元ドラゴンズの山﨑武司氏「現役を長く続けるためには」

TOKAI RADIO『Live Dragons!』(月18:00~19:00 火~金17:15~19:00 DJ平松伴康)水・木の『HOMERUN GARAGE』(ホームラン ガレージ)のコーナーでは、プロ野球通算403本のホームランを記録し、ドラゴンズなどで活躍したプロ野球解説者・山﨑武司氏が、野球人生での思い出ばなしなどを語っている。時には、趣味(クルマなど)の話も交えて、自身の大きな「GARAGE」に詰まった話を披露している。

ベテラン選手のオープン戦の時期について

2月22日の放送では、開幕前の、オープン戦の時期のベテラン選手について話した。山﨑「ベテランになってからは、自分の体が動いてくれるか、その1点だった。『反応、悪いんじゃないの? 衰えが来てないか? 去年より、全力疾走して足の具合がよくないなあ』とか、そんなことばかり考えていた」

「体力のグラフで言えば、ベテランになったら、もう上がることないから、30代も半ばを超えたら下り坂になっていく。下りのラインをどれだけ緩くできるかが勝負」

体力より知識と考え方で

「30代半ば以降に結果を出すには、野球の技術というより、体力もパワーも必ず下がってくるので、知識と考え方で、いろいろと考えていく上で、僕には伸びしろがあったのでは。ということは、選手みんなにチャンスがあるということ。プロ野球の長い歴史の中で、自分で言うのもなんだが、30代後半から上がる人って、過去にも数えるぐらいしかいない。その中に、たまたま自分が入ることができたので、言うことができるのだが、気の持ちようが大きいと思う」

メンタルを大事にして一日でも長く

「ベテランになると、オープン戦で打ち過ぎても不安になることがある。でも、調子がいいなら『よし、行けるぜ!』と思えばいい話。オープン戦で打ち過ぎてしまって不安になる性分の選手もいる。メンタルの強化は大事。今はメンタルトレーナーがいるが、我々の頃はいなかった」

「今、全体に選手寿命は長くなってきている。40歳を過ぎてもやれる選手が増えてきていることは喜ばしいこと。プロなんで、18才だろうが、40才だろうが、結果を出せば、ベテランだろうが若手に譲るような遠慮はしなくていいと思う。息の長い現役生活を選手全員にしてほしい」

Live Dragons!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~19時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

江原啓之「人が不幸になるときに、必ず付随してくる3つの要素があります」その3つとは?

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

4月7日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。


江原啓之



<リスナーからの相談>
母が病気を患い、本人は「もう長くないかも」と落ち込む日々です。4人家族ですが、私は母に一番心を許しています。実家暮らしのため、もし母がいなくなった場合は、母から「お父さんと仲良く暮らして」と言われました。妹は一人暮らしなのですが、その妹にも協力してもらってとも伝えられています。

しかし私は、父と妹が正直苦手です。父は私に強く当たる傾向があり、妹とは犬猿の仲で話しませんし、目も合いません。この場合、家族で仲良くし、協力し合うのにはどんな心掛けが必要でしょうか? なるべく母の意向に添いたいとは思っています。最近不安で眠れない状態です。

<江原からの回答>
江原:愛情を込めて申し上げます。人が不幸になるときに必ず付随してくる3つの要素を「不幸の三原則」と言うのですが、その3つとは「自己憐憫・責任転嫁・依存心」です。

お母さんは立派な方かもしれませんが、相談者さんを自立させていませんでしたね。だから、相談者さんのお母さんに対する依存心が強くなってしまっている。実家暮らしで、いつまでも「お母さん、お母さん」と言っていて、大人になれていませんよね。

しかしお母さんはこういう状況ですし、今すぐ家を出ていくのはかわいそうですから、きちんと見送ってあげてください。それが、かわいがってもらったあなたの責務です。その後はしっかり自立しましょう。実務としてお父さんの世話を見るというのも、実家に住まわせていただいているのですから責務です。

それからは、自分の人生は自分で構築していく。年齢的には十分大人ですので、そろそろ独り立ちの時期なのではないでしょうか。お父さんが妹さんとやっていけるというのでしたら、あなたのほうが(家を出て)自立することもできますよね。お母さんが何を言っていようが、別に大丈夫です。人はみな、向こう(あの世)に還れば真実が見えるので、あとは何とでもなります。

ちなみに私はエンディングノートをつけていて、環境が変わるたびに内容を更新しています。いつ死んでも安心です。そして、自分に関することで「こうしてほしい」「ああしてほしい」という内容は、ほとんど書いていないんです。「自由にしてください」とだけ書いてあります。

だって、残された者からしたら困るでしょう? だから(遺族の)心の負担が一切ないように、「欲しいものは持っていってもいいですし、そうでないものは私の残したお金で処分してください」と書いています。そうすると、私も家族も、みんな楽です。

たくさんの方から、亡くなった家族の意向などについて「どうしたら良いでしょう?」というお悩みを相談されてきたので、私自身は「死後の臓器移植の意思」なども含めて、すべてを書いておくことにしたんです。周囲には「エンディングノートはパソコンのデスクトップに置いていますので、亡くなったらそれを読んでください」と知らせてあります。そういうこともやっておかなければいけませんね。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「自立して自由となる」


----------------------------------------------------
4月7日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 4月15日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ