「カルロス・ゴーン被告の逃亡事件」について、弁護士・岩城善之の見解

愛知県弁護士会の岩城善之氏が、東海ラジオ『タクマ・神野のど~ゆ~ふ~』に出演して、カルロス・ゴーン被告の逃亡事件について見解を述べた(1月28日午前10時~)。岩城氏は「(ゴーン被告は)レバノンでの記者会見で持論を述べたが、いくつかの主張は的を射ていない」と指摘した。

岩城氏は、ゴーン被告が、日本の司法制度を「人質司法」と批判していることについて「否認していると保釈が認められないというのは過去の話になりつつあり、現にゴーン氏も保釈が認められている。結果、それで逃亡した。日本の司法制度がおかしいことを訴えたいから逃亡したというのは本末転倒」と話した。ただし、ゴーン氏が4回も逮捕拘留されたことについては、問題ありとした。

ゴーン被告の「日本では起訴された後の有罪率が99.4%で、起訴されたらほぼ全て有罪になるので、公正な裁判が受けられないと判断した」との主張については「日本の起訴後の有罪率が高いのは、検察官が慎重に起訴しているから。それは、起訴されることで、周りから犯罪者扱いされてしまうことを防ぐため。法務省の統計では、検察庁に来た事件のうち、起訴されるのは3分の1ぐらい。それだけ慎重に起訴する事件が選ばれている」と述べた。そして「ゴーン氏が逃亡したのは、日本の有罪率99%がおかしいと訴えたかったためというより、単に有罪になりたくなくて逃げたかったのではないか」と話した。

ゴーン被告が、保釈条件として「妻と会わせないのは非人道的だ」と批判していることについて、岩城氏は「この妻との接触制限については、あくまで制限であって禁止されているわけではない。妻と接触制限が付いたのは、この妻が、ゴーン氏の共犯者であると疑われていたから。共犯者との接触が禁止されるのは当然。それのみで非人道的と言うことには違和感がある」とした上で「ゴーン氏の最初の逮捕が平成30年11月なのに、それから1年以上経過した逃亡時点でも、第1回の裁判期日が未定だったのは、長すぎるのではないかという問題はあると思う」とも述べた。

「保釈条件にGPSをつけていればよかったのではないか」という意見については、GPSをつけた車への令状なしの捜査が適法な捜査かが争われた事例を挙げ「弁護人も実はGPS監視を申し出ていたが、今回は裁判所がそれを採用しなかった。安易にGPS監視付きの保釈が認められるようになると、それはそれで問題であるし、他の場面にも運用が拡大される恐れもある。しかし、勾留されている容疑者から『GPSで監視されてもいいから出たい』と言われたら、弁護人もそれに応じると思う。政府内で検討されているので、今後、早期に導入されるかもしれない」

最後に、保釈保証金が安すぎたとも言われていることについては「保釈保証金は、通常、保釈を決定する裁判官が決めるが、裁判官としては15億円もあれば十分だろうと思ったんだと思う。富裕層に関しては、お金の感覚が全然一般の人と違うので、資産状況の調査を行った上で慎重に判断すべきであったと思う」と述べた。

番組では、今回「カルロス・ゴーン被告の逃亡」を取り上げたが、普段は、聴取者からの「離婚、相続など、親族間の問題」や「近隣トラブル」など、弁護士への相談、質問を募集して、それに答えている。相談、質問は、メール、ファクス、はがきで受け付けている。メール:doo@tokairadio.co.jpファクス:052 961 0077 はがき:郵便番号461 8503 東海ラジオ 宛名はいずれも『タクマ・神野のど~ゆ~ふ~・教えてど~ゆ~ふ~火曜日係』

タクマ・神野のど~ゆ~ふ~
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~12時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

三四郎・小宮、優しい気遣いが災難に ストレスフルな一日を語る

2月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。先日、小宮が恵比寿の一本道を歩いていたところ、後ろで車のクラクションが激しく鳴った為、心配で様子を見に行ったが、そこで災難にあったと語った。

小宮:見に行ったら、車が3台並んでいたの。一本道で。一番前が全然進まない様子だったの。

相田:うん。

小宮:進まないから、一番後ろの運転手がしびれを切らして、“プープープー!”って。『何やってんだ!? 邪魔だよ!』みたいな。

相田:まあ、それは仕方ないか。通り抜けできないからね。

小宮:そうそうそう。後ろの人はわからないからね、前の様子を。『何やってんだ、一番前の人は!?』と思って。僕、気になったから、一番前の車の所に行ったの。倒れていたりしたらヤバいじゃん?

相田:確かに。

小宮:一番前に行ったら、一台目の車の中に運転手さんがいなかったの。どこかへ行ってたいんでしょうね。コンビニなのかわからないけど。

相田:止めているんだね。

小宮:そう、車を止めて『どういうつもり!? これ、絶対に通れないからヤバいよ』と思って。2台目の人もちょっと困っている感じになって。

相田:はいはいはい。

小宮:で、一番後ろの人が降りて来て。色黒で、オールバックでサングラスをかけて。僕と同じ歳ぐらいかな。スーツをビシッと着て、ちょっとヤンチャそうな感じで。

相田:なるほど。

小宮:そのスーツを着た人が、一番前の車を覗きに行って『何やってんだ! 邪魔だ!』みたいな。『邪魔だ、邪魔だ! あ!? 運転手、いないのかよ! どこだよ、運転手! どうなってるの?早く行かなきゃいけないのに、これじゃ通れないよ!』みたいな。(僕が)『え!?』って言ったら、『お前、運転手?』ってなって、目も合っちゃって。

相田:うんうんうん。

小宮:『お前、運転手か?』って。『いやいや、僕は運転手じゃないですよ』、『じゃあ、なんで見てんだよ!』、『いや、僕は違うんですよ』、『お前、そうだろ!』って。結構、怖かったから、『僕、免許を持ってないんで』って変なことも言っちゃって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:だって、怖いから。絶対に運転手じゃないアピールをしないといけない。『僕、違うから…』、『じゃあ、どうなってるんだよ! 行けねえんだよ! おかしいだろ!? え!? 三四郎?』みたいになって。

相田:ははははは(笑)。

小宮:『は!? お前、何? 三四郎?』って。マスクはしてたけど、メガネはかけてないから。『何、これ?』って、あっちも焦って。いきなり芸能人がいるから。『あ!? 何、これ!?三四郎!? 撮影!? 撮影で滞ってるの?』って。

相田:ははははは(笑)。なるほど! そうか!

小宮:撮影の一環で、何かドッキリに引っ掛けられているのかな? みたいな。

相田:モニタリングみたいな。

小宮:そうそう。『いや、撮影じゃないですよ。僕も知らないんですけど、(運転手が)中にいないんで、一瞬探そうかなって思ったんですよ』って言ったら、『マジで!? おかしいよな、これ。困るよな』ってなって。『お前も知らないの?』って聞かれて、『知らないです』って答えたら、『ああ~。じゃあ、とりあえず握手して』って言われて。

相田:ははははは(笑)。

その後、二台目の運転手も含めて会話をしていると、一台目の運転手が戻って来たと振り返る小宮。結局、その一台目の運転手は長電話をしていたが、反省の色が見えなかったと語り、しかも最後にはサインをねだってきた為、「めちゃくちゃストレス溜まった」と怒りを爆発させていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ