宮西尚生「新庄監督のもとで心機一転!」書き初めに込めた思いは

今年は心機一転、新しい気持ちで! ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、現役の選手ならではの舞台裏やチームメイトのこと、そしてリスナーからのお便りにも答える番組『宮西尚生のなんとかなるさ』。2022年最初の放送は、新年の恒例の「ひと筆」。つまり、宮西さんに書き初めに挑んでもらいました。

2022年のひと文字は…「新」。書き終わって、半紙を掲げてもらうと、相方の草野あずみも思わず声をあげてしまします。

草野:ああ~っ!!

宮西:バランスがね、そもそもね、左寄りなんよ。

草野:そうなんです、半紙があって、中央ではなく、ちょっと左寄り。

宮西:これ、ちょっと失敗したなぁ。…なんか、ことしも、ダメだ・・・。

草野:ええ~~~!?

去年の「化」という字がとってもきれいに仕上がっただけに、今年の絶妙なバランスの悪さに本人も絶句。しかし「新」に込めた思いは、ハンパなものではありません。

宮西:自分のプロ14年間で(去年は)いちばん納得できなかったシーズン。勝ちパターンも外されました。で、今年。監督も新しくなります、チームも一層(新しく)なりました。で、自分ももう一回、1から新しい気持ちで、と言う意味で…書いてた”迷い”でございます。

左に寄ってしまったのが”迷い”だったと、新年早々の弁明。ご本人は納得のいかない出来だたちょうですが、やはり今年は「新」になりますよね。

草野:でも、庄新監督ですからね。

宮西:そうだ!。そうだよ、いいこと言うじゃん。でも、全然ことしのヤツはダメだぁ。

この宮西投手直筆の「新」の書は、リスナーの方にプレゼントします!。応募方法は番組の中でお伝えしています。この記事の上と下にある「この番組をラジコで聴く」をクリックして、radikoタイムフリーからお聴き下さい。

プロ野球のキャンプインまであと3週間あまり。ビッグボス率いるファイターズはいやが応にも注目される中、宮西投手の取り組みも目が離せません。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40 『吉川のりおスーパーLIVE』内)

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

水樹奈々、シンフォギアライブでの裏話を披露!〜11月27日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

今回の放送回では11月20日(日)にベルーナドームにて開催された「シンフォギアライブ2020→2022」について語った。
今回のライブは、本来は2020年に開催が予定されていたものの、感染症の影響を考慮し延期されており、約2年の時を経て遂に開催となったものだった。

水樹「先日無事に開催してきましたよ〜!」
福圓「お疲れ様でした!」
水樹「生憎の雨で本当に寒い中の開催になったんですけど、最後まで思いっきり盛り上がって下さってありがとうございました。
あのね!私たちも舞台上での衣装が薄着で歌ってる時の吐く息が白いの。」
福圓「え?舞台上でですか?」
水樹「そう!もう寒くて寒くて!」
福圓「照明もあってそれは相当凄いですね…。」
水樹「もう寒過ぎる!芯から冷えた!ベルーナドームは有難いことに何度も歌わせていただいているんですけど、いつも私が立たせていただくのは7、8、9月の夏場なんですよ。」
福圓「本当だ。」
水樹「初めて11月の半ば過ぎで、こんなにも寒いのか!って思いました。前日のゲネ(最終リハーサル)をさせていただいた時は晴れてたからまだひんやりするな、くらいだったんだけど、一気に気温が下がって。私トップバッターだったから、まず水樹奈々としてゲームの主題歌や挿入歌を歌わせてもらったんだけど、体はキンキンなわけよ(笑)しかも、前日もすごい大渋滞してて、都心から車で2時間くらいかかって。」
福圓「あら、かかりましたね。」
水樹「遅れちゃうと半野外ってこともあって音止めの時間があるから「もう楽屋に行かずにこのまま舞台袖に車を横付けしてください!はい、このままテントに入って早替えして、マイク持って、歌って!」って言われて「え?!はい!METANOIA!」みたいな。」
福圓「流石すぎる(笑)」
水樹「だからもう体がビックリしちゃって(笑)」
福圓「全然準備ができずに。」
水樹「声出しもできないし、大渋滞でずっと座って固まったままでアップもできずに、来て着替えてスタジアムダッシュよ。当日もすごい混んでやっぱり2時間くらいかかったの。ついてメイクして着替えてもう出番で。しかも、METANOIAからのFIRE SCREAMからのFINAL COMMANDERよ。」
福圓「カロリー激高!」
水樹「普段最後の方に歌うやつを3連続よ!本当にまた修行をさせていただいたな、と思いましたね。」

とコメント。
「段取りが多くて、 みんなと1回しか合わせてないから緊張したけど楽しかった!」と当日の様子を興奮気味に語った水樹。
天候や渋滞のアクシデントはあったものの、1人のライブとはまた違ったチームの良さがあるライブになったと語った。

「水樹奈々 スマイルギャング」11月27日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20221127233000

Facebook

ページトップへ