「ゆずは僕の青春の全てなんです!」パンサー向井×尾崎世界観、泣きじゃくり”ゆず談義”

TBSラジオで月~金曜日の15時30分から放送中の「ACTION」。火曜パーソナリティは、クリープハイプの尾崎世界観さん。

5月26日(火)のゲストはお笑いトリオ・パンサーの向井慧さん。先々週の放送で尾崎世界観さんが”ゆずっこ”(ゆずファンの呼称)だということが分かり、同じくゆずの大ファンである向井さんをお招きして、2人が愛してやまないゆず楽曲について時間いっぱいまで語り合いました。

パンサー向井の愛してやまないゆず楽曲…「方程式2」

向井:この「2」は「に」って読むんです。「ツー」と読まないところがゆずさんらしくて憎いんですが。

尾崎:独特な表記もありますよね。ゆずさんの歌詞で「涙」という漢字も「泪」で書きますよね。

向井:ゆずさんって北川さんも岩沢さんもどちらも曲を書きますが、二人の曲の個性の違いも面白くて。北川さんは割とストレートに感情に訴えかけてくるようなメッセージソングが多いですが、岩沢さんはちょっと難解で文学的なんですよ。1回聴いただけじゃ「何を歌ってるんだろう?」と思うところなんですが、何回も聴き返すとちょっとずつ沁みてくるんですよね。

尾崎:それこそ燻される、スモークな感じがしますよね。あと岩沢さんってずっと一人の女性について歌っている気がしませんか?

向井:そうですね。「からっぽ」とかね。ずっと想い続けている誰かがいるのかなって思いますね。この「方程式2」も、男が家で電話しててフラれて、耐えられなくなって外をふらっと歩いている歌なんですが、「やることなすこと意味が無い様に思えてきて」とか、「一体何やってんだろう?と 急に虚しくなって」とか、そんな夜ってめっちゃあるじゃないですか?

尾崎:ありますね。でもそういう夜ってなかなか歌ってもらえないですよね。

向井:で、このそんな暗くない曲調でそういったことを歌ってもらえると、自分が一番不幸だと思える夜にこれを聴くとすごく助けられるんです。

尾崎:この曲はサビが独特なメロディで、このコード進行でこのサビだとふわっと浮遊するイメージがあって、それも上の空で歩いているような感じを思わせますね。

向井:この曲は学生時代にすごく助けられましたね。めちゃくちゃ不幸なときって、その様子を誰かに知ってほしい気持ちってありませんでした?

尾崎:ありましたね、当時ってSNSもないですからね。

向井:そうそう。そのときにこの曲が「俺もその夜を知ってるよ」という寄り添い方をいてくれてたような気がします。

パンサー向井の愛してやまないゆず楽曲…「なにもない」

向井:この曲の主人公って本当になにもないんですよね。冒頭の歌詞が「失くしたものを探し歩いている」と歌っているんですけど、途中から「聞こえない 何も分からない 届かない 悲しくても涙しかでない」っていう、なにもないんです。でも曲の最後で「それでいい それだけでいいよ」って締めるんです。これ以上の肯定ってないですよね?

尾崎:そうですね。引き算をやり尽くして、全部なくなって、「それでいい」ということですね。足していかなきゃいけないと思っていましたが、そっか、引けばいいのか…。

向井:いや、歌詞の材料にしないでくださいよ(笑)これは衝撃的で。こんなになにもなくても肯定してくれたら、居るだけでいいのかなって思いますよね。

尾崎:それは向井さんは当時から思っていましたか?

向井:いや、当時は感覚的でしか分かってなかったですね。言葉になったのは大人になってからで。ゆずさんのサブスクが解禁されたときに、ゆずさん側からプレイリストを作ってくださいという仕事を頂いたんです。そのときに改めて聴き直して、「このときに良いと思っていたのはこういう理由か」と気付きましたね。で、僕もゆずさんとお仕事をさせて頂く機会があって…。

尾崎:あれ向井さん、涙出てません?ちょっと待って、俺もなんか泣けてきちゃった…。

幸坂:なんで皆泣いちゃってるんですか!!

向井:ゆずさんって青春の全てなんですよ!!僕は名古屋にいる芸人志望の高校生の頃、その当時にデパートの屋上でゆずさんの「飛べない鳥」という曲を、名古屋にいる自分が東京のどっかにいるゆずさんにいつか会えるのかなと思いながら聴いていたんです。それで大人になってテレビに出させてもらえるようになって、ゆずさんとロケさせてもらえるようになったときに、すごく嬉しかったんです。当然カメラが回っているときにはゆずさんと喋るんですけど、回ってないときにゆずさんに話しかけるのは「セコい!」と思っちゃうんです(笑)「ここで喋るのはズルいぞ!」と思って我慢している気持ちも、全部ゆずの曲の中に入っているんです!!

ゆずっこ達がスタジオで泣きじゃくってしまいました。

タグ

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』など新作映画を紹介『シネマ 銀幕の夜』

Photo by Robert Palka ©2019 Film Produkcja All rights reserved

8月14日(金)放送の『シネマ 銀幕の夜』は、新作映画を2本ご紹介します。両作品とも、3組6名様へチケット(劇場鑑賞券)のプレゼントもありますよ。どうぞお楽しみに!

Facebook

ページトップへ