宮西尚生「1回で凄いしっかりしてると感じられた」ビッグボスに"ひと目ぼれ"?!

こんな格好いいサンタ、他にはいないって! ©STVラジオ

ビッグボスの期待も大きい北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、赤裸々トークを繰り広げる『宮西尚生のなんとかなるさ』。今回は2年ぶりに、STVラジオのスタジオに宮西投手が来ての収録。本人はすっかり、ラジオ・パーソナリティ気分で、トークのキレはスライダー並みです。

最初の話題はやはり"ビッグボス"のこと。先月のファイターズのファン・フェスティバルで新庄監督の初対面した宮西投手。その際にビッグボスから「70試合、行けるか?」と言われたとの報道がありました。

宮西:あれは抜粋されてバンと(記事に)出ましたけど、その前後にも話があって。最初に「体、どう?」って体のこと気に掛けてくれて、キャンプも「ゆっくり、どういう調整したいんか?」という話もあって。で、僕が「ことしは、こうこう、こうだったんで」という説明をした中で、「じゃあ、70試合、行けるね!」って言うことだったんですよ。

宮西:だから、あの記事みたいに出たら、唐突に「70試合、放れる?」みたいな質問になってましたけど、その話の段階までにはちゃんと細かく考えてくれてるなって言うの(受け止め)はあります。

草野:だからこそ宮西さんも、それに応えたいと言う…

宮西:そう。だから、即答で「はい」と言いました、ということなんです。(中略)スポーツ紙の記事とか見てたら、すごい面白い、みんなの興味を引くような話し方をされてますけど、やはり考えてることは凄いしっかりしてるなってことは、1回だけの話の中で感じることができましたよ。

ファン・フェスティバルの会場には、あの真っ白なスーパーカーでド派手に登場した新庄ビッグボス。そうしたファンの前で見せる姿とは一線を画して、選手とはしっかりコミュにケーションをとって、人心掌握を図るビッグボスの姿が垣間見られる宮西投手の話です。

さらに、現役引退を決めた鶴岡慎也さんへの惜別の思いも語っています。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40 『吉川のりおスーパーLIVE』内)

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ