独特な口ぐせや不思議な行動・・・そして衝撃の名言も!?丸山礼も思わず爆笑!【ウチの学校の名物先生】

毎週土曜夜10時より、TBSラジオから全国8局ネットで放送中の「TALK ABOUT」。パーソナリティは、Da-iCEの工藤大輝。

今夜のゲストは、TALK ABOUTファミリー!丸山礼さん!

久々の登場となる丸山礼さん。工藤さんとはSNS上でやりとりをしているそうで、工藤さんが「TALK ABOUT」の放送前にやっているインスタライブも、ほぼ毎週見てはハートを連打しているのだとか。2人の息の合ったオープニングトークでした。

口ぐせや行動、そして衝撃の名言も!?ちょっとクセの強い「ウチの学校の名物先生」

新学期が始まり、少しずつ学校生活に馴染んでくる時期。ということで、今回はどこの学校にも一人はいる『名物先生』について、リスナーのみんなから届いたエピソードを紹介!

ゆめさん(高1)
中2の時に教わった、当時25、6歳の国語の先生。担任による道徳の授業で「愛はお金で買えるか、どうか」という質問があったのですが、クラス35人のほとんどが「お金では買えない」と発言。私も買えないと思っていました。同じ質問をその国語の先生にもしてみたところ、「愛はお金で買えます!」と断言。その理由を聞いたら・・・

工藤:なんで?なんで?

丸山:結構、刺激強くない?

ゆめ:その先生は、大学時代に付き合っていた女の人がいたらしいんですけど、フラれちゃったらしくて。その女の人はすぐに別の人にのりかえてしまったそうですが、理由を聞いたら「だって、あなたお金持ってないじゃん」って言われたらしくて。

工藤:あららら。そういうこともあるよね・・・

丸山:「愛はお金で買える」って聞いて、ゆめちゃん的にはどう思いましたか?

ゆめ:聞いた時は「先生かわいそうだな」って思ったんですけど。でも、先生は結構身長も高くて女子からも男子からも人気のあるかっこよさだったんですけど、その先生がフラれちゃったってことは、やっぱりお金って大事なのかなって。

丸山:これはね・・・確かになー。うーん。

工藤:え、俺、買えると思います。

丸山:あらー!すごい断言!

工藤:買える愛、ありますよ。

丸山:買える?その心は?

工藤:僕も、高校の時に遠距離してましたけど、俺がただただ交通費が無くて行けなかったんですよ。そうすると、「会う回数が少ないから別れる」ってなったんですよね。それは、想いの強さじゃなくて実際にお金があればっていうパターンもありますからね。

丸山:スタジオブースがざわついてますよ。

工藤:ざわついてるでしょ?でも、これがリアルだから。マジで。

丸山:目が死んでるわ!怖い!!いやだ!

工藤:このスタンスをうやむやにしたいから「愛はお金で買えない」って言いたい人が多い気がする。違う、違う。

丸山:逃げちゃいがち、甘えがちだけど。私はね・・・「そこまで言わないでよー、なんか乗り越えてよー」って思っちゃう自分もいたけど、確かにお金があればサプライズにお金かけられて彼女や彼氏への幸福度を上げられたりとか。それもわかるけど、でもやっぱり真心でお金が無いなりに、指輪とかじゃなくてもタンポポの花束の冠とかでも嬉しいし、私は。もう目を合わせてくれなくなりましたね(笑)

工藤:そんなことないよ(笑)

丸山:確かに、金品とかは嬉しいけど。お金持ってなくて通えないとかはありますけどね。

工藤:物はちょっとアレかもしれないけど。高価な物じゃなくて。そういう場合じゃないと解決できない愛もあるよねっていう感じ。

丸山:多種多様ですけどね。さみしい。

工藤:そうそう。ただ、これは・・・ゆめちゃん何歳だっけ?

ゆめ:今、15歳です。

丸山:15歳!!わからないよね、ゆめちゃん!ゆめちゃん、どう?どう?こんなこと言う大人、どう!?

工藤:これは30過ぎのオッサンが言ってることであって、15歳のコに・・・

丸山:ゆめちゃんの夢を捨てないであげてください!お願いします!!

工藤:これは、ピュアなみなさんには特に間違った答えだろうなとは思うんだけどもね。

丸山:ちょっと早かったかもね。たいきめん先生の話は。

工藤:俺はガツガツ言っちゃいますからね。でも、国語の先生がちゃんと整った方だったというのがより衝撃なんじゃない?負け惜しみじゃないじゃない。そこがよりショックだったのかなと思いますけどね。すごい考えさせられました。

丸山:そうですね。深いしね。

工藤:俺、礼ちゃんはタンポポの冠をあげればいいんだってなりましたからね。

丸山:全然いいですよ!だって、人によるもん。

工藤:そっちのほうが残酷やて!!

丸山:私をどれだけ想ってくれているか、みたいなことですよ。

工藤:ゆめちゃんは、タンポポの冠どう?

ゆめ:お金がいいです・・・

丸山:ゆめちゃん!!ちょっと!!私の味方、どこーっ!?

このほかにも、「語尾や返事のクセが強い先生」や、「変な服装の先生」、「2週間でファンクラブが誕生してしまうほどのイケメン先生」など、全国から名物先生の情報が。さらに、丸山礼さんの学生時代の先生エピソードには、工藤さんも思わず「そこまで細かく覚えてるのすごい!」と感心。知らない先生なのになぜか笑ってしまう、みんなのモノマネも必聴です。

ねおちゃんのコーナー【ねお TALKABOUT】

22時台後半は、モデル・YouTuberとして活躍しているねおちゃんのコーナー。 今月は、心理アナリスト・カウンセラーの亜門虹彦さんをお迎えして、出会いの季節にも役立つ「心理学」についてお届け中。今回は、みんなが特に気になる「恋愛」のお悩みについて、心理学の視点で解説!

勉強中、学校で、バイト先で・・・みんなが選ぶ「好きな飲み物」ベスト5!

23時台は、毎週様々なテーマでアンケートを実施し、その結果をランキング形式で紹介する「TALK ABOUTランキング」のコーナー。今回より1か月間は、「TALK ABOUTランキング」とライブ配信サービス「ミクチャ」がコラボ!ということで、今週・来週は、ミクチャオーディションで1位になった学生ライバー「コーキングX」がプレゼンターとして登場!

今回紹介するテーマは「好きな飲み物」。事前に行ったアンケートでは、610人のリスナーが参加してくれました!その結果はこちら!

1位:午後の紅茶
2位:カルピス
3位:コカ・コーラ
4位:三ツ矢サイダー
5位:サントリー天然水

この他には、10代では6位に「ファンタ」がランクイン。そして、お茶で人気なのは「綾鷹」でした!

今回は、みんなから届いた1位から5位の「好きな理由」を、コーキングXがそれぞれ紹介!スタジオでは、工藤さんによる試飲&感想も。

 

工藤大輝・今週の選曲

♪ CITRUS / Da-iCE
♪ Love Song / Da-iCE

TALK ABOUT 今週のOA曲

♪ Born To Be Wild / JO1
♪ カタワレ / 佐藤千亜妃(TBSラジオ・今週の推薦曲)
♪ それが愛なのね / 櫻坂46

 

 

タグ

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ