小泉今日子「久しぶりなので緊張します!」

小泉今日子が、TBSラジオで初めての番組パーソナリティを務めた1夜限りの限りのスペシャルプログラム、「小泉今日子 あなたとラジオと音楽と」(6月21日(日)20:00~)。

▼小泉今日子 「あなたとラジオと音楽と」

今回のテーマは、ズバリ「ラジオ」。リスナーの皆さんからの、よく聴いていたラジオ番組のエピソードや、それにまつわる音楽のリクエストを紹介しながら、小泉さん自身のラジオへの想いを語り明かしました。

久しぶりなので緊張します

「こんばんは小泉今日子です。始まってしまいましたね」
東京・港区赤坂。久しぶりに小泉さんの声がラジオから聴こえてきました。「久しぶりなので緊張します」と言いながらも、TBSのある赤坂は、「私が初めて一人暮らしをした時に住んだ街だった」と赤坂の思い出や、以前小泉さんが出演していた「所ジョージさんの進めおもしろバホバホ隊」に出ていたという思い出を語るなど、徐々にアクセル全開に。

中森明菜さんは同志

ランキング番組をよく聞いていたというリスナーからのメッセージを読み上げ、同期の中森さんへの想いに言及。「中森明菜さんは同期で、出身番組も年齢も一緒で、本当にあの…同志と言いますか、頑張ってると嬉しい…同志ですね」「私もよくカラオケで歌います」と言い、中森明菜さんのデビュー曲『スローモーション』をオンエア。

聴き終わると「これがデビュー曲とかすごい!素敵ですよね。このまだ16歳の女の子にこの世界を歌わせて、すっごく歌詞がドラマチックで、絵が見えてくる…素晴らしい!」と改めて聴いた感想を興奮気味にお話されました。

志村けんさんは、とてもシャイで優しい、カッコいい人でした

終盤には、TBSラジオで放送されていた志村けんさんの番組「夜の虫」をよく聴いていたというメッセージも。これをきっかけに、話は志村さんとの思い出に。

「私も本当に若い頃にたくさんお世話になりまして、『8時だョ!全員集合』もそうですけど『ドリフ大爆笑』とかも、準レギュラーみたいにして呼んでいただいて、志村さんが私下手だってすぐにコント中も本気で笑っちゃったりするんですけど、そこがいいって言ってたくさん相手役に選んでいただいて」

「志村さんが全員集合の時に、なんか目覚まし時計を持ってきて、「朝の目覚ましの音を録音してくれ」って言って、一時、多分、志村さんは私の声で起きてた時期があると思いますよ。何て言ったか忘れちゃったけど笑」

私たち歌手にも親しく話しかけてくれる、とてもシャイで優しいかっこいい人だったという、小泉さんにとっての志村さん。その志村さんが好きだったというビートルズになぞらえて、Hello,Goodbyeが響き渡りました。


「もうエンディング!あっという間!」
50分を過ぎたところでエンディングを迎え、ビックリの様子だった小泉さん。久しぶりの生放送を「ドキドキしますけど、ほんと楽しかったですね。あの懐かしい曲もいっぱいかかりましたし、楽しかったし嬉しかった。またやりたいです!」と振り返り、充実の面持ちでスタジオを後にされました。

また、小泉さんの声が聴けるまで、「みんな健康で元気に頑張って、行きましょう楽しみましょう人生を!」。小泉今日子さん、またいつでもお待ちしています!!

タグ

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ