プロ野球解説者・山﨑武司氏が感じた「今年のドラゴンズへの期待」

TOKAI RADIO『Live Dragons!』(月17:15~18:00 火~金17:15~19:00 DJ平松伴康)『HOMERUN GARAGE』(ホームラン ガレージ)のコーナーでは、プロ野球通算403本のホームランを記録し、ドラゴンズなどで活躍したプロ野球解説者・山﨑武司氏が、野球人生での思い出ばなしなどを語っている。時には、趣味(クルマなど)の話も交えて、自身の大きな「GARAGE」に詰まった話を披露している。

キャンプは第2クールが終了したが

ドラゴンズの沖縄キャンプは、第2クールが終了し、このあと第3クールに入る。山﨑氏は「ここからが本当のサバイバル、競争になってくる。実戦練習で結果を出さなければ、2軍からほかの選手が呼ばれて、自分が2軍へ行くことになる」

「競争の時期に入って、若手は特に、ここからバチバチの、このままシーズンに入ってもいいよというぐらいの出来になっていなくてはいけない。当然だが、みんなプロに入ったら、1軍に残りたいし、レギュラーを獲りたいと思っている。ここから、またひとつシビアになってきて、どんどん切り捨てられていく」

自分自身に対する評価は過大になりがち

「人は、自分の仕上がりを過大評価しがち。自分では、結構、体ができている。アイツよりも上だよなと思いがち。自分もそうだった。でも、実際に勝負してみたら、負けてしまったというときに、その現実を突きつけられたときの、自分のメンタルがどうなっていくかということが、これからサバイバルになってきたときに一番大事なところだと思う」

自分のペースを守っているだけでいいのか

「自分のペースでやっていれば、結果はついてくるという人もいるが、後輩に言うのは『相手がいるよ。アイツに勝たなきゃダメなんだよ』ということ『自分のことだけやっていて、結果、アイツに勝てなかったらダメなんだ』ということ」

「個人競技じゃないので、ライバルを見てやらないといけない。ライバルが何をやっているか。キャンプは共同生活なので、ライバルのことをしっかり見ていることが大事」

小笠原投手が大きく変わったとき

「今のドラゴンズの選手で言うと、小笠原(慎之介)投手。やっとドラゴンズのエースになった。彼が活躍できなかったときの、練習の取り組み方、言動、まあまあ、こんなものと思っていたが、ある年のキャンプを見たときに『こいつ、変わるな』とすぐにわかった。『相当な信念でキャンプに臨んでいるな』というのは、見ればすぐわかる。この年から、心配ないなということが、すぐわかった」

今年のドラゴンズは

「野手に関して、若い選手が多いし、レギュラーで、今、決まっているのは、岡林と中田翔ぐらいで、ほかは全部競争。ということは(大きく変わったときの小笠原投手のような)そういう選手が何人も出てくるだろう。そうすると、チームの質が上がる。いい流れができていると思う」と期待を込めた。

Live Dragons!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:2024年2月8日 木曜日 17時15分~18時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

1980年以降、トップになった共和党候補は必ず大統領に ミシガン予備選でトランプ氏勝利

テレビ東京・解説委員の山川龍雄が2月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。共和党の候補指名争い6戦目・ミシガン州予備選について解説した。

トランプ前米大統領(アメリカ・ニューハンプシャー州ナシュア)=2024年1月23日 EPA=時事 ©時事通信

共和党ミシガン予備選でトランプ氏が勝利

飯田)アメリカ大統領選挙に向けた共和党の候補指名争いですが、2月27日にミシガン州で予備選が実施され、トランプ前大統領が勝利しました。民主党のミシガン州予備選も同日行われています。

アラブ系が多いミシガン州

山川)ほぼ「トランプVSバイデン」で決まりなのですが、1つ注目点がありまして、ミシガン州はアラブ系の人たちが非常に多いのです。イスラエルがパレスチナに侵攻したため、アラブ系の住民は怒っています。そのアラブ系がどのぐらいバイデン氏に反発し、反対票を投じるか。あるいはトランプ氏に対してどういう思いを持っているのか。ここが今回のポイントになります。

飯田)ミシガンも激戦州の1つですよね。

投票内容を分析する上でも重要なミシガン州

山川)大統領選の本選は、接戦6~7州で決まるわけです。そのうちの1つがミシガンですから、本選を踏まえて「どちらが勝つか」を見るためのデータが取れます。共和党に限って言うと1980年以降の予備選において、ミシガン州でトップになった候補は必ず大統領になっているのです。

飯田)そうなのですか?

山川)勝ち負けではなく、「どんな住民がどちらにどれだけ入れたか」を分析する上で、ミシガンは大事な州なのです。

バイデン政権の中東政策でのつまずきによる批判票がどのくらい出てくるのか

飯田)アラブ系の存在感も高まっているのですか?

山川)アメリカのなかではまだ数%ですが、高まっていますし、接戦州のなかにとても多い。また、ミシガン州は自動車産業の集積地で労働組合が強いですから、本来であれば民主党なのです。ところが、バイデン政権が今回の中東政策でつまずいていることもあり、批判票が出てきている。そこが今回のポイントだと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ