「Rock Your Fire/西城秀樹」ミュージシャンとしての自分をさらけ出した”企んだ一曲”

”西城秀樹まつり”は大盛況御礼! ©STVラジオ

70~'90のJ-popやフォーク、ニューミュージックから歌謡曲まで「日本の曲」を中心に毎夜、30曲前後をフルコーラスでお届けするSTVラジオ『MUSIC★J』(RCCラジオ生ネット)。パーソナリティは、ポプコン出身のシンガーソングライター・松崎真人。(文中敬称略)

この日は、広島出身のスーパースター・西城秀樹の特集、”ヒデキまつり”でした。全国から本当に多くのリクエストを頂き、中には西城秀樹と同級生だっという広島のリスナーからもメールが寄せられ、”まつり”にふさわしい一夜となりました。その中から、この1曲でのトークを…。
 
松崎:これは西城秀樹の65枚目のシングルで、作詞がサエキけんぞう、作曲は織田哲郎って、僕としてはすっごく涎が出るような感じの組み合わせです。つまり、西城秀樹が最後まで、いかに今を生きていたか、ということだと思うんです。聴いて頂きます。

M23「Rock Your Fire/西城秀樹」【21:06ころ】

松崎:織田哲郎が曲を書いているのに、ZARDとかで見られるような"織田哲郎節"が一切、出てこないんです。基本、ブルース曲進行+アルファみたいな感じで、このまま「ローリング・ストーンズの新曲ですよ」と言って英語でリリースしても「ああ、そうですか」ってくらいRock、Rockしてるわけです。

松崎:だから、お互いに大人で、ちゃんと自分でモノを言えるパワーを身につけた織田哲郎と西城秀樹が出会って、”企んだ一曲”って感じがします。「いあや、1曲さぁ、やろうよ、ストーンズ」みたいな感じで。

松崎:いまYouTubeの公式で、2人が共演している動画も出ていますが、まさにそういう”笑顔全開”みたいな(感じです)。普段は浮世の義理でやってることを忘れて、本来のミュージシャンとしての自分のいちばん好きなことをやってる感が、満載ですね。

<編集後記> 
「Rock Your Fire/西城秀樹」  織田哲郎がいつもの「ヒット確実メロディーライン」「ヒット確実コード進行」を封印して、Blues のコード進行をちょっとだけひねって地味めに仕上げているのがカッコいい。ミュージシャンシップとしか言いようのないコミュニケーションがここにある。(松崎 真人)

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週 火~金 19:00~22:00) ★広島・RCCラジオ同時ネット

3月22日(火)のプレイリスト…”まつり”にふさわしい西城秀樹が16曲のラインナップ

【19時台】
M01「ラブレター/河合奈保子」
M02「JODAN JODAN/海援隊」
M03「恋の暴走/西城秀樹」
M04「愛がはじまるとき/風吹ジュン」
M05「愛に走って/山口百恵」
M06「若いってすばらしい/槇みちる」
M07「好きさ好きさ好きさ/ザ・カーナビーツ」
M08「君に会いたい/ザ・ジャガーズ」
M09「風来坊/ふきのとう」
M10「遠い漁火/工藤忠」
M11「大空と大地の中で/松山千春」
【20時台】
M12「傷だらけのローラ/西城秀樹」
M13「moment/西城秀樹」
M14「白い教会/西城秀樹」
M15「カモン・ベイビー/西城秀樹」
M16「ターンAターン/西城秀樹」
M17「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザース」
M18「The Stranger/Billy Joel」
M19「ギャランドゥ/西城秀樹」
M20「遥かなる恋人へ/西城秀樹」
M21「Rain of Dreams 夢の罪/西城秀樹」
【21時台】
M22「淋しい熱帯魚/Wink」
M23「Rock Your Fire/西城秀樹」
M24「Bomber/西城秀樹」
M25「セイリング/西城秀樹」
M26「YOUNG MAN(Y.M.C.A)/西城秀樹」
M27「愛のいたわり/西城秀樹」
M28「勇気があれば/西城秀樹」
M29「恋する季節/西城秀樹」
M30「Saturday Night/Bay City Rollers」

MUSIC★J
放送局:STVラジオ 他1局ネット
放送日時:毎週火曜~金曜 19時00分~22時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活躍中。
番組ホームページ

★リクエストメール:mj@stv.jp
★twitterハッシュタグ:#musicj 
 70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。J-popの源流を築いた往年の名曲を毎日30曲前後も紹介するパワー・プログラム。いまの10代~20代にも聴いて欲しい、日本の音楽がわかる番組!ブームの"シティ・ポップ"、その源流や背景、エピソードは「MJ」の最も得意なフィールドです。
 
 パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。
 ☆広島・RCCラジオでも同時生放送(~21:50)

※該当回の聴取期間は終了しました。

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ