)3年間、友達もできずにマジで誰ともしゃべらなかったんだよ。それなのに、よく3年も行ったよね。自分で自分のこと粘り強いと思うよ」と自画自賛し、「だから、たまに行くドラマの現場とかで、誰ともしゃべらなくても平気なんだろうね。(待ち時間は)隅でじっとしてるだけ。ただただ辛抱する時間だね……(笑)」としみじみと語りました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国24局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ