JUNK おぎやはぎ「小木家、モンスター来襲に小木っちゃう」

TBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』
毎週木曜 深夜1時〜3時 放送中!

2018年11月29日(木)のメガネびいきは・・・

おめでたいニュースも多かったんですが、ビッグネームの離婚もあった今週の芸能界。

当然イジってみるわけなんですが、冒頭10分、結構なパワーワードをばら撒きまくる小木さん。
割と最低な見解でしたが、小木さんとしては「人間らしい、ほんといい人達」という事を伝えたかったようです。

そんな小木さんですが、この前の日曜、小木家でホームパーティーを開催。
東京03角田さんバイきんぐ小峠さん小嶋陽菜さんら豪華なメンバーが集まるそのパーティーに、
“モンスター”安田大サーカス・クロちゃんも参加。

クロちゃんにどうやら興味を持ってるらしい愛娘まあるちゃんのために、サプライズで呼ぶことにしたんですが、誰とでも仲良くなれるあの奈歩夫人ですら怯む、クロちゃんの存在感。
家に来る前から、小木家に戦慄が走ったそうです。

新幹線に乗って、刻々と小木家に近づくクロちゃん。

小木家の玄関の写真を撮影し、「ここだしんか~」と送ってくるクロちゃん。

小木家に響く悲鳴。

これはもう、ただのホラー。

でも、これはすべて、娘を喜ばせたい親心。

その葛藤を乗り越えて、受け入れたモンスターを前に、
まあるちゃん、逃げちゃったそうです。
ほんと、イヤだったようです。
そりゃ当然です。

その一方、小木さんの義母・森山良子さん、あの「ひざク○ニ」の話に大喜び。
クロちゃんと意気投合したそうです。
とんでもない人です。どっちも。

そんなクロちゃんですが、モンスターですけど、実は礼儀正しいモンスター。

小木家に向かう新幹線で「マナーが悪い」としっかり炎上しながらも、ちゃんと手土産を持ってくる律義さ。

その礼儀正しさに感銘を受け、あと、矢作さんが目撃した人力舎の若手・川井さんと
その後輩ザ・マミィ酒井さんとのゆるすぎる上下関係から、「周りの礼儀正しい人・無礼な人」を
リソナーさんから募集しました。
今夜もたくさんのメール、ありがとうございました!

最後に、「TBSラジオからSPウィークがなくなる」というニュースを見て、
心配してるリソナーさんがたくさんいるようなので、お伝えしておきます!

メガネびいき、12月の恒例行事「ダイナマイト・エクスタシー」ですが・・・

 

 

 

 

 

 

なくなりません!!

今年も開催します!!

安心して、溜めこんでください!!

ということで、第8回ダイナマイト・エクスタシー、詳細は次週!!

それでは、来週も宜しくどうぞ~。

JUNK おぎやはぎのメガネびいき
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:おぎやはぎ
番組ホームページ

その独特なテンポと漂々としたキャラクターで、幾多の若手お笑い芸人たちと一線を画してきた、おぎやはぎ。
子分肌でありながら、兄貴的信頼も持つ、おぎやはぎ。
上からも下からも好かれるNO.2。
そんなNO.2のポジションでNO.1になりたい。
「ニュータイプ兄貴(パーソナリティー)」、、、おぎやはぎ。

※該当回の聴取期間は終了しました。

衆議院政治倫理審査会の開催が見送りに。重要な経済問題は放置に。

2月28日(水)の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、水曜コメンテーター・経済アナリストの森永康平氏と番組パーソナリティの寺島尚正アナウンサーが、きょう予定されていた衆議院政治倫理審査会の開催が見送られることになったというニュースについて意見を交わした。

自民党派閥の政治資金規正法違反事件を受けた政倫審・衆議院政治倫理審査会を巡り、与野党で大筋合意していたきょうの開催が見送られることになった。与野党が審査の公開のあり方について合意できなかった。政倫審の開催がずれ込むことで、2024年度予算案は年度内の成立が確実となる3月2日までの衆議院通過は厳しい情勢となった。
岸田総理は「今審議されている予算案は、震災対応、あるいは賃上げなど、国民生活にとって極めて重要な予算案だ。一日も早く衆議院を通過させ、年度内成立を確実なものにするため、与党としても全力で取り組んでいきたい」と述べている。

寺島尚正アナ「このあたり与野党のせめぎあいが続いてますねえ」

森永康平「そうですねえ。『うしろめたくないんだったら、公開してさくっと終わらせなさいよ』と。ただそれだけですね」

寺島「ぐずぐずぐずぐずしてるという風に映りますもんね」

森永「それをやればやるほど『何かあるんだろうな?』と、勝手に勘繰られるじゃないですか。もし何も無いんだとしても。悪手ですよね」

寺島「はい。この政倫審というのが、立つ側、喋る側が、身の潔白を証明する場でもあるわけですから。それこそある新聞では『尻込み』なんて風にタイトルを付けられるぐらい、非常にスピードが遅いということですから。これ今、森永さん指摘の通り、『どうして遅いの? ……ということは!』と、勘繰らざるを得ないという」

森永「そうなんです。だから逆説的に『ちょっと、やっちゃってますわ!』っていうメッセージに見えちゃうんですよね(笑)」

寺島「見えますものねえ! それでポイントとしては『テレビ中継をして公開しろよ』と野党は言ってるわけですよね。『いや、元々公開するもんでも無かったし、今までも』って言うのが自民党の言い方であって。で、『じゃあわかりました、2人先にやりますよ』って言ったら自民党の中から今度は『ちょっとそれも……』って言うようなね。非常に何かこう、『うーん、何してるんですか!』っていう」

森永「しかも、この間も経済的な問題というのがいっぱい出て来てるわけなんですよね。これはこれでやるべきなんだけど、本来貴方たちの仕事じゃないっていうか、やるべきことをやろうよと。それが出来なくなってしまっている、これに引っ張られて。『その時点で職務放棄になってますけど、大丈夫ですか?』って言うところもありますね」

寺島「そうですねえ。ここはもう、政治家としても何としても頑張っていただきたいですね」

Facebook

ページトップへ