Little Glee Monster『リトグリのハモれでぃお』いよいよ3月29日が最終回。

Litter Glee Monsterがパーソナリティを務める東海ラジオの『リトグリのハモれでぃお』が、3月29日(日)22:30~23:00の放送で最終回を迎える。22日の放送では、エンディングで「来週が最終回」ということに触れたが、番組の内容は、ほぼ、いつもどおりで、メンバー同士のテンポのよい会話で各コーナーを盛り上げた。

22日の番組の前半は、久しぶりの「リトグリのショートストーリー」のコーナー。メンバー5人が順番に主役となり、ストーリーを進行させていくが、主役以外のメンバーのセリフは、アドリブ中心で、それに主役がどう対応するかも聴きどころ。大筋は、女子が、あこがれの先輩とコンサートに行く約束をして、待ち合わせ場所にいると、寄ってきたヘンな男子にナンパされそうになったり、偶然、友人が現れたりするというもの。

主役の女子に絡んでくる男子役のメンバーは、強烈なキャラで迫ってくる。友人役の女子もしつこい。あとから現れる先輩も、かなり個性的に演じられる。声色、ものまねありで、演じている本人たちも大笑い。ノリノリで実に楽しそうだ。盛り上がりすぎて、収拾がつかなくなるケースが多く、その時には「天の声」に助けを求めて、オチをつけるという具合。とにかく本人たちが楽しんでいることが伝わってくるところがいい。

そして、番組の後半は、リスナーからのメールに応えて、メンバーたちがトークを繰り広げた。「褒められてキュンとすることばは?」という質問に「ありがとう」や「かわいい」を挙げたが、その話を広げて「やること(=行為)がかわいいと言われるとうれしい」という意見も。「お茶をこぼして、慌てて拭くときの行動とか」などと例を挙げて答えていた。

ほかに「子どもの頃、好きだったアニメ・ゲームは?」という質問をきっけに、メンバーたち、それぞれの話が次々に出て、最後のほうでは、共通のゲーム・アニメソングを歌いながら大いに盛り上がっていた。まさに、女子トークに満開の花が咲き、それを即興のハーモニーで、さらに彩るといったところか。

ほぼ、いつのどおりの番組内容でエンディングを迎え「いよいよ来週は最終回となります。最後まで楽しんでいただけたらな、と思います。私たちも精いっぱい頑張ります」という言葉で締めた。2014年10月にスタートした東海ラジオ『リトグリのハモれでぃお』は、いよいよ3月29日(日)22:30-23:00の放送が最終回となる。これまでと、ほぼ同じなのか、最終回スペシャルになるのか、楽しみだ。

リトグリのハモれでぃお
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週日曜 22時30分~23時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ