コンサドーレ野々村社長、チャナティップ電撃移籍を「本人もクラブとしても大成功」

移籍はチャナとクラブに最善の選択 ©STVラジオ

サッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の野々村芳和社長が自ら出演して、クラブのこと選手のこと、果ては昼飯のことや体重の話まで繰り広げるゴールの枠、いやスポーツ番組の枠を飛び越えた宇宙開発番組『GO!GO!コンサドーレ』。今回は「興梠の話でお釣りが来るな」と思っていたら、インド人もビックリの「チャナティップ、川崎に完全移籍」の見出しが飛び込んできました!。野々村社長に、話してもらいましょう。

吉川:ビックリしました。

野々村:ビックリしました。ビックリしますよ、こっちだって。チャナティップに限らず、誰にでもあることだと思うんです。要は「この選手が欲しい」と言って(他チームが)買いに来ること。でも、(チャナティップの件は)そのタイミングが遅かったことのでビックリしたのもありますけど、チャナに対して金額も含めて、そこまで評価して(交渉を)張るって、なかななか出来ることじゃないので、そこもビックリしましたね。

その後、コンサドーレ札幌の三上GMが会見して「移籍金は、Jリーグでは聞いたことがない金額」と発言してるので、野々村社長が「ビックリした」と言うのも頷けます。

そして、チャナティップに対しては「キャラクターも含めて感情的には札幌にいて欲しい選手」とした上で、こう評価しています。

野々村:この世界は、リーグの規模感で言えばイングランド・プレミアリーグがいちばんで、Jリーグは世界で5~6番目くらい。その中で、いまのチャンピオンチームは川崎。選手としては少しでも上に進んで行きたいとうのは当たり前だから、チャナからすると同じ国内であっても、チャンピオンチームからオファーがあったと言うのは、本人にとって、自分のステップアップを真剣に考えた時には、そっち(川崎)で勝負したいというのは全然、不思議ではないことですよね。

野々村:まだ28歳だし、コンディションさえ整えて1年間、戦えれば間違いなく、相当な戦力になるでしょうし、もちろん(川崎も)そう思ってのオファーだったんだと思います。うちとしては、チャナをタイから連れてきて、Jリーグで活躍させて、なおかつミシャ(監督)を始め、サポーターのみなさん含めて4年間かけて育てた選手が、4年前よりもかなり価値を高めて、次のステップに進むと。これ自体は、クラブとしては、ある種”大成功”でしたね。

野々村:ただ、心配になるのも当たり前で、チャナが抜けた今シーズンの特に前半戦どうすんの?と言うのは、これは何とかしなきゃならない。でも、このサイクルをどう作って行くか、行けるかが、サッカークラブとしてはすごく大事なところなので。サイクルとしては、チャナの移籍はすごくいいことだなと思います。

野々村:チャナが(札幌に)いた4年間で、タイの子どもたち、東南アジアの子どもたちに「Jリーグに行きたい」と思う子は絶対に増えたと思う。チャナがもうワンステップ行って活躍してくれたら、もっと東南アジアの子ども達の目がJリーグに向く。それは将来的には、Jリーグ全体にとっても、各クラブにもいいことが起こるでしょうから、その視点から見ても、(チャナの移籍は)良いステップアップだったなと思うし、チャナにはもっと頑張って欲しいなと思います。

チャナティップは、野々村社長が自らも何度もタイに足を運んび、口説き落として札幌に連れてきた選手。この成功が全国的にも注目されて「コンサドーレに野々村あり」と言わしめました。そのチャナティップを"Jリーグ史上最高額"での移籍を実現させて、コンサドーレでのひとつのストーリーを完結させた形です。

さらに、この移籍がJリーグ全体の価値を高めることにもなるというビジョンをも明確に語った野々村社長。なんか1クラブの社長と言うより、Jリーグのトップのような発言…あっ。

STVラジオ『GO!GO!コンサドーレ』(毎週土曜 あさ7:30~8:00)
 

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

GO!GO!コンサドーレ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週土曜 7時30分~8時00分
出演者:野々村芳和(北海道コンサドーレ札幌社長)、吉川のりお(STVアナウンサー)
番組ホームページ

北海道コンサドーレ札幌社長・野々村芳和さんと吉川のりおアナのアラフィフコンビがお送りする【痛快スポーツトークバラエティ】。サッカー番組のようでサッカー番組じゃない!?。誰でも今日からサポーターになれる、そんな番組です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ