「GET A CHANCE !!/NORMA JEAN」"鉱脈"との期待が生んだ豪華なレザー製ジャケット

”豪華”なノーマ・ジーンのシングルCD ©STVラジオ

'70~'90のJ-popやフォーク、ニューミュージックから歌謡曲まで「日本の曲」を中心に毎夜、30曲前後をフルコーラスでお届けするSTVラジオ『MUSIC★J』(RCCラジオ生ネット)。パーソナリティは、ポプコン出身のシンガーソングライター・松崎真人。この日は、90年代に巻き起こったバンド・ブームの一端に存在した女性ボーカルバンドをピックアップします。(文中敬称略)
 
松崎:かのマリリン・モンロー、本名はノーマ・ジーンというんですが、「ノー・・ジーンっていうバンド、いたな」と思って、高井さん(『MUSIC☆J』ディレクター)に「ありますか?」と聞いたら、「ありますよ!」と出してくれたんで、お掛けします。

松崎:デビューのきっかけは「イカ天」(=かつてTBS系列で放送されていた『平成名物TV』の1コーナー「いかすバンド天国」)なんですけど、その前から各種コンテストにたくさん出ておりまして、実績もかなりある状態で満を持してデビューというのが1990年です。このバンドには、後に、今でもそうだと思いますけど、女性ベーシストを代表するTOKIEも在籍していました。みなさん、どれくらい覚えていらっしゃいますかね…。

M05「GET A CHANCE !!/NORMA JEAN」【19:28頃】

松崎:もう、売る気マンマンでございます。1990年、いわゆるバンド・ブームがやって来ていて、この曲のCDシングルの実物を見たんですけど(※写真参照)、普通だったら、短冊(※8センチCDシングル盤の俗称)だから下から上にめくるじゃないですか。それが、普通の手帳みたいに横開きにするジャケットになっていて、しかも、本物の皮革ではないですけど、人工レザーみたいな、非常に分厚いジャケットでございまして、プレミアム感を醸し出していましたね。
 
松崎:これだけ先行投資しても、このバンドは売れると当時のスタッフは思ったんでしょうね。でも、そう言われるだけの演奏力とボーカルの声の魅力、どこか奥井香織を思わせるような。日本人は、こういう女性ロック・ボーカリストの声が好きなので、そこに鉱脈を見いだした人がたくさんいたんだろうなと思います。

<編集後記>
「君に捧げるラブ・ソング/岡林信康」  NHK-FMの公開収録番組で生演奏を聴いたのが始めだった。「フォークの神様」とまで呼ばれながら、その後、道に迷い続けたフォークシンガーの帰還の瞬間を目撃してしまった…...そんな衝撃。人生は何度でもやり直せるし、やり方を変えてみたっていいんだ。子供ながらにそんなことを思ったように記憶している。ちなみにこの曲、レコーディングも素晴らしい。当時チャンネル数が限られている中、この空気感、緊張感をよくぞ切り取ったと思う。(松崎 真人)

3月11日(金)のプレイリスト 21時台には山下達郎のミニ特集

<19時台>
M01「Out of Blue/岡村靖幸」
M02「1986年のマリリン/本田美奈子」
M03「RASPBERRY DREAM/REBECCA」
M04「Raspberry Beret/Prince & The Revolution」
M05「GET A CHANCE !!/NORMA JEAN」
M06「夢よもういちど/真木ひでと」
M07「君の唇を/湯原昌幸とスウィングウエスト」
M08「街行き村行き/西岡恭蔵」
M09「君に捧げるラブ・ソング/岡林信康」
<20時台>
M10「1/2 /川本真琴」
M11「白い雲のように/猿岩石」
M12「ぼくらが旅に出る理由/小沢健二」
M13「汐風のなかで/オフコース」
M14「空よ/トワ・エ・モア」
M15「天使のウィンク/松田聖子」
M16「七色のパドル/松田聖子」
M17「ねぇ、外は春だよ。/曽我部恵一」
M18「青空/THE BLUE HEARTS」
M19「根の歌/コーラスジャパン」
<21時台>
M20「潮騒のメモリー/天野春子(小泉今日子)」
M21「林檎殺人事件/安藤裕子 feat.池田貴史」
M22「WINDY LADY/山下達郎」
M23「LOVE SPACE/山下達郎」
M24「ついておいで(FOLLOW ME ALONG)/山下達郎」
M25「鱗/秦基博」
M26「ひかりのかべをぬけて/松崎真人」
M27「ふりむけばヨコハマ/マルシア」
 
STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週 火~金 19:00~22:00) ☆RCCラジオ同時ネット

MUSIC★J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活躍中。
番組ホームページ

★リクエストメール:mj@stv.jp
★twitterハッシュタグ:#musicj 
 70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。J-popの源流を築いた往年の名曲を毎日30曲前後も紹介するパワー・プログラム。いまの10代~20代にも聴いて欲しい、日本の音楽がわかる番組!ブームの"シティ・ポップ"、その源流や背景、エピソードは「MJ」の最も得意なフィールドです。
 
 パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。
 ☆広島・RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

阪神1軍打撃コーチ・今岡から見る4番打者に求めることとは

1月29日(日)、スポーツライター金子達仁がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「The Deep」(ニッポン放送・毎週日曜20時~20時20分)が放送。阪神タイガース・1軍打撃コーチ・今岡真訪が出演。指導者として4番打者に求めることを語った。

一流アスリートたちをゲストに迎え、スポーツの面白さや、アスリートの心の奥底にある想いを届けていく番組、「The Deep」。2023年シーズンから阪神の1軍打撃コーチに就任した今岡だが、4番打者は、「技術だけじゃなくて精神的支柱だ」という考えを披露した。

今岡真訪

金子:4番というポジションに対する今岡さんの考え方は?

今岡:やはり技術だけじゃなくて精神的支柱ですね。

金子:やっぱり特別?

今岡:そうだと思いますね。

金子:動かしちゃいけない?

今岡:分かりやすいのは4番なんですけど……。

金子:掛布さん(元プロ野球選手・掛布雅之)が常に阪神の4番は特別だと仰っているじゃないですか。本当にその通りだな、と思うんですけれど、メジャーリーグとかを見ると、4番目のバッターとしか捉えていないところもいっぱい出てきている。果たして、23年の阪神はどっちへ向かうのかなと。

今岡:4番が一番の中心選手だとして喋るならば、30本、40本でも打って活躍するのが4番だと皆さんが思うのは当たり前だと思うんですけど。指導陣からすると、何を求めるかって、選手が選手を怒ってくれることですね。精神的支柱というのは、自分が打てなくても、誰かに対して怒れる選手。こんなチームは弱くならないですよね?我々が怒るんではなくて、「なんでこんな時にこういう事も出来ないん?」って選手が選手を怒るっていうね。

金子:それは強いわ。

今岡:皆さまの頭の中で、多分、あまりない見方だと思うんですけど、指導者っていうのはそういうところばかり見ているってことですね。

金子:今岡さん、そう言われると今の阪神に4番いないです……。

今岡:ホームランを打つやつではないんですよね。

金子達仁

4番には仕事が山ほどあるといい、今必要なのはリーダーで、その後に成績はついてくるのだと今岡は語った。

金子は今岡に対し、「自分の伝えたいことがものすごくはっきりしている方。」と感じたという。しかし、2006年に今岡にインタビューをしたときは、良くも悪くもつかみどころがない印象だったと言い、印象の変化に驚いた様子だった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ