SKE48 2次元にしか興味が持てない人の悩みに回答「アイドルは2.8次元」

土曜の夜、名古屋を拠点に活動するアイドルグループ、SKE48のメンバーが、ラジオのパーソナリティをつとめている。『SKE48♡ 1+1+1は3じゃないよ!』(毎週土曜日22:00-22:30)生放送でいろんなことをやっちゃう番組。4月6日は、高木由麻奈(チームKⅡ 写真左)都築里佳(チームS 写真右)福士奈央(チームE 写真中)の3人が、メールや電話で寄せられたリスナーからの悩みに答えた。その中からピックアップして紹介する。

アイドル2.8次元説

リスナーの悩み①「私は2次元が好きすぎて、3次元にあまり興味が出ません。このままじゃだめだと思っているのですが、なかなか変わることができません。どうしたらいいでしょうか」。に対して都築は、この相談者と「以前の握手会で、この話をしたことがある」と言い、「アイドル2.8次元説」という言葉を挙げて「アイドルを直訳すると偶像。実際はアイドルは3次元に存在するけど、いい意味で現実ではない(現実とは少し違うところに存在する)と思っていてくれることはいいことだと思う」と答えた。この後3人の「次元談議」に花が咲いた。

「えっ なめてんなあ」

リスナーの悩み②「人前で話す時にヘラヘラしちゃうんですけど、どうしたらいいですか」に対して3人は、まず「えっ、なめてんなあ」と一喝したうえで「ちゃんと自分を持って話すことは一番大切なこと。話すことはコミュニケーション能力。すごく大切なこと。この世の中で一番大事なことをしっかり頑張ってほしい。いろいろなところで練習してね。大人なんだからがんばれ。」とエールを送った。

3人のお悩みは

ちなみに3人の今の悩みについて、福士は「キャラが先行していて、見た目とかに触れられない」こと。「お笑い・バラエティキャラだと思って握手会にきたファンに『面白い子かと思って来てみたら、かわいいんだ』と意外に思われる」こと。そんな悩みに対してほかのふたりは「スゴイおもしろい系が本当はかわいいと思ってもらえるのはいいんじゃない」「そっちの方がいいと思う」「それで全部ワシづかみ」と、前向きにとらえたらとのアドバイス。高木は「声にコンプレックスがある」といい、「声がかわいかったら、声でかわいくみられる子もいる」に対し、ほかのふたりから「かわいい声でも、似た声の人がいたら個性が出ない」「オンリーワンが大事」との答え。都築は「今は生きることに精いっぱいすぎて、悩みとか考えているヒマはない」としたうえで「あえて、くだらない悩みと言ったら、ゲームのガチャでオシメンが出ないこと」と答えて、ほかのふたりから「本当にどーでもいいわ」と突っ込まれていた。ちなみに、4月23日が福士の誕生日ということでバースデーケーキが贈られた。

SKE48 1+1+1は3じゃないよ!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週土曜 22時00分~22時30分

※該当回の聴取期間は終了しました。

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ