コンサドーレ野々村社長、チャナティップ電撃移籍を「本人もクラブとしても大成功」

移籍はチャナとクラブに最善の選択 ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和社長が自ら出演して、クラブのこと選手のこと、果ては昼飯のことや体重の話まで繰り広げるゴールの枠、いやスポーツ番組の枠を飛び越えた宇宙開発番組『GO!GO!コンサドーレ』。今回は「興梠の話でお釣りが来るな」と思っていたら、インド人もビックリの「チャナティップ、川崎に完全移籍」の見出しが飛び込んできました!。野々村社長に、話してもらいましょう。

吉川:ビックリしました。

野々村:ビックリしました。ビックリしますよ、こっちだって。チャナティップに限らず、誰にでもあることだと思うんです。要は「この選手が欲しい」と言って(他チームが)買いに来ること。でも、(チャナティップの件は)そのタイミングが遅かったことのでビックリしたのもありますけど、チャナに対して金額も含めて、そこまで評価して(交渉を)張るって、なかななか出来ることじゃないので、そこもビックリしましたね。

その後、コンサドーレ札幌の三上GMが会見して「移籍金は、Jリーグでは聞いたことがない金額」と発言してるので、野々村社長が「ビックリした」と言うのも頷けます。

そして、チャナティップに対しては「キャラクターも含めて感情的には札幌にいて欲しい選手」とした上で、こう評価しています。

野々村:この世界は、リーグの規模感で言えばイングランド・プレミアリーグがいちばんで、Jリーグは世界で5~6番目くらい。その中で、いまのチャンピオンチームは川崎。選手としては少しでも上に進んで行きたいとうのは当たり前だから、チャナからすると同じ国内であっても、チャンピオンチームからオファーがあったと言うのは、本人にとって、自分のステップアップを真剣に考えた時には、そっち(川崎)で勝負したいというのは全然、不思議ではないことですよね。

野々村:まだ28歳だし、コンディションさえ整えて1年間、戦えれば間違いなく、相当な戦力になるでしょうし、もちろん(川崎も)そう思ってのオファーだったんだと思います。うちとしては、チャナをタイから連れてきて、Jリーグで活躍させて、なおかつミシャ(監督)を始め、サポーターのみなさん含めて4年間かけて育てた選手が、4年前よりもかなり価値を高めて、次のステップに進むと。これ自体は、クラブとしては、ある種”大成功”でしたね。

野々村:ただ、心配になるのも当たり前で、チャナが抜けた今シーズンの特に前半戦どうすんの?と言うのは、これは何とかしなきゃならない。でも、このサイクルをどう作って行くか、行けるかが、サッカークラブとしてはすごく大事なところなので。サイクルとしては、チャナの移籍はすごくいいことだなと思います。

野々村:チャナが(札幌に)いた4年間で、タイの子どもたち、東南アジアの子どもたちに「Jリーグに行きたい」と思う子は絶対に増えたと思う。チャナがもうワンステップ行って活躍してくれたら、もっと東南アジアの子ども達の目がJリーグに向く。それは将来的には、Jリーグ全体にとっても、各クラブにもいいことが起こるでしょうから、その視点から見ても、(チャナの移籍は)良いステップアップだったなと思うし、チャナにはもっと頑張って欲しいなと思います。

チャナティップは、野々村社長が自らも何度もタイに足を運んび、口説き落として札幌に連れてきた選手。この成功が全国的にも注目されて「コンサドーレに野々村あり」と言わしめました。そのチャナティップを"Jリーグ史上最高額"での移籍を実現させて、コンサドーレでのひとつのストーリーを完結させた形です。

さらに、この移籍がJリーグ全体の価値を高めることにもなるというビジョンをも明確に語った野々村社長。なんか1クラブの社長と言うより、Jリーグのトップのような発言…あっ。

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)
 

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

GO!GO!コンサドーレ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 7時30分~8時00分
出演者:野々村芳和(北海道コンサドーレ札幌社長)、吉川のりお(STVアナウンサー)
番組ホームページ

北海道コンサドーレ札幌社長・野々村芳和さんと吉川のりおアナのアラフィフコンビがお送りする【痛快スポーツトークバラエティ】。サッカー番組のようでサッカー番組じゃない!?。誰でも今日からサポーターになれる、そんな番組です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ