山本恵里伽アナはなぜこんなに冷たいのか!?

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』月~木曜日の11時から放送中!

11月29日(水)放送後記

寒くなってきたこの時期、多くの人を悩ませているのが「冷え」ではないでしょうか。ただ山本恵里伽アナウンサーの場合、この時期だけではなく1年を通して体が冷えているんです。9月に番組に出演した際も、東京の気温は28度だったにも関わらず、山本アナの手はヒエヒエ。

そもそも、この「冷え」の正体とは何なのか。それにどう対処すればいいのか。イシハラクリニック副院長で冷えに詳しい医師の石原新菜さんに教えていただきました。

「冷えしょう」とは何か。なる人ならない人の違いとは

【冷えしょうとは】

「冷え性」…平熱が36度未満、または36度以上体温があっても、手足の冷えを感じること。
「冷え症」…冷えること、低体温であることによって、頭痛・生理痛・むくみ・肩こりといった症状が出てくること。

【なる人ならない人の違い】

私達の体温の約40%は筋肉が作ってくれています。ですので「筋肉量」が少ない人や、運動不足の人はどうしても熱を作れない、作るのが少なくなってしまうので「冷え性」になってきます。あとは食事、睡眠、ストレスなど、生活習慣が関わって体温が下がってきます。ただ大部分を占めるのはやはり筋肉量です。

【冷えることでの問題】

冷えると体は、それ以上体を冷やさないために血管が縮みます。血管が縮むと血流が悪くなる。血流が悪くなることで肩こりとか痛み(頭痛・生理痛・腰痛)などになります。全ての臓器は血液が運んでくれた酸素や栄養・水分で働くので、血流が悪くなると胃もたれ、便秘、下痢、むくみなど不調も起きます。お肌もそうなので乾燥肌、くすみとかも起きます。健康も美容も、全て血流と言えると思います。

なんだか不調で病院に行っても「冷え」が原因だと検査ではわからなくて、問題ないとされることも。そんなときは冷えの可能性も考えてみてください。まさに「冷えは万病のもと」です。

*山本アナの平熱は35.6度。日常的な運動はしておらず。その対策としては、1日30分のウォーキング(分けてもOK)、もしくは1日30回のスクワットがおすすめとのこと(もちろん無理のない範囲で)

「冷え症」のタイプ

【冷えのタイプ】

手足だけ冷たくなる「末端型冷え性」
足だけ冷たくなる「下半身型冷え性」
内臓だけ冷えている「内蔵型冷え性」
手足も内蔵も全身が冷たくなる「全身型冷え性」

【自覚するには】

「内蔵型」は消化不良、胃もたれ、胃痛、便秘、下痢、むくみなど、手足は冷えていないのに、何かの内臓の不調がある。クーラーや薄着、冷たい飲み物をのむ夏だけ一時的に内臓型冷え性になる人も。「全身型」は内臓の冷え、さらに手足の冷えも。「下半身型」は足はすごい冷えてるのに上半身がのぼせてしまう冷え・のぼせの状況です。

*山本アナは手足の「末端冷え性」かと思っていたら、胃もたれなどが起きやすく、全身型の可能性も。

【冷え対策】

末端型→下半身型→内臓型→全身型の順で悪い状態です。ただ改善する方法はみんな同じです。一つは運動して筋肉の量を増やす。一つは必ずお風呂に浸かる(ぷつぷつ汗がでるまで)。あと24時間腹まきをするのもオススメです。お腹の中は大切な臓器がいっぱい入ってますし、血流も多いところ。さらに免疫細胞の7割が腸に存在しているので、お腹を冷やすことは臓器の働きや血流を悪くするということになってしまいます。

*ちなみに石原さんはいつも体温が37度あるそう。
*お風呂上りに体が冷えやすい人は、出る前にサッと少し冷たい水をかけると毛穴が閉まって、熱が逃げにくくなるそうです。サッとですよ、サッと。

このアドバイスを受けて、山本アナも2週間ほど「腹まき」を使うように。体温の変化はまだないそうですが、体感として寝つきが凄くよくなったそうです。風呂上りにもつけることで保温力が高まったそうです。

ということで「冷え」について少し、理解ができたでしょうか。困っている方は「運動で筋肉をつける」、「ぷつぷつ汗がでてくるまで風呂に浸かる」、「常に腹まきをする」ということを継続してみてください!

タグ

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ