『電波少年』ケイコ先生、浪曲の魅力語る「何役も演じ分けるのが楽しい」

東海ラジオの『源石和輝 ひるカフェ』(月~金 12:00~13:00)の5月15日の放送に、浪曲師の春野恵子がゲスト出演し、浪曲について語った。春野は、テレビ番組の企画「電波少年的東大一直線」で「家庭教師ケイコ先生」として一躍有名になったあの人だ。

「ケイコ先生」、「浪曲」との出会い

「ケイコ先生」のあと、バラエティ、情報番組、CM出演などを経験し、演芸に興味を持ち始めたのは2003年頃。講談目当てに出かけた浅草・木馬亭で「浪曲」と遭遇し、衝撃を受けたそうだ。その後、大阪の二代目春野百合子門下で修業を重ね、2006年3月に初舞台を踏み、関西を中心に全国各地で活動している。

浪曲は「ミュージカル」みたいなもの

伝統芸能の中での浪曲の特徴を問われると、春野は「浪曲は、三味線に合わせてメロディで語っていくもの。しゃべっていたと思ったら急に歌い出すところは、落語、講談のミュージカル版みたいなもの」と答えた。

浪曲にも新作あり

浪曲には、落語や講談同様、江戸の話が多いが、同様に新作もある。そして「とっつきやすいから」という理由で例に挙げる話の一節として、こんなくだりをスタジオで披露した。話の舞台は、アラサー、アラフォーの独身女性が多数生息する現代日本。フミ子という女性も独身で仕事をがんばっている。フミ子にはカナという友人がいて、二人は休みの日にはビールジョッキ片手に女子トークに花を咲かせる。その中で、会社でカナに嫌なことがあったシーンを再現した。

浪曲「スタジオライブ」は「アカペラ」で

「会社の若い後輩が『今度、私の友達が結婚することになったんですけどおー』、と言ったとたんに空気がサッと凍りつき、いかんぞ、だめだめ、タブーだろ。よりにもよって、カナさんの前で結婚話など、地雷を踏んでるようなもの。まるで、はれ物に触るように誰も口には出さないけれど、アイコンタクトがバチバチと飛び交う中のいたたまれなさ。その時、若い後輩がとどめの一撃食らわせた。『カナ先輩ってそんなに素敵なのに、まだシングルだなんてもったいないですねー』あんたに言われるまでもなく、私が一番そう思うって―・・・」

この日のスタジオは、三味線なしの「アカペラ」での披露となった。春野は、左右に首を振って演じ分け、さらにメロディに乗せて語っていく。表情もめまぐるしく変わる。春野は「ひとりで何役も演じ分けるのが本当に楽しい」と話す。

やっぱり古典を

そして「サンプルとして新作をやることもあるが、やっぱり古典を聴いてほしい。現代に通じる今の世代の人たちが聴いても共感できると思う」とも。古典の中でも 男女の話として、彼の気持ちをどうしても疑ってしまう恋心を描いた「番町皿屋敷」。ドラ息子が金をせびりにくる「女殺し油地獄」を例に挙げた。

是非「生」で一度

昨今は、テレビ、ラジオで浪曲を聴く機会はほとんどない。生で聴く機会も限られている。まずは一度、体験してみるところから始めてみたいもの。春野恵子の浪曲の会「浪曲ロッキュー2019」は5月22日(水)午後7時30分から名古屋市千種区の喫茶モノコトで開かれる。伝統芸能の中でも特に声の総合芸術といわれる浪曲。古典とエンターテインメントが融合したロックが楽しめるはず。

『源石和輝 ひるカフェ』
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 12時00分~13時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

“お風呂をすぐむ”ってどんな意味? OLDCODEX・Ta_2が愛知県の方言をレクチャー

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~」。9月10日(火)の放送では、リスナーからのメールに応えて、Ta_2の故郷・愛知県の方言をレクチャーしました。
(TOKYO FM「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年9月10日(火)放送より)

左からYORKE.、Ta_2



月ごとのメールテーマを設けて、リスナーと交流を深めているこの番組。9月のマンスリーテーマは「いま立ち向かっていること」です。この日は、「愛知県の方言を直したい」というリスナーからのメッセージを紹介しました。

「いま立ち向かっているのは、“方言を極力出さないようにする”ことです。私はTa_2さんと同じ愛知県出身ですが、標準語だと思っていた『言っとるよ』『やってこりん』『えらい』が方言だったことに今さらながら気付きました。地方出身の職場の先輩に意味が伝わらなくてマズイと思い、方言を直そうとしている最中です。とくに『えらい』が伝わらなかったときは、焦りました。“身体がだるい”と言いたかったのに、『誰が偉いの?』と聞かれて説明に困りました。方言の直し方って難しいですね」

Ta_2:スゲーよくわかるよ、これ。

YORKE.:「言っとるよ」は(イントネーションが)「言っ↗と→る→よ」じゃなくて、「言っ↗と↘る↗よ」なんだね。「やってこりん」ってなに?

Ta_2:「やっ↗てこり↘ん」ね。“やっておいで”ってことだね。

YORKE.:“やってごらん”みたいなこと?

Ta_2:そうそう。「言っとるよ」は、“言っているよ“って意味。

YORKE.:まぁ、これはわかるな。

Ta_2:「えらい」は“辛い”とか“しんどい”とか。

YORKE.:“たくさん”とか?

Ta_2:そう、(「えらい」には)“たくさん”という意味もあるから、愛知県や中部地方に行くと、「今日は、すげー疲れたな」を「今日は、えらいえらかったわ」って言うよ。

YORKE.:「えらいえらかった」?

Ta_2:「どえりゃーえらかった」という言い方もするね。

YORKE.:言葉を重ねていくわけだ。だから「えらい・えらかった」になるわけね。

Ta_2:あと、名古屋の言い方だと「でらえらかったわ」とか。あと、これは昔の方言だったらしいんだけど、こっち(東京)では、お風呂には「浸かる」って言うじゃない?

YORKE.:ああ、湯船に「浸かる」からね。

Ta_2:俺、ずっとそれを「すぐむ」だと思っていたの。

YORKE.:「すぐむ」?

Ta_2:それが「浸かる」って意味なのよ。だから(Ta_2の実家)鈴木家では、ずっと「もうちょっとお風呂に浸かってから出ておいで」というのを、「もうちょっとお風呂すぐんどいで」って言われていた。

YORKE.:その言い方、ちょっといいね。

Ta_2:これ、三河弁(愛知県東部の方言)のすごく昔の言葉のようで、使っている人ももう少ないみたい。

YORKE.:おもしろいね、言葉って。

Ta_2:たしかに。「えらい」とかは(東京の人には)伝わらなかったなぁ。

YORKE.:「えらい」「えらかった」と言われたら、「誰が?」ってなるよね、シチュエーションによっては。

Ta_2:でも方言って、可愛いと思うんだよなぁ。

YORKE.:いいと思う。方言を出さないようにしている感じが、またグッとくるしね。可愛いじゃん。

Ta_2:うん。だから、(方言が)出ちゃってもいいと思うんだよ。

YORKE.:いいと思う。俺は、福岡の方言「すいとーよ」(意味:好いているよ)が好きだね。あれは超いい! 言われたい(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月18日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~
放送日時:毎週火曜25:00~25:30
パーソナリティ:OLDCODEX
番組Webサイト:https://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

Facebook

ページトップへ