「ポストにマヨネーズ/斉藤和義」"ブルース偏差値"を押し上げた実話と思われる詞

ポストにマヨネーズは実話? ©STVラジオ

STVラジオ『MUSIC☆J』。土曜・日曜の18:00~、'70~'90年代の日本の曲・日本語のpopsを中心にイントロからエンディングまでノーカットでお届けする3時間のライブ・プログラム。ポプコン出身のシンガーソングライター・松崎真人が、ご案内しています。20時台に、斉藤和義の3枚目のアルバム「WONDERFUL FISH」の中から3曲を選んで紹介しました。

M20「歩いて帰ろう/斉藤和義」【20:01頃】

松崎:この「歩いて帰ろう」も恐らく、大ヒットを狙って書いた感がないところが凄いんだよね。サラッと書いたけど、結果、時代を超える名曲として今でも残っているところが斉藤和義らしいなと思います。

松崎:そして、これは恐らく実話だと思います。だって、アルバム3枚となると、田舎から出てきて一人暮らし始めて、2年とか3年経った頃でしょう。その時に、今と違って個人情報とか、ストーカーに対する規制とかが緩かった時には色々ありました、本当に。
 
M21「ポストにマヨネーズ/斉藤和義」【20:06頃】

松崎:アルバム「WONDERFUL FISH」の中からですが、最初にかけた「歩いて帰ろう」は1994年6月1日にシングルカットされております。そして「déjà vu(デジャ・ヴ)」と言う曲が同じ94年11月23日にシングルカットされて、年が明けて1995年3月1日に「プストにマヨネーズ」をさらにシングルカットしているという…これ、ライブで(全国を)廻っていて評判が良かったからシングルカットしたと言う理油があるんじゃないかなと。
 
松崎:でも、これ(シングルで)出しておいて良かったよね。やはり「歩いて帰ろう」だけの斉藤和義じゃないよ、ってことが早めに打ち出せたことが今の幅広い音楽性をみんなに判ってもらえるための布石になっているんだと思います。

松崎:僕がこの「WONDERFUL FISH」を素晴らしいと思い知るきかっけになったのが、ラストに収められている「引っ越し」という曲です。ちょっと長い曲ですが、フルサイズでお掛けします。
 
M22「引っ越し/斉藤和義」【20:13頃】

松崎:大きく言って、A・B・Aとサンドイッチ構造になっている曲なんですけど、いわゆる中期ビートルズ的な、組曲的な編成を使っています。それが何か、大袈裟なことをしている感がない。何をしても「自分はとてもさりげなくやってる」という感じを醸すところが今に続く斉藤和義の魅力だなと思います。

松崎:この「引っ越し」を一言ずつ噛み締めて聴いていると、自分が何にもない部屋、段ボールさえも届いてない部屋に引っ越して東京暮らしを始めた時のことなど、いろんなことがパパパッと思い浮かぶわけです。そういう、人のイメージを喚起する力って作詞家には最重要なことです。いまの斉藤和義の最初の完成形として「WONDERFUL FISH」はアルバム単位で聴いて欲しいなと思います。

【今宵の一曲入魂】
「ポストにマヨネーズ/斉藤和義」  音楽形式には「とん平のヘイ!ユー!ブルース」と同じトーキングブルース。詞の内容はおそらく本人の実体験に基づくものだと思うが、それを歌にしてしまう敷居の低さ=ブルースマン偏差値の高さであろう。日本のロック史上、もっともブルースマン偏差値が高いのは忌野清志郎で間違いないと思うのだが、斉藤和義はその正当な後継者たりえると思う。(松崎 真人)

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜・日曜 18:00~21:00)

4月2日(土)のプレイリスト 斉藤和義のアルバム「ワンダフル フィッシュ」をミニ特集

 【18:00~18:59】
M01「1969の片想い/稲垣潤一」
M02「セカンド・ラブ/中森明菜」
M03「セシル/浅香唯」
M04「長い黒髪/矢沢永吉」(日本武道館1992.7.22)
M05「チェリーブラッサム/松田聖子」
M06「夏を待ちきれなくて/TUBE」
M07「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」
M08「ORACION-祈り-/斉藤由貴・来生たかお」
 【19:00~19:59】
M09「パレードしようよ/プリンセス・プリンセス」
M10「A面で恋をして/NIAGARA TRIANGLE vol.2」
M11「Love Her/杉真理」
M12「マンハッタンブリッヂにたたずんで/佐野元春」
M13「キラキラ星あげる/大場久美子」
M14「走れ風のように/木之内みどり」
M15「BORN TO RUN/Blues Springsteen & The E Street Band」
M16「JACK & DIANNE /JOHN COUGAR」
M17「この広い野原いっぱい/森山良子」
M18「さくら(独唱)/森山直太朗」
M19「涙そうそう/夏川りみ」
  【20:00~21:59】
M20「歩いて帰ろう/斉藤和義」
M21「ポストにマヨネーズ/斉藤和義」
M22「引っ越し/斉藤和義」
M23「ワンルーム・ディスコ/Perfume」
M24「たんぽぽ/タンポポ」
M25「青春の影/チューリップ」
M26「蜃気楼/西城秀樹」
M27「限りない時の中で/Birthday Suit」

MUSIC★J
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜・土曜 18時00分~21時00分
出演者:松崎真人(まつざき・まこと):シンガーソングライター、選曲家。北海道札幌市出身。1984年ヤマハポピュラーソングコンテストで優秀賞を受賞し、85年「たわいないトワイライト」でデビュー。92年、佐木伸誘とユニット「Birthday Suit」結成。現在はソロでラジオパーソナリティやライブを中心に活躍中。
番組ホームページ

★リクエストメール:mj@stv.jp
★twitterハッシュタグ:#musicj 
 70年代~90年代の日本のポップス・日本語のポップスを中心に"厳選かけ流し"でお届け。J-popの源流を築いた往年の名曲を毎日30曲前後も紹介するパワー・プログラム。いまの10代~20代にも聴いて欲しい、日本の音楽がわかる番組!ブームの"シティ・ポップ"、その源流や背景、エピソードは「MJ」の最も得意なフィールドです。
 
 パーソナリティは、北海道出身のシンガーソングライター・松崎真人。音楽への深い造詣と知識に裏打ちされた含蓄あるトーク、選曲の幅広さでリスナーの支持を全国に広げている。

※該当回の聴取期間は終了しました。

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ