イモトプレゼンツ「イモトが踊りたい!安室奈美恵さん特集」

TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」毎週水曜日よる9時30分から放送中!

9月20日(水)放送後記

イモトが、番組の毎年恒例の企画「イモトプレゼンツ!安室奈美恵特集」を開催!第9回のテーマは、最近イモトがダンスレッスンに通うようになってきたことから「イモトが踊りたい!安室奈美恵さんの楽曲特集」!しかも放送日が安室奈美恵さんの誕生日と重なったことで、イモトのテンションも爆上がり!

イモト:今回は毎年恒例の企画ですね。「イモトプレゼンツ!安室奈美恵さん特集」をお届けします!いやー、今年も来ました。毎年、安室さんのデビュー日&引退した日でもある「9月16日」前後にやっている恒例企画で、私が選曲して安室さんについて語り尽くすというスペシャルな回でございます!

イモト:そして、今日は「9月20日」というのは・・・安室奈美恵さんのお誕生日でございます!!おめでたい!ハッピーバースデー安室ちゃーん!おめでとー!!

イモト:元気ですかー。今日はケーキでも食べてらっしゃるんでしょうか。めでたいね~!9月20日は、私の誕生日でもないし家族で誕生日の人も一人もいないけど、昔から私はちゃんとケーキを買ってお祝いしてますから!やっぱりこの日はめでたい日なんですよ。こんな日にこの企画が出来ることは嬉しいですねー。

イモト:2018年の安室さんの引退からかれこれ5年!5年よっ!すごいね!2018年って、つい最近、昨日の如くですよ!めちゃめちゃ良い年だったなー。この企画もずっと前からやってますから、なんと9回目という(笑)。やってるね、乗っかってるね!すごいやるじゃん!

イモト:9回目ですけど、今回この切り口で安室さんの選曲する日が来るとは思ってなかったですね。こちらです!

「イモトが踊りたい!安室奈美恵さんの楽曲特集!!」

イモト:ついに、この切り口で(笑)。今までライブ楽曲でとか色んな切り口がありましたけど。まさかの“イモトが踊りたい”。いや、これは踊りを始めて良かったわ!ここにもいきてきましたね。現在37歳イモトアヤコ、急に踊りたくなりまして、今マリモ先生に個人レッスンを受けながらダンスをしているんです。インスタにもこの前、ダンス動画を上げて。その時はミセスグリーンアップルを踊ったんですけど、「安室ちゃんを踊って欲しい!」とか色んなコメントが来てますから。待て待て待て待て!踊るから!と。言われなくても安室さんで踊るから(笑)。

イモト:で、今回、安室さんのどういう曲で踊りたいかなって感じながら選曲してみました。なので、今までとは違う選曲かもしれないですね。基本的に安室さんの曲って、歌って踊ってということなのでダンサブルな曲が多いんですけど、その中でも自分が踊ることを想像して曲を選ぶのは、めっちゃ楽しいよっ!もうノっちゃってノっちゃってたまんなかったなー。じゃあ、「イモトが踊りたい!安室奈美恵さんの楽曲特集」ちょっといってみますか!

M1:Every Woman/安室奈美恵

イモト:このオープニング!踊りたくない!?私はもう踊りたいよ!踊らせてくれ!特に私が好きなポイントは“サビ前”なんですよ。サビ前にヤァヤァヤァヤァ!ってなるんだけど、超カッコいいのよ~!サビ前のポーズを何回でもできそうだなって思ったわけよ。全然自分では振り付けできないんだけど。実際にこの曲、次、踊ろうと思ってます!

イモト:マリモ先生にも次この曲を踊りたいですって伝えて曲をお渡ししているので、次のダンスレッスンからこの曲を始めます!この曲、超かっこよくて。あまり認知度は高くなくて、ライブでも毎回やるような曲ではないんですけど、最高ですね!

M2:WANT ME, WANT ME/安室奈美恵

イモト:また違う曲調ね、ラテン調というか。これは有名な曲でワッキーさんの“芝刈り機”みたいな振り付けがあるんですけど、あれを安室ちゃんがやるとめちゃくちゃカッコ良いのよ!この曲、かなりエロティックな曲で歌詞もかっこいいのよ!ミニスカートの衣装で男性のダンサーさんと絡む安室ちゃんとか、とか、すごくセクシーなんですよ!これもセクシーに踊りたいかな。

イモト:今私は個人でやってるんだけど、私の周りの女芸人さんも踊りたい欲があって、元相方のバービーさんも踊りたいっておっしゃっていて。「今度2人でユニット組まない!?」って言って(笑)。バービーさんと一緒に踊るならこの「WANT ME, WANT ME」が合いそうだなと思っています。バービーさんは右尻、左尻を交互に動かせるんだって(笑)。この曲は合ってるのよ、レゲエ調というか。それを2人でやりたい(笑)。誰も求めてないんだけど、需要があるかわかんないんだけど(笑)。

M3:Strike A Pose/安室奈美恵

イモト:これもねー!安室さんのファンの方だったら「あーっ!」って言ってくれると思う!「母になる」というドラマの主題歌「Just You and I」という有名な曲があるんですけど、それのカップリング曲で認知度もあって。私はこの曲がすごい好きで。このポップな感じと、安室ちゃんがサビ終わりで入れるラップの部分があるんですよ、それがめちゃくちゃカッコよくて。そこを上手く踊りたいんだよね。パステルカラーの服でも着て踊りたいもんだね。衣装までも考えてるから(笑)。

イモト:いやー、どんどんアイディアが出てくるね!踊ると思って聴くと、見える景色が変わるんだよね!やっぱすごいね、安室奈美恵さんは!

イモト:ここまで、皆さんはどう?ヤバいんじゃない!?体が動いちゃっているんじゃない!?私もさっきから喋りながらめちゃくちゃ動いちゃってるもん!放送後記に載せる写真がブレブレかもしれない(笑)。

イモト、「踊ってわかった、安室さんはやっぱり神!」

イモト:まあ言うてもまだダンスレッスンを7~8回受けただけの人が言うことじゃないかもしれないんだけど、ちょっと聞いてくれる?(笑)。ダンスをやってみてから見る安室奈美恵さんって、また神ね!もちろん、もともと神なんだけど、やってみるとその難しさがわかるんじゃん。自分がやってみると難しいことがわかるのと一緒で、安室さんのダンスはきっちりと踊るのは基本じゃない!?そこから自分のオリジナルが入っていって。

イモト:安室さんはそれを小学生時代からずーっとやり続けているから、体の動きに奈美恵スタイルが出来ちゃっているのね。だから、安室さんの動きって少し流すわけよ。マリモ先生とかダンサーさんのお話だと、ダンスというのは“トメ”がすごく大事で。流す流すところもあっていいんだけど、絶対に止めた方が良くて。トメが出来ないダンサーさんも多くいるらしくて、それは見た目で出るんだって。そういう意味では安室さんはトメはそれほど無いんだけど、ダンサーさんの間ではあれは「安室奈美恵スタイル」なんですって!

イモト:最初から安室奈美恵スタイルをやろうと思って、素人が流し気味にやろうとするのはめちゃカッコ悪いんだって。素人はきちんとトメでやらなければいけないんだけど、安室さんは小学生の時からのkらだの動きが染み付き過ぎて、トメているんだけど流れるような。あれにすごく憧れるんだけど、あれは最初からやったらダメよ!最初はベタ。基本をやってからのトリッキーをやらなければダメだから。芸人でもトリッキーに憧れてそういうネタをやっちゃうけど、最初はしっかりベタなネタをやらなければいけないのよ!

イモト:それがあってからの安室ちゃんだから!安室ちゃんはその上の上の上だよね!トリッキーでもないわけよ、馴染んじゃってるから。安室奈美恵にしか出来ないダンスというか、動きだよね!あれはかっこいい!だからマネしようとは思っていないんですけど、その凄さがわかりますよね。私はまずきっちり覚えます。

イモト:・・・ごめんなさいね、語っちゃって。まだダンスレッスンを7~8回しか受けてないのに。ダンサー気取りですみません(笑)。

M4:Fashionista/安室奈美恵

イモト:いやこれもイントロからカッコいいじゃない!これは奇抜な格好で踊りたいんだよね!ポージングみたいなのもたくさん付けて。モデルさんみたいな振り付けをしたらカッコいいんじゃないかなという。あと、テンポが上がってくるところがかっこいいんだよね!Bメロからサビに行くまでの盛り上がりがある曲が一番踊りたくなるね!この曲はパワフルに行きたいね、力で!

イモト:いやもう、止まらないね!フリのイメージが止まらない!全然フリとか出来ないけど(笑)。イメージだけは先生にすごく言える(笑)。

イモト:安室さんの曲を最近調べていて、Aメロからサビ終わりまで大体1分なのよ。すごく踊りに適しているよね。ダンス動画を上げたい人にはすごく適しているよ(笑)。ありがとうございます、安室奈美恵さん!

M5:Concentration 20/安室奈美恵

イモト:これはね、めちゃくちゃ古い曲です。今日紹介した中で一番古い曲で、安室さんが20歳くらいの時に出したアルバム「Concentration 20」の中に入ってる曲で。これが超思い出深くて。私が中学生の体育の授業で創作ダンスという授業があったんですよ。で、創作ダンスで作ったダンスを体育祭で踊るという。私は張り切り屋ですから、自分が創作ダンスのフリを作る係になって。私を含めて2~3人でダンスのフリをして作って、それをクラスメイトの女子に教えて、それを体育祭のみんなの前で踊るという。

イモト:もうね、楽しかったね!安室ちゃんのフリを取り入れたりして。はじ得て自分で振り付けを作って教えて発表したという曲で。やっぱり私、ずっと踊りたいんだね~。サビのところの振り付けを今でも覚えているもん!当時まだYouTubeとかまったく無いから「うたばん」か何かの歌番組に安室ちゃんが出た回を録画して、それをめちゃくちゃ見て。当時、「野猿」というグループがあったんですけど、安室さんが野猿に自分のフリを教えてるコーナーがあったんですよ。それをずっと見ていて、その時のフリをそのまま使ってみたんですよ。

イモト:そこで初めて“カウント”を知って。それまで、ワン・ツー・スリー・フォー!しか知らなかったの。そしたらそこで安室ちゃんが言ってたのよ、ワン・ツー・スリー・フォー・エン! エン!って言ったのよ!エンって何?って思ったんだけど、エンは1秒の半分のことらしいのね。鳥取の中学生が初めて「エン!」を聞いて、衝撃で!「エン、カッケー!エンを使いたいと思って、みんなの前でワン・ツー・エン・スリー・フォー・エンみたいな。たぶん、あの中学校で私が初めてエン!って言ったよ!初めてエンを浸透させた女だと思うんだけど(笑)。

イモト:いまだに「エン!」って言われると、テンションが上がるんだよね(笑)。「エン」って普段は使わないじゃない!?バラエティでエンなんて使わないだろ~、3秒前、2・1!で終わるだろ~。「エン」を入れてごらんなさいよ、ワン・エン・ツー・エン・スリーって永遠に続くだろ~(笑)。エン好きなんだよね~。それを初めて覚えた曲ですね、懐かしいな~。好きですね!

M6:ROCK U/安室奈美恵

イモト:この曲はライブでも盛り上がるダンサブルな曲ですね!このクラップするところもかっこいいですね。これはライブ映像が圧巻でしたね。安室ちゃんがね、ライブの中でもけっこう全力でダンスする曲ですね!息も絶え絶えという感じで。曲の後半なんですけど、ライブバージョンだと見せるために長い間があるんだけど、そこをダンサーさんと一緒に安室ちゃんが激しく踊るわけ。そこがめっちゃかっこいいのよ。あれをやりたいですねー。音もそうですけど、照明もバチバチバチって感じで。ロックな感じもいいでしょ。

イモト:この曲をいつか・・・もうプライベートでいいや。東京ドームを借りたとしよう。その時にやりたい曲!すべてがいるなあ、音響と照明と。すべてを生かして踊りたい曲ではありますね。最後に安室ちゃんが「ROCK!」って言うのよ!

イモト:それがめちゃかっこいいのよ!ダンスを決めて最後に「ROCK!」って言いたいよね。この曲はライブで盛り上がる、わりとファンの間では有名なライブの定番曲でございますね!

イモト:いや~、いいね!どんどん踊りたいわ!踊りたいけどレッスンの時間が足りないのよ!プロじゃ無いから1回のレッスンで1曲というのはムリなわけで。1ヶ月間で1曲のダンスを仕上げる感じだから。1回のレッスンが90分だから足りないんだよねー。それ以上だと、私もマリモ先生も限界が来るわけよ、1対1だから(笑)。ずーっと踊っているわけだから、集中力が切れてきちゃうしね。レッスンを週2に増やすかー。それくらいの気持ちですよ。楽しいね。

イモト:ダンスって動きもそうだけど、あわせてファッションも楽しめるわけでね。でも、思った。私はダンス練習の時、動きやすい格好とスニーカーなんだけど、安室ちゃんはライブの時はピンヒールなんだよね!どういうこと!?私は絶対に踊れないもん!スニーカーでも体感がブレブレなのにピンヒールで踊るって、これ、ヤバいよ!そう、踊るとどれだけ安室さんがすごいことをやってきたのかがわかりますよね。

イモト:まさかね、安室さんの楽曲を「私が踊りたい!」という目線で語れるとは思ってもいなかったですよ。今日のこの曲の中で、まずは「Every Woman」を最初に仕上げて動画で配信しようかなと思っています。どんどん覚えてはTikTokに上げていって。TikTokも楽しいね!今まで何を上げていいのかわからなくて3年くらい放置していたんだけど、踊ったら楽しいね。ダンスをすればするほど安室さんの凄さというか、神具合が分かりますね~!

イモト:なんなんだろうね、あの人は。生まれ持って安室奈美恵なんだろうなあ。「職業:安室奈美恵」だよね。私は安室さんをダンサーや歌手でも無いと思っていて。安室さんの職業は何って聞かれたら「安室奈美恵」よ!そういうことだよね、唯一無二ってこういうことだよね。この先、どれだけ時間が経とうと絶対に安室奈美恵さんと同じ人は出てこないよね。かっこいいな。

タグ

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ