横浜銀蠅の翔、デビュー当時から続く、ある男性アイドルとの噂の真相を告白

横浜銀蠅40thの翔とJohnnyが、東海ラジオ『山浦!深谷!イチヂカラ!』にゲスト出演し、デビュー当時からの、ある噂についての真相を語った(1月29日14時過ぎ~)。当時の歌番組の楽屋での出来事が、横浜銀蝿と人気男性アイドルをめぐる噂の元になったというもの。

横浜銀蝿の結成は1980年9月、翌年1月に発売した「ツッパhigh School Rock’n Roll(登校編)が大ヒットし、いきなりスターの仲間入りをした。当時の歌番組はアイドル全盛で、アイドル達と横浜銀蠅は、同じ並びの楽屋だったそうだが、楽屋の仕切りの壁が非常に薄かった。

ある男性アイドルが、楽屋でかなり大きな声で話をしていることがあった。若かったころの翔のあだ名は「瞬間湯沸かし器」、すぐにカッとなるところがあった。隣の楽屋がうるさかったことで、翔は思わず「お前たちだけの楽屋じゃないだろう!」と怒鳴りながら、男性アイドルがいるほうの壁をバーンと叩いた。すると、ベニヤの壁は思いのほか大きな音を立て、楽屋全体に響き渡った。続けて翔が「うるせえんだよ、おまえら!」と言ってしまったものだから、その瞬間、すべての楽屋がシーンと静まり返った。

翔は「やりすぎたかなあ」と思いながら、その日の出番を終えたが、翌月、同じ番組の楽屋に行くと、横浜銀蠅の楽屋は、一番奥の遠いところに変わっていた。そのとき翔は「おかしいだろう。騒いでいたのは、あいつら(男性アイドルたち)だから、移動するのはあっちだろう。なんで俺たちなんだ」と思ったそうだ。この出来事があってから、「(当時の、ある人気)男性アイドルが、横浜銀蠅に、楽屋で脅されたらしい」という噂が広まったということだ。この噂は翔の耳にも入っていたということだが、翔はあえて(脅したわけではなく、うるさかったことに対して怒っただけだという)真相を口にすることはなかったという。

あれから数十年、翔が、徳光和夫に会ったとき、徳光から「(元男性アイドル)から聞いたよ。もう、そろそろ本当のことを話したほうがいいんじゃない」とアドバイスされ、最近になって、やっとコトの真相を話すことに。翔は「あの頃は、お互いに若かったから。もう、水の流そうぜ」と元男性アイドルに呼び掛けていた。

横浜銀蠅は、デビュー40周年の2020年、オリジナルメンバー(嵐・翔・TAKU・Johnny)で1年間限定で活動する。2月19日には、オリジナル&ベスト・アルバムと自叙伝を発売。コンサートツアーの名古屋公演は、3月29日(日)Zepp Nagoyaで開催。

山浦!深谷!イチヂカラ!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ほとんどのことは大丈夫」 元陸上・為末大が語る“子育て”論

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(4月5日放送)に、男子400メートルハードルの日本記録保持者・為末大が出演。自身の子育て論について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):為末さんは現在、子供達にハードルを教えていらっしゃるのですよね。心掛けていることはありますか?

為末:最初は、ハードルを1人ずつ跳んでもらっていたのですね。そうすると、誰かが転んだ途端にみんな恐怖で震え上がって、誰も跳ばなくなってしまったのです。これではいけないと、ハードルを5列にしました。同じように跳んでもらったけれど、また転んでビビってしまう。だから最後は5列のハードルで、前の子が転んでも関係なく、後ろの子がスタートするようにしたのです。そうすると転んだ子供も、後ろが来ているので仕方がないと進みます。
これで確信したのが、失敗したときにいちばん傷つくのは「膝」ではなくて、「人から見られていること」だと。転んだ瞬間、誰も見ていない状況をつくると、案外みんな跳んで行くのです。ハードルの高さも変えてあるので、高いところへ行ってもいいし、ダメなら低いところへ行ってもいいよと言うと、みんな自分に合ったところに行きます。気分が乗って来たら高いハードルへ行って、「跳べてラッキー!」というような。ハードルは足の速さと違って、高さを自分で選べるので便利です。

淵澤:ちょっとした工夫で、子供達の心は変わるのですね。

為末:いちばんやってはいけなかったのが、転んだ瞬間に「大丈夫?」とみんなが行くこと。いちばんいいのは無視することです。

淵澤:なるほど。――最後に、ラジオの前の子育て中のママやパパへ、メッセージをお願いします。

為末:ほとんどのことは「大丈夫」という感じがするのですよね。うまく行かなかったり、あきらめても大丈夫。僕は小学校6年間、通信簿に「授業中、黙っていられない」「先生の話を聞けない」と書かれていました。でも陸上教室に行ったら、黙っていられないということを「この子は好奇心が強い」と言われたのです。弱点と思っていることは、環境を変えると急に長所になることがある。いまの環境に合わせようとするよりも、迷惑をかけない程度に、ちょっと折り合う程度でいい。活きる場所へ行けば急に伸びることがあるので、なるようにしかならないから、ほとんどのことは大丈夫です。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ