「あなたに会えてよかった/小泉今日子」何度聴いても飽きないアイデアと隠し味が詰まった大ヒット曲

ファンに愛された村田和人 ©STVラジオ

STVラジオ『MUSIC☆J』。'70~'90年代の日本の曲・日本語のpopsを中心に、洋楽や最新ナンバーも織り交ぜて、イントロからエンディングまでノーカットでお届けする3時間のライブ・プログラムです。ポプコン出身のシンガーソングライター・松崎真人が、自らの経験と知識に基づいた音楽トークとともにお届けします。(文中敬称略)

松崎:作詞が竜真知子と杏里、作曲がなんと若き日の小林武史、アレンジが佐藤準です。

M06「思い切りアメリカン/杏里」【18:26頃】

松崎:もとより、天才・小林武史の作品ですが、きっとこの時、アレンジャーの佐藤準と仕事をしたことは、その後すごく役に立ってるんじゃないかと思います。…いま思えば、ちょっとタイトル意味不明の「思い切りアメリカン」でした。(CMを挟んで…)

松崎:小林武史案件を続けますが、作家(作曲家)として恐らく最大のヒット曲だと思うんです。プロデューサーとしての「My Little Lover」とかは別として。で、最初に解説をしますと、曲には「Aメロ」「Bメロ」と言うのがあって、Bメロを普通「サビ」って言うんですけど、それ以外に新しい展開で「Cメロ」というのが出てくることがあって、Cメロは別名「大サビ」って言ったりもします。

松崎:この曲がとっても珍しいのは、ずっとずっと3分くらい後に出てくる「大サビ」のコード進行がイントロに使われてるんです。このアイデアは当時、僕はビックリしました。改めて、そんな風に聴いてみて下さい。「♪思い出が星になる」のところがイントロに使われています。
 
M07「あなたに会えてよかった/小泉今日子」【18:32頃】

松崎:ベースがブイブイ鳴ってる割に、小泉今日子の声を邪魔していないと言うのと、そのベースをさらにバリトンサックスがなぞってるんです。けっこう低音のズシッとしたサウンドなんです。ところどころに逆回転のストリングスとか中期ビートルズの風味をパラパラとかけてる辺りもオシャレですね。やはり同じ大ヒット曲でも、何度聴いても飽きない曲には、そういう隠し味というか、新しい発見が何度聴いてもあるんだなと言うことを、この曲に関してはいつも思わされます。

radikoタイムフリーで、何度でも聴いてみて下さい。自分なりの発見があるかも知れません。「今宵の一曲入魂」は、写真に使われた村田和人。

【今宵の一曲入魂】
「一本の音楽/村田和人」 MUSIC☆Jの第1回放送でもかけた曲。City Popブームの2年前くらいだろうか。事務所の先輩だったのに、直接お話ししたのは数えるほど。ただ、一度見学に行ったコンサートのリハーサルでの鬼気迫る迫力には圧倒された。そしてそれと真反対の、実際のステージでのリラックスした表情と演奏、歌声。「これがプロというものか…….」と得心した。ファンにとても愛されたミュージシャン、村田和人。僕が音楽を紹介する立場にある限り、かけ続けていきたい。(松崎 真人)

4月3日(日)のプレイリスト 19時台後半は”海”が裏テーマ

 【18:00~18:59】
M01「栞のテーマ/サザンオールスターズ」
M02「ドリーム・オブ・ユー〜レモンライムの青い風〜/竹内まりや」
M03「Baseball-Crazy/大滝詠一」
M04「まぶしい草野球/松任谷由実」
M05「侍ジャイアンツ/松本茂之」
M06「思い切りアメリカン/杏里」
M07「あなたに会えてよかった/小泉今日子」
M08「ALONE/B’z」
M09「また逢える…/KIX-S」
M10「ディープ・パープル/五十嵐浩晃」
 【19:00~19:59】
M11「トランジスタラジオ/RCサクセション」
M12「長い友とのはじまりに/泉谷しげる」
M13「この街/森高千里」
M14「感電/米津玄師」
M15「君は人のために死ねるか/杉良太郎」
M16「あの頃のまま/ブレッド&バター」
M17「湘南が遠くなってく/七尾旅人」
M18「Big Waveのテーマ/山下達郎」
M19「一本の音楽/村田和人」
M20「ゆ・れ・て 湘南/石川秀美」
M21「海へ来なさい/井上陽水」(at東京国際フォーラム 2003.3.21)
 【20:00~21:00】
M22「はたらきたくない/打首獄門同好会」
M23「月曜日はシックシック/三井比佐子」
M24「Manic Monday/Bangles」
M25「Monday(哀しみのマンディ)/Barry Manilow」
M26「Just time girl/KATSUMI」
M27「シャボン/長山洋子」
M28「ナンダカンダ/藤井隆」
M29「ひまわり/下成佐登子」
M30「ただお前がいい/中村雅俊」
M31「TODAY/アンジェラ・アキ」
M32「One to One/Birthday Suit」

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜・日曜 18:00~21:00)

MUSIC★J
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜・土曜 18時00分~21時00分
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活躍中。
番組ホームページ

★リクエストメール:mj@stv.jp
★twitterハッシュタグ:#musicj 
 70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。J-popの源流を築いた往年の名曲を毎日30曲前後も紹介するパワー・プログラム。いまの10代~20代にも聴いて欲しい、日本の音楽がわかる番組!ブームの"シティ・ポップ"、その源流や背景、エピソードは「MJ」の最も得意なフィールドです。
 
 パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。

※該当回の聴取期間は終了しました。

阪神1軍打撃コーチ・今岡から見る4番打者に求めることとは

1月29日(日)、スポーツライター金子達仁がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「The Deep」(ニッポン放送・毎週日曜20時~20時20分)が放送。阪神タイガース・1軍打撃コーチ・今岡真訪が出演。指導者として4番打者に求めることを語った。

一流アスリートたちをゲストに迎え、スポーツの面白さや、アスリートの心の奥底にある想いを届けていく番組、「The Deep」。2023年シーズンから阪神の1軍打撃コーチに就任した今岡だが、4番打者は、「技術だけじゃなくて精神的支柱だ」という考えを披露した。

今岡真訪

金子:4番というポジションに対する今岡さんの考え方は?

今岡:やはり技術だけじゃなくて精神的支柱ですね。

金子:やっぱり特別?

今岡:そうだと思いますね。

金子:動かしちゃいけない?

今岡:分かりやすいのは4番なんですけど……。

金子:掛布さん(元プロ野球選手・掛布雅之)が常に阪神の4番は特別だと仰っているじゃないですか。本当にその通りだな、と思うんですけれど、メジャーリーグとかを見ると、4番目のバッターとしか捉えていないところもいっぱい出てきている。果たして、23年の阪神はどっちへ向かうのかなと。

今岡:4番が一番の中心選手だとして喋るならば、30本、40本でも打って活躍するのが4番だと皆さんが思うのは当たり前だと思うんですけど。指導陣からすると、何を求めるかって、選手が選手を怒ってくれることですね。精神的支柱というのは、自分が打てなくても、誰かに対して怒れる選手。こんなチームは弱くならないですよね?我々が怒るんではなくて、「なんでこんな時にこういう事も出来ないん?」って選手が選手を怒るっていうね。

金子:それは強いわ。

今岡:皆さまの頭の中で、多分、あまりない見方だと思うんですけど、指導者っていうのはそういうところばかり見ているってことですね。

金子:今岡さん、そう言われると今の阪神に4番いないです……。

今岡:ホームランを打つやつではないんですよね。

金子達仁

4番には仕事が山ほどあるといい、今必要なのはリーダーで、その後に成績はついてくるのだと今岡は語った。

金子は今岡に対し、「自分の伝えたいことがものすごくはっきりしている方。」と感じたという。しかし、2006年に今岡にインタビューをしたときは、良くも悪くもつかみどころがない印象だったと言い、印象の変化に驚いた様子だった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ