宮西尚生「後ろで投げる緊張感が最大パフォーマンスに」リリーフのプライドを語る

リリーフのプライドで闘うぞ!宮西尚生(右) ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、野球のことだけじゃなく、仕事のこと、恋愛のことまで”素”で語るSTVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』。シーズン中も、ファイターズの鉄腕リリーフがリスナーのメールにお答えします。

2022年シーズンが開幕。BIGBOSS監督率いるファイターズは苦戦が続いていますが、宮西投手は「勝てない中にも収穫はある」と前向きに考えを語っています。ところで、オープン戦で「先発」を努めたこともあり、ファンやリスナーからは「宮西さんが開幕投手になるのでは」という予想や期待が込められたメールがたくさん寄せられました。

宮西:これ、言っていいのか判らないけど、可能性はかなりありましたよ。キャンプの1回目のブルペンの時にBIGBOSSから「開幕、2イニングか、行ける?」みたいな話はされてたんで、「(開幕先発)あるかな?」と思ったんですけど、なかったすね(笑)。

宮西:やってみたいか、やってみたくないか…。「先発」だけで言えば、別にやりたいと思わない。リリーフにプライド持ってるし。先発やるんだったら、長いイニングを…

草野:やるからには…

宮西:やるからには、やりたいよね。でも、開幕投手をやってみたいかと聞かれたら、これはちょっとやってみたい部分もある。だって開幕投手って、一発目よ。そこの華やかさというのは、やってもいい。唯一、やってもいいかなと思うオープナー。だけど、基本的には(先発は)やりたくないよ。

宮西:やっぱり、勝ってる部分(でリリーフする)のあの緊張感、失敗した時の後悔や悔しさ。あのプレッシャーの中で十何年もやって来たら、先発は面白くない。何の緊張感もないし。

草野:そうですか…

宮西:だって、一点取られても、まだ攻撃が8回もあるわけよ。だから一点の重みが違うんですよ、僕の中では。しんどいけど、後ろの方(イニング)で投げてる緊張感がないと、最大のパフォーマンスは出ないかも。

宮西投手は、笑いも交えてサラッと語ってくれましたが、言葉の節々に「リリーフとしてのプライド」と「自分を追い詰めるまでの決意」をグッと感じさせます。今シーズンも、ファイターズの鉄腕リリーフとして、最大のパフォーマンスを期待せずにはいられません!。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40) ※『吉川のりお スーパーLIVE』内

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

水樹奈々、シンフォギアライブでの裏話を披露!〜11月27日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

今回の放送回では11月20日(日)にベルーナドームにて開催された「シンフォギアライブ2020→2022」について語った。
今回のライブは、本来は2020年に開催が予定されていたものの、感染症の影響を考慮し延期されており、約2年の時を経て遂に開催となったものだった。

水樹「先日無事に開催してきましたよ〜!」
福圓「お疲れ様でした!」
水樹「生憎の雨で本当に寒い中の開催になったんですけど、最後まで思いっきり盛り上がって下さってありがとうございました。
あのね!私たちも舞台上での衣装が薄着で歌ってる時の吐く息が白いの。」
福圓「え?舞台上でですか?」
水樹「そう!もう寒くて寒くて!」
福圓「照明もあってそれは相当凄いですね…。」
水樹「もう寒過ぎる!芯から冷えた!ベルーナドームは有難いことに何度も歌わせていただいているんですけど、いつも私が立たせていただくのは7、8、9月の夏場なんですよ。」
福圓「本当だ。」
水樹「初めて11月の半ば過ぎで、こんなにも寒いのか!って思いました。前日のゲネ(最終リハーサル)をさせていただいた時は晴れてたからまだひんやりするな、くらいだったんだけど、一気に気温が下がって。私トップバッターだったから、まず水樹奈々としてゲームの主題歌や挿入歌を歌わせてもらったんだけど、体はキンキンなわけよ(笑)しかも、前日もすごい大渋滞してて、都心から車で2時間くらいかかって。」
福圓「あら、かかりましたね。」
水樹「遅れちゃうと半野外ってこともあって音止めの時間があるから「もう楽屋に行かずにこのまま舞台袖に車を横付けしてください!はい、このままテントに入って早替えして、マイク持って、歌って!」って言われて「え?!はい!METANOIA!」みたいな。」
福圓「流石すぎる(笑)」
水樹「だからもう体がビックリしちゃって(笑)」
福圓「全然準備ができずに。」
水樹「声出しもできないし、大渋滞でずっと座って固まったままでアップもできずに、来て着替えてスタジアムダッシュよ。当日もすごい混んでやっぱり2時間くらいかかったの。ついてメイクして着替えてもう出番で。しかも、METANOIAからのFIRE SCREAMからのFINAL COMMANDERよ。」
福圓「カロリー激高!」
水樹「普段最後の方に歌うやつを3連続よ!本当にまた修行をさせていただいたな、と思いましたね。」

とコメント。
「段取りが多くて、 みんなと1回しか合わせてないから緊張したけど楽しかった!」と当日の様子を興奮気味に語った水樹。
天候や渋滞のアクシデントはあったものの、1人のライブとはまた違ったチームの良さがあるライブになったと語った。

「水樹奈々 スマイルギャング」11月27日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20221127233000

Facebook

ページトップへ