寺嶋由芙、ツアー初日に歌詞が飛んで、どや顔から一転、平謝り

「古きよき時代から来た、まじめなアイドル、まじめにアイドル」がキャッチフレーズの寺嶋由芙が『山浦!深谷!イチヂカラ!』にゲスト出演して、コンサートでの失敗談を披露した(2月7日14:10頃~)。

平成生まれの寺嶋だが、黒髪・ロングのヘアスタイルが、平安時代の姫のようであり、80年代アイドルを思わせる曲を歌うことが多いことから「古きよき時代」なのだそうだ。

その寺嶋がやらかした失敗というのが、全国ツアー初日の沖縄公演で「思いっきり歌詞を飛ばしてしまった」というもの。「結構、ガッツリ飛ばしました。ごめんなさい」と平謝り。

前回のツアーでは、各公演地でくじ引きを行い、セットリストにはない曲を歌うという企画が盛り込まれていた。スタッフから「(客によるくじ引きで)どんな曲が来ても大丈夫?」と聞かれた寺嶋は「大丈夫!私、寺嶋由芙なんで」と自信満々に答えていたが、ウラでこっそり練習してからドヤ顔で臨んだらしい。

しかし、結果は、スタッフの心配通り、いや、それ以上に、肝心のサビで歌詞が飛んでしまうという事態に。その時、寺嶋は思わずマイクを客席に向けて助けを求めた。が、観客も突然のことに反応できず、歌詞を忘れたことがバレバレになってしまった。

「初日からカッコよく決めたかったが、やらかした。今後は気を付ける」と反省しきり。番組パーソナリティの山浦ひさしから「そういう話は時々聞く」などと慰められたが、懺悔の内容によってPR時間がきまる判定では「懺悔の価値なし」と判断され、最短の5秒にとどまった。

寺嶋は、2月26日にニューシングル「#ゆーふらいとⅡ」をリリースする。6年前のソロデビューシングルのアンサーソングで、同じクリエイター陣を迎えた作品。

ソロデビューから6年で変わったことを聞かれると寺嶋は「ソロ活動を楽しめるようになった。最初はプレッシャーが大きくて、その不安をかき消すような内容の、背中を押してもらう曲だったが、新曲は、誰かの背中を押す内容の歌詞になっている」と成長の跡を伺わせた。

新曲リリースのあとは、全国ツアーが待っている。ツアータイトルは「寺嶋由芙のクチコミ☆3.8以上余裕越えツアー」で、名古屋公演は、3月21日(土)16:30~大須演芸場で開催される。

山浦!深谷!イチヂカラ!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

乃木坂46賀喜遥香「『えへ、えへへへ』って笑っちゃって(笑)」山下美月の卒業コンサートで披露した「I see...」の“あおり”を反省!?

乃木坂46の賀喜遥香がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! 乃木坂LOCKS!」(毎週木曜23:08頃~)。5月16日(木)の放送は、リスナーから寄せられたメッセージを紹介するとともに、5月11日(土)に東京ドームで開催された「乃木坂46山下美月 卒業コンサート」DAY1を振り返りました。


乃木坂46の賀喜遥香



――リスナーが話したいこと
「遥香先生、美月さんの卒業コンサートおつかれさまでした! 私が特に印象に残ったのは、1日目に披露した『I see...』です。美月さんと2人でセンターに立つ遥香先生は、いつにも増して笑顔が本当にかわいかったですし、見ているこっちもずっと楽しくて“この時間が永遠に続けばいいのに”と思っていました。美月さんも遥香先生のいいところを見つけてくれたけれど、私たちも負けないくらい遥香先生のいいところをもっと見つけて、これからもずっと乃木坂46を応援していきます!」(24歳)

――「アドリブ対応中にまさかのハプニング!?」

賀喜:ありがとうございます! DAY1では「I see...」を(美月さんと)一緒にセンターで披露させていただきました! 「I see...」は先輩の卒業コンサートで披露することが多くて、そのたびに私が曲の間奏であおることが定番になってしまっています(笑)。

いつもは間違えちゃったらイヤだから文言をちゃんと決めるんですけど、今回は「美月さんと2人で(あおりを)やってください」って言われて。だけど、美月さんは1日目も2日目も、曲だったり、MCだったり、覚えることがいっぱいすぎて“そこまで覚えられないだろうな”って思っていたんです。

それで、美月さんと「『I see...』のあおりはどうしましょうか?」とお話をしたときに、美月さんから「賀喜に任せるし、2人であおるところは流れに任せてノリでやっちゃおう!」と言われたので、初めて文言を決めないでやってみたんですね、「東京ドーム声出せ~!」って。

そうしたら、美月さんが「かっきーも盛り上がっているか~!?」と言って、「おー! いけるぞー! 美月さんも一緒に盛り上がりましょう~!」って言った後に、私がめっちゃマイクに乗せて「えへ、えへへへ」って笑っちゃって(笑)。いつもだったら間奏でカッコよく「この後も盛り上がっていくぞ!」みたいに言いたいのに、「美月さんも一緒に盛り上がっていきましょう! えへ、えへへ、えへへへ……I see」って曲に入っちゃったことをすごく反省しました(笑)。

終わった後、マネージャーさんに「私の変な笑い声が入っちゃいましたよね」って聞いたら、「でも、それが卒コンっぽいし“賀喜は本当に美月さんのことが好きなんだな”っていうのが、あの一瞬で伝わってきたから、いいと思うよ!」と励ましてくれたので、結果的に良かったかなって(笑)。若干の後悔はあるんですけど、楽しかったですね! もし見返す機会があったら、私の気持ち悪い笑い声も聴いてみてください(笑)!

----------------------------------------------------
5月16日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月24日(金)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ