宮西尚生「後ろで投げる緊張感が最大パフォーマンスに」リリーフのプライドを語る

リリーフのプライドで闘うぞ!宮西尚生(右) ©STVラジオ

北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手が、野球のことだけじゃなく、仕事のこと、恋愛のことまで”素”で語るSTVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』。シーズン中も、ファイターズの鉄腕リリーフがリスナーのメールにお答えします。

2022年シーズンが開幕。BIGBOSS監督率いるファイターズは苦戦が続いていますが、宮西投手は「勝てない中にも収穫はある」と前向きに考えを語っています。ところで、オープン戦で「先発」を努めたこともあり、ファンやリスナーからは「宮西さんが開幕投手になるのでは」という予想や期待が込められたメールがたくさん寄せられました。

宮西:これ、言っていいのか判らないけど、可能性はかなりありましたよ。キャンプの1回目のブルペンの時にBIGBOSSから「開幕、2イニングか、行ける?」みたいな話はされてたんで、「(開幕先発)あるかな?」と思ったんですけど、なかったすね(笑)。

宮西:やってみたいか、やってみたくないか…。「先発」だけで言えば、別にやりたいと思わない。リリーフにプライド持ってるし。先発やるんだったら、長いイニングを…

草野:やるからには…

宮西:やるからには、やりたいよね。でも、開幕投手をやってみたいかと聞かれたら、これはちょっとやってみたい部分もある。だって開幕投手って、一発目よ。そこの華やかさというのは、やってもいい。唯一、やってもいいかなと思うオープナー。だけど、基本的には(先発は)やりたくないよ。

宮西:やっぱり、勝ってる部分(でリリーフする)のあの緊張感、失敗した時の後悔や悔しさ。あのプレッシャーの中で十何年もやって来たら、先発は面白くない。何の緊張感もないし。

草野:そうですか…

宮西:だって、一点取られても、まだ攻撃が8回もあるわけよ。だから一点の重みが違うんですよ、僕の中では。しんどいけど、後ろの方(イニング)で投げてる緊張感がないと、最大のパフォーマンスは出ないかも。

宮西投手は、笑いも交えてサラッと語ってくれましたが、言葉の節々に「リリーフとしてのプライド」と「自分を追い詰めるまでの決意」をグッと感じさせます。今シーズンも、ファイターズの鉄腕リリーフとして、最大のパフォーマンスを期待せずにはいられません!。

STVラジオ『宮西尚生のなんとかなるさ』(毎週木曜 17:30~17:40) ※『吉川のりお スーパーLIVE』内

宮西尚生のなんとかなるさ
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週木曜 17時30分~17時40分
出演者:宮西尚生(北海道日本ハムファイターズ投手)、草野あずみ
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ:#宮西尚生のなんとかなるさ
メール:live@stv.jp

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの宮西尚生投手がレギュラー出演。シーズン中も現役の選手が毎週、トークを繰り広げる貴重な番組です。日本プロ野球界の中継ぎ投手のトップランナーでもある宮西投手の、現役ならではの苦労や楽しさなど、試合を見るだけでは判らない選手としての生の声が聴かれます。ファンからのメールにも優しく楽しく答えてくれる宮西投手の魅力が満載です。

※該当回の聴取期間は終了しました。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ