釈由美子、『ゴジラ』の恩返しでアメリカ映画のオファーを受ける。

6月6日(木)は、9時台の『ふらっとおいでよ!』のゲストは俳優の釈由美子さん。“ワンギャル”の話から、今月14日に公開の映画『Ike Boys』についてお話伺いました!

釈由美子が語る「TBSはありがたい古巣」

出井:最初はグラビアでデビューされて?

釈:グラビアアイドルで。ヤンマガとかヤンサンとか。

出井:その後TBSの番組、ワンダフルのレギュラーが決まって?

釈:ワンダフルが先ですね。本っ当にど素人の状態でワンダフルのレギュラーに入って。大学に行きながら。

出井:大学に行きながら!

楢原:Missキャンパスグランプリですもんね。

釈:だからTBSさんは古巣というか。

出井・楢原:古巣(笑)。

楢原:私を育ててくれた(笑)。

釈:ありがたいです。

出井:そこからバラエティですもんね。我々が見てたのはその頃ですもんね。

楢原:そうそう。2001年とかで俺、高校1~2年とか。

出井:そうか、我々が高校生くらいですね。

登山好きな釈さんおススメの山はスズラン100万本!入笠山

出井:登山の愛好家でもいらっしゃる。

釈:そうですね。登山はつい先日も行ってきたばっかりで。

出井:ちなみにどこの?

釈:長野県の入笠山ってご存知ですか?今ねちょうどスズランの一番いい見頃で、満開の100万本のスズランが一面…。見たことあります?そんなスズラン。

出井:そんなに!いや~ないです。

釈:本当に可憐で、ふわ~っていい香りがして。

楢原:それを見に行こうと思って予定を空けて?

釈:子供の学校がたまたま平日に休校だったので「行くしかない!」って言って。子供に聞いてみたら、学校のお友達はみんなディズニーランドかキッザニアに行くんだけど…うちは山だ!みたいな(笑)。

楢原:子供からしたらね(笑)。

出井:お子さんと行かれたんですか?すごいな~。

楢原:お子さんが登るってことは結構登るのはイージーな山なんですか?

釈:今は2年生なんですけど、子供が幼稚園の年長の時…2年前の夏休み、6歳のときに富士山の山頂まで行きました。

楢原:え~!健脚すぎる!年長で!?

釈:そうなんですよ、私も置いていかれちゃうぐらい(笑)。

出井・楢原:え~!

出井:結構登山の英才教育かもしれませんね(笑)。

楢原:未来のアルピニスト。

釈:いえいえいえ(笑)。

出井:かもしれない、もしかしたら!

釈:楽しい!って言って登ってますね。

『Ike Boys』のアメリカ監督が釈さんにオファーしたのはゴジラの恩返し!?

出井:釈さんをキャスティングしたいなと思ったのはどういった経緯で?

エリック:えーっと…簡単に言うと僕が元々は恐竜大好きな少年で。

出井:恐竜が大好きだったんですね?

エリック:その流れでゴジラにもはまって…小1の頃ですね。12歳ぐらいにいつかゴジラを撮りますと言ってて。ゴジラを撮るにはやっぱり日本語を覚えないといけない、映画術を学ばないといけない。で、その流れでゴジラVSメカゴジラもものすごく好きで…見たタイミングもあったんですけど、とにかく主人公の家城茜がすごく魅力的ですごく見て癒されたっていうのもあったので…今回のキャスティングも一種の恩返しというのかなって。

釈:ありがとうございます。

出井:えー素敵なお話ですねー!

楢原:監督はおいくつなんですか?

エリック:えーっと38です、今年で。

楢原:あ、同い年! エリック:そう。さっきの話を聞いてちょうど思春期の思い出が…。

出井:我々同じ時期に釈さんを見て。

エリック:ちょっと恥ずかしいですけど…僕の場合は結構頑張って海外からいろんなグッズを手に入れて。だから本当に当時メカゴジラの宝探しみたいな感覚でDVDをゲットして。

出井:すごいなあ。そういう青春時代を…今ほどインターネットもめちゃくちゃ発達してるわけじゃないし。

楢原:いや~HPのディテールもよかったなあ。あの頃のHPの作りってあんなものなんですよ。

エリック:ホームページの作りも気づいていただいて。めちゃくちゃ嬉しいですよ。ディテールに相当色々こだわって…。

楢原:チープな感じの…項目だけに分かれててリンク飛ぶやつ。わーこんなんだったって思い出しながら。

出井:2000年代初頭のカルチャーが存分に盛り込まれて。日本のHPって感じでね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タグ

NIKE、YouTube、Fenty…アメリカのZ世代がもっとも“Cool”だと感じるブランドを発表!

ジャーナリストでZ世代専門家のシェリーめぐみがパーソナリティを務めるinterfmのラジオ番組「NY Future Lab」(毎週水曜日18:40~18:55)。ジャーナリストでZ世代専門家のシェリーめぐみが、ニューヨークZ世代の若者たちと一緒に、日本も含め激動する世界をみんなで見つめ、話し合います。社会、文化、政治、トレンド、そしてダイバーシティからキャンセルカルチャーまで、気になるトピック満載でお届けします。

5月22日(水)のテーマは、「2024年版アメリカZ世代が選ぶクールなブランド トップに輝くのは“NIKE”。その理由は?」。「NY Future Lab」に所属するアメリカZ世代が、若者たちがNIKEブランドに注目する理由について考察していきました。

※写真はイメージです



◆カッコいいと感じるブランド第1位は「NIKE」

マーケティング会社「YPulse(ワイパルス)」の調べによると、アメリカZ世代が「Cool」、すなわち「カッコいい」と感じるブランドのトップ3は以下の結果となりました。

1位:NIKE
2位:YouTube
3位:Fenty

Fentyはポップ・アーティストでスーパースターのリアーナが立ち上げたコスメブランドです。ファッションとITが混合したランキングに疑問を感じる人もいるかと思いますが、Z世代評論家のシェリーいわく、アメリカでは「何にお金と時間を費やすか」に重きを置き、ジャンルが違っても同列線上で順位をつけることが多いそうです。

アメリカZ世代で構成されるラボメンバーたちは、このランキング結果を妥当だと考えているのでしょうか?

ヒカル:1位のNIKEは主にスニーカーで有名だよね。やはり、スニーカーが人気だからじゃない? 実は最近、スニーカーのトレンドが終わりつつあるという記事を読んだんだ。ほら、レアスニーカーを大量にコレクションしたり、売り買いしたりするブームのことだよ。だけど、NIKEがトップということは、まだまだスニーカーブームは続いているということだよね。

ミクア:私はYouTubeが1位だと思っていた。なぜなら、みんなが利用できるプラットフォームだし、Googleなんかと同じように、インターネットさえあれば誰でも使えるから。まあ、カッコいいの解釈は人それぞれだとは思うけれど。

私にとって、YouTubeはカッコいいと同時に必需品なんだよね。そう考えると、NIKEよりもYouTubeが1位になるべきじゃないかな? それと、Fentyが3位なのもランキングとしては高すぎる気がする。ただ、Fentyはすごくインクルーシブ、包括的なので、それが成功している理由の1つだと思う。

メアリー:Fentyはスーパースターのリアーナが始めたブランドだというのが大きいよね。何よりすごいのは、Fentyはさまざまな肌の色に対応したファンデーションを出したこと。特に、これまでなかった濃い肌の色の製品がたくさんあって、数と品質が驚くべきものだったんだよね。

NIKEが1位になった背景には「スニーカーブーム」があると考えるメンバーがいるなか、「YouTubeが1位になるべき」という意見も出ました。3位のFentyはスーパースターが作ったブランドであることに加え、さまざまな人種の肌の色に対応できるよう、50色ものファンデーションをリリースしたことが人気を集めている理由の1つとして考えられます。

(左から)ミクア、シェリー、ヒカル、ノエ、シャンシャン、メアリー/©NY-Future-Lab


◆年齢によってカッコいいと感じる“基準”が変わる

Coolの解釈は人それぞれ。マーケティング会社「YPulse(ワイパルス)」は、カッコいいと感じる条件についても若者を対象に調査を実施。興味深いことに、「10代の若者」と「18歳以上20代前半の若者」とでは、その解釈が大きく異なることが判明しました。

11歳~17歳が考えるCoolの条件1位は「トレンドに敏感なこと」。18歳以上では「常に新しいものを試すこと」が1位となりました。

NY Future Labのメンバーは全員が18歳以上ですが、この調査結果から思うことを聞きました。

シャンシャン:新しいものを試すことがCoolのトップというのはわかる気もするけど、23歳の私にとっては便利なものを選ぶことのほうが大事。それがCoolなんだよね。

ミクア:うん、その気持ちはわかるな。私にとって一番大事なのは商品の品質。その次が値段。それが私の重要視する2つのポイント。「いい製品か?」「機能性は高いか?」「価格はいくらか?」、それが価値あるものなら、少し高くてもお金を投資するかもしれない。でも、価値がないなら買わないでしょう? ただ、値段が割安なら買うかも。だから、私にとっては価格と商品の質がCoolの条件。

13歳から17歳の10代の若者になると、トレンドについていくことがマーケティングの一番重要な要素になると思う。多くのブランドが、インフルエンサーや若者が尊敬する人たちを起用して製品を宣伝することが大きな利益になると気付いているよね。

シャンシャン:特に同世代のあいだではそうだよね。もし子どもが学校に行って、周りの子たちがConverseやJordanのスニーカーを履いていたら「自分も欲しいな」って思うだろうしね。

10代にとって、若者が注目する人気者やインフルエンサーがブランドを宣伝することはとても重要です。一方で、20代になるとトレンドを追うことよりも製品の質や値段を重視することが、話し合いのなかでわかりました。

では、10代の若者のCoolの条件2位は何かというと、「ダイバーシティ溢れる商品であること」です。ダイバーシティ、多様性という言葉は日本でもよく聞かれるようになってきました。男女共同参画を語るときによく使われますね。

シェリーは「具体的にはどんな製品のどんな特性をCoolと感じるのでしょうか。ヒントは、先ほど紹介したFentyにあります。そして、Nikeが人気の理由もダイバーシティと関係があるんですね。詳しくは、次回にみんなと話し合います」と話題を次週につなげました。

<番組概要>
番組名:NY Future Lab
放送日時:毎週水曜日18:40~18:55放送
出演:シェリーめぐみ
番組Webサイト: https://www.interfm.co.jp/nyfutureweb
特設サイト:https://ny-future-lab.com/

Facebook

ページトップへ