シンガーソングライター中村中、止まらないソン・ガンホ愛

シンガーソングライターの中村中が、2月12日(水)の東海ラジオ『山浦!深谷!イチヂカラ!』にゲスト出演し、韓国の俳優、ソン・ガンホに対する熱い思いを語った。中村は、第92回アカデミー賞作品賞を受賞したソン・ガンホ出演映画『パラサイト 半地下の家族』をすでに2回みたそうだ。

中村は「(ソン・ガンホのことが)好きすぎて、彼は結婚しているが、道ならぬ恋をしてでも一緒になりたいという気持ちがある。ごめんなさい」と胸の内を明かした。そして「顔面力が素晴らしい。コミカルな演技もできれば、ものすごいシリアスもできる。『パラサイト』の中でも、鋭い眼光にカメラが寄ると『あー、来た来た!』と楽しんでしまう。ああ素敵!」とのこと。

さらに、この映画の内容については「格差社会を描いているのに、エンタメになっているところが、かなり面白い。笑えるところもいっぱいあるし、考えさせられるところもたくさん」と絶賛。すでに2回みたという中村に、番組パーソナリティの山浦ひさしから「ちゃんと中身もみていたんですね。ソン・ガンホばかりみているものと思っていた」と言われると「2回目は(ソン・ガンホばかりみていた)」と明かし、スタジオの笑いを誘っていた。

また、山浦が、あまりにソン・ガンホ愛が強い中村に対して「これは価値観の違いだが、正直に言うと(ソン・ガンホは)ただのおっさんにしか見えない」と言うと「一見、そのへんにいるおじさんにみえてしまうほどの演技力だということ」と、山浦の発言を逆手にとって、ソン・ガンホの魅力を強調していた。

現在、アコースティックツアー中の中村は、6月27日に、バンドでのライブを東京・日本橋三井ホールで行う。1月25日にリリースされた新しいアルバムのタイトルは「未熟もの」。中村は「未熟と言うと、成長途中の人(子ども)を想像するが、日ごろのフラストレーションを子どもにぶつけてしまう大人もまた未熟もの」と言う。多くの「未熟な人たち・どこか欠けた人たち」が出てくるアルバムだ。

中村自身「子どもの頃から、生意気なところがあり、大人をよく怒らせていた。理不尽なことを言われているなと思うと『今のはどういう意味』と反論して、家族から手を出されることもあった。自分が悪くないと思っているときは、反省もできないし『何でこんな言われかたしなきゃいけないんだ』と思うこともあり、見過ごせない世間の出来事を歌にしてみた」と話した。

山浦!深谷!イチヂカラ!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

新型コロナ「感染報告された場所」がピンポイントでわかる!「マップ」の提供開始

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月6日(月)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、報道ベンチャーの株式会社「JX通信社」代表取締役・米重克洋さんに、「新型コロナウイルス・感染事例の“見える化”」について話を伺いました。


※写真はイメージです


厚生労働省は4月2日(木)に、新型コロナウイルスの感染者集団「クラスター」の分布を示すマップ「全国クラスターマップ」の最新版を更新。3月31日(火)までに全国で確認されたクラスターは、14都道府県・26ヵ所となりました。

このようななか、新型コロナウイルスの感染者が出た場所を“見える化”するアプリも登場。報道ベンチャー企業「JX通信社」が提供しているアプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」内でも、新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始しました。今回は、同社の代表・米重さんに伺いました。

鈴村:こちらの反応はいかがですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。リリース後、金曜~土曜にかけて、App StoreとGoogle Playで、それぞれ総合1位までランキングが上がりました。“想像以上に反響が大きいな……”という印象です。ユーザーからは、「家の周りで起こっていることを知らなかった感染事例がわかった」といったお声をいただいています。

鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか?

米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。無用な風評被害を防ぐために、例えば「消毒が済んでいる」という情報があれば、そちらも含めて掲載します。

鈴村:このマップは、何を期待して作られたものですか?

米重:まずは「行動抑制」ですね。むやみに動き回るのを止めてもらいたい。そして「風評被害やデマの問題」です。“根拠のない噂”による風評被害が非常に増えていますので、それらを公式情報でしっかりと打ち消していきたいという思いもあります。

鈴村:今回紹介したマップ「感染事例が報告された場所の情報」は、JX通信社さんが手がけたものです。(本来であれば)政府がこのようなものを作る必要があると思いつつも、なかなか難しいという状況で、民間企業が作っています。でも、今とにかくほしいのは、こういうマップやアプリなど、正確な情報を入手できるものです。

そうなると、この際、“誰がやるか”は、関係ないなと思いました。こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。今、SNS上で、新型コロナウイルス感染に関するデマが非常に広まっていて、そういうときにこのマップで確認すれば、現在、感染が広がっている地域が一目でわかる。正しい情報の集約に、すごく役に立っているなと思いました。

「NewsDigest」アプリダウンロード用URL
▶▶iPhone版はコチラ
▶▶Android版はコチラ

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年4月14日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ