『コードギアス』福山潤&櫻井孝宏に出演のラブコール!『東海オンエア』

今週の『東海オンエアラジオ』(東海ラジオ 毎週日曜日 22:00~22:30放送)は、ゆめまる、虫眼鏡、てつやの3人でお送りしました。オープニングトークでは、てつやが今会いたい有名人について語りました。

てつやが今会いたい有名人は、『コードギアス』のあの人

オープニングでは、先週話題になった「今てつやが番組に読んで欲しい有名人」について語られた。てつやは、「1回無理そうな人言っていい?」と前置きして、アニメ『コードギアス』に出演中の福山潤、櫻井孝宏の2人を上げた。てつや自身『コードギアス』の大ファンとのこと。ただ、本当にゲストに迎えた場合「番組がのっとられる!」と危機感もあるようだった。さらに、現実的に番組が盛り上がるために呼びたい人物はアニメ『ドラえもん』でジャイアン を演じる木村昴さんを上げた。

オープニングトーク後の今日の1曲でゆめまるが選曲したのがサカナクション「アイデンティティ」。この曲を聴いたてつやは、「アイデンティティといえば、アニメ『ドラゴンボール』の声優さんのモノマネをしている芸人さん」とと切り出し、「あいたいな~!!会いたくなっちゃったな~。」とスタッフにアピール。ブース内で写真を撮っていたスタッフに向けて「写真撮ってないで、何とか言ったらどうなんですか!」と叫び、ブース内を爆笑させた。

てつや、恩師登場でハグの思い出を暴露される。

番組では、以前の企画で電話がつながらなかったてつやの中学校時代の恩師に再度電話。先生との思い出話に花が咲いた。電話で出演した先生は開口一番「ははは、バカじゃん(笑)」と一言。当時のてつやの印象を聞かれると「とぼけた子だった。悪いことはしなかった。」と話した。

さらに、中学時代のてつやとのエピソードを聞かれると、学校の長距離ウォーキングイベントでハグしてあげた事を回想。もちろん、先生はクラス全員にハグをしてあげるつもりだったが、男子の多くは遠慮していたという。そんな中、てつやはしっかりとハグをしてくれたのだそう。この暴露には、てつやもたじたじだった。さらに先生は、「東海オンエアの動画でてつやが活躍しているのはうれしいが、うんこネタは本当にいやだ。」と釘をさした。

東海オンエアラジオ
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時30分
出演者:東海オンエア
番組ホームページ
公式Twitter

人気YouTuber東海オンエアのレギュラー番組。動画では見られない彼らの一面が聞けるのはこの番組。

※該当回の聴取期間は終了しました。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ