ITとの異色の組み合わせ?最新お墓参り事情!

今年のお盆は、盆入りが8月13日・盆明けが8月16日で、この時期実家に帰省されている方も多いと思います。そこできょうはお墓参りについて、8月12日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材報告しました。

お盆休みに入り、きょうは帰省ラッシュがピークを迎えていますが、まずは街の皆さんに、「今年お墓参りに行く予定はありますか」と聞いてみました。

遠くてお墓参りに行けない人も
●「行かない。車がないから行けないんだよ。」
●「私は行きます。毎年15日に家族でそろって行くって決めているので、15日は仕事も休みを取って行くようにしてます。」
●「もう行きました。1年に3回行ってます。」
●「行けないですね。おじいちゃんおばあちゃんが亡くなっているんですけど、写真が家にあるので、それでお墓参りではないけど感謝を伝えようかなと思っています。地元が福島なので、帰るのもちょっと大変なので、離れてるからこそいいかなってなってしまう。」

東京で働いていて実家が遠方にある人は、日帰りでは帰れないので、お墓参りは数年に1回のペースになってしまう方もいました。最近は特に猛暑ということもあり、屋外のお墓参りは体力的にも厳しく、足が遠のいてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

お参りはカードで“ピッ”!
そんな中、近年、お墓参りの形が変わってきているようです。眞敬寺(しんきょうじ)「蔵前陵苑」の住職、釋朋宣(しゃくほうせん)さんのお話です。

◆眞敬寺「蔵前陵苑」・住職 釋朋宣さん
「眞敬寺「蔵前陵苑」の納骨堂は、“搬送式納骨堂”です。これは、亡くなられた御遺骨が入ったお箱=「お厨子(ずし)」が、お参りに来たお墓に運ばれてくる納骨堂です。蔵前陵苑にご縁を繋いでいただいた方には、参拝カードをお渡しします。そのカード1枚お持ちいただければ、墓所にカードをかざすだけで、お骨の入ったお厨子が皆様のところに運ばれてきます。」

▼蔵前陵苑

▼6階

▼ ICカードでピッ

▼自動ドアが開いてお墓が表れます。中央の「蔵前家」と書かれた部分が、お骨を入れた箱です。


「蔵前陵苑」は7階建てのビルで、その3階と6階に室内墓所が設置されています。“搬送式納骨堂”なのでお骨が搬送されてくるんですが、お墓自体が運ばれてくるわけではありません。お参りに来た人はICカードをピッとすると、遺骨が入った箱=「厨子」がオートマで運ばれてきて、名前の部分がくりぬかれた暮石にガッチャンゴッチャンとはめ込まれる、という仕組み。お墓に供えられた花はプリザーブドフラワー、そして焼香も完備されていて、室内の涼しい環境の中でお墓参りができるので、カード1枚持ってくれば手ぶらでお参りができるんです。

また、宗派を問わず入ることもでき、場所も都内で行きやすい為、ちょっとした時間でもお参りに来られると話している利用者もいました。

インターネットでお参り
「IT」と「お墓参り」、異色の組み合わせに感じますが、実は、このようなお墓参りのスタイルは他にもありました。すがも平和霊苑の住職、松島龍戒さんのお話。

◆すがも平和霊苑・住職 松島龍戒さん
「インターネットを利用したお墓参り。お墓というと、①お骨を納めておく場所 ②そのお墓に誰が入っているかを記録を残しておく場所の二つの役割があるが、「②記録」の部分をインターネットに保存して、遠くにいる方でもスマホや自宅のPCから閲覧できる。普通のお墓には、亡くなった方のお名前・戒名・享年何歳というような情報しか刻まれていないが、インターネットのお墓はそれに加え、写真や、残された人に託したい言葉や、絵描きさんが絵を取り込んだり、卒業証書など、生前の記録を残すことができる。」

▼すがも平和霊園

▼お墓

▼カードでピッ

▼ 画面に写真が映ります

このサービス、すがも平和霊園の中に実物のお墓はあります。ただし、墓石に刻まれる亡くなった方の情報=墓誌をネット上に記すことで、自宅にいながらでも手軽にお墓参りができるシステムなんです。ページには、生前の写真や動画を載せることも可能です。例えば生前、本人の希望で散骨した場合お墓を持たないので、どこにお参りをすれば良いかわからず困っている遺族の方に需要があるそうです。

ハイテクなお墓参りが求められる
このようにITの進歩により、お墓参りもハイテクになってきています。ところが従来型のお墓参りのように、「実際に足を運んで手を合わせたり、雑草取りや掃除をした方が、亡くなった方のためになるのではないか」と思う気もしますが…、最後に、松島さんはこう話してくれました。

◆すがも平和霊苑・住職 松島龍戒さん
「供養したいという思いを起こして実際に体を動かして、大変な思いをしてお墓に来て、お骨の近くで手を合わせる、もちろんそれに越したことはない。だけど、それができない方が供養の気持ちが足りないかとなると、絶対それは違う。私自身が寺でお墓というものに携わる中で、お子さんがいないのでお墓どうしたらいいんだ、あるいは娘しかいない、嫁いでしまえばなくなってしまうんだという相談を目の当たりにしていると、多様化する家族の形態にお墓の側が合わせていかなければいけないという実感があった。お寺というのは、檀家制度や、お墓の維持の制度など、伝統的でなかなか変え難いものがあって、一般の方がその制度に合わせなければならないという状況があるけれども、むしろお寺の側が、変わっていく価値観や家族の形態に合わせていく大事さは、現場での実感で感じます。」

これからの時代はお寺側が、お墓参りに行けなかった人たちや、残された遺族の方たちのために、お墓参りを身近なものにする工夫が重要になるということです。

▼田中ひとみが「現場にアタック」でリポートしました!

 

タグ

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ