平原綾香、ラジオ愛語る「スタッフがどれだけ愛情込めて作っているか伝えたい」

平原綾香が9月11日の東海ラジオ3ワイド番組に出演し、ラジオに対する自身の思いなどを語った。東海ラジオ開局60周年記念ソング「radio radio」は平原の作品で「ラジオが女の子に恋をする」内容となっている。

最初に出演した『たくま・神野のどーゆーふー』では、その「radio radio」について「人がラジオに語りかける曲は多いが、ラジオが(人に)語りかける曲は少ない」と思ったことが曲作りのきっかけになったという。そして「ラジオがリスナーに語りかけるだけじゃなくて、ラジオのスタッフがどれだけ愛情を込めてラジオ(番組)をつくっているか、遠くにいる人たちにも元気になってもらえるように頑張っているか、ということを伝えたかった」と話した。

さらに「ラジオのスタッフが(打ち上げなどで)酔っぱらったときに、みんなで歌えることをイメージして、キャッチーなメロディにした」とも。平原は9月15日に名古屋市の日本特殊陶業市民会館でコンサートを開催する。9月23日には名古屋・栄のオアシス21銀河の広場で開催される「東海ラジオ 大感謝祭2019」に出演する。いずれのステージでも「radio radio」を観客と一緒に歌う予定。「radio radio」は、8月21日にリリースされたアルバム「はじめまして」に収録されている。

平原が次に出演した『源石和輝 ひるカフェ』では、ラジオ局の記念曲を作ったことで「ラジオがより好きになった。人の温もりが伝わるし、音楽を耳を澄ませて聴くと、音だけで聴く喜びを思い出させてくれる」と話した。

そして、番組のトークテーマ「ラグビー」について聞かれると「人生で初めて国歌独唱したのがラグビーの日本対イタリア戦。そのときにラグビーの面白さにハマって、ラグビーの精神もカッコイイと思った」と言い、岩手県のラグビー場でも国歌を歌ったことも話した。

そして、今月20日に味の素スタジアムで行われるラグビーワールドカップ開幕戦でも国家独唱することを発表した。国家独唱について平原は「最初は緊張するかと思ったが、ファンも選手も大声で歌うので緊張が解けた。みんなと一緒に歌うという感覚がとても素敵」と話した。歌のキーは、みんなで歌えるように本人のキーより低くしてあるとのこと。

最後に出演した『山浦!深谷!イチヂカラ』では、懺悔のコーナーで「19歳でデビューしたとき、名古屋に来て、そのときはじめて名古屋が愛知県にあることを知った」ことを懺悔した。地理には弱いらしい。

たくま・神野のどーゆーふー
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~12時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ