元中日ドラゴンズ山﨑武司氏、古巣・楽天に恩返しできたときの「あの1球」

東海ラジオ『ドラゴンズステーション』で、野球解説者の山﨑武司氏が話した「記憶に残るあの1球」(5月19日18:00頃~)。2013年5月17日、ナゴヤドームでの中日対楽天戦。3対2とリードされて迎えた9回裏、1死、走者2塁3塁、代打で登場した山﨑氏は、劇的な逆転サヨナラタイムリーヒットを放った。楽天・青山投手の渾身の1球を見事にレフト前にはじき返したのだ。

「古巣への恩返し」の絶好の舞台

山崎氏は、2011年まで楽天でプレーしていた。9回裏、1死、走者2塁3塁、いわゆる“古巣に恩返し”するには絶好の場面での代打起用だった。この場面、1塁が空いていることで、勝負してこない可能性もあったが、山﨑氏は「次のバッターは大島、(楽天)星野監督は、絶対に(自分と)勝負してくる」と確信していたという。

1ボールからの2球目、楽天・青山が投げた球はインコースのシュート。山﨑氏の一番苦手な球が来た。しかし「あんなにきれいにシュートを打ったのは、プロ野球人生で一番」という打球はレフト前へ。「アドレナリンが出まくった」という会心の1打だった。

楽天・星野監督大激怒

「鮮明に覚えている」という山﨑氏は、スタジオで、その場面を振り返りながら「これには、後日談があって…」と続けた。試合後、楽天の嶋捕手から電話があり「武司さん、大変なことになってます。星野監督がすごかったんです。僕、本当に、メチャクチャ怒られました」という内容だった。そのとき山﨑氏は「星野監督が半端なく怒っている姿が目に浮かぶようだった」「してやったりだな」と思ったという(笑い話)。

山﨑氏の読み勝ちだったが

「星野監督の(山﨑勝負の)指示、(バッテリーの)内角シュートの選択、全然間違っていない。普通だったら、あのインコースは打てない。青山のシュートはいい。嶋はシュートで詰まらせる組み立てをしてくるだろう」山﨑氏は、インコースの球を頭に入れていたというが、自分でも驚くぐらいのいいバッティングができたとのことだ。

「打った瞬間、うれしかった」山﨑氏は、次の瞬間、ふと我に返って「青山と嶋、大丈夫かなあ」と思ったという。案の定、嶋からの電話連絡で星野監督の怒りを知り、嶋に「やっぱりそうか。ごめんな」と言ったそうだ。星野監督をよく知る山﨑氏の頭には、喜びの直後に、指揮官と後輩のことが頭に浮かんだのだ。

かわいい後輩たちへの思い

山﨑氏は、楽天時代にチームを強くしたいために、あえて厳しく後輩指導に当たった。その思いに応えて、ついてきてくれた選手のうちのふたりが青山と嶋。嶋は、今シーズンから東京ヤクルトに移籍して再起を誓う。青山も現役を続けている。山﨑氏は「彼らの活躍する姿を見たい」とエールを送った。

東海ラジオのプロ野球解説者がコメンテーターを務める『ドラゴンズステーション』(月~金16:00~19:00)。番組の中の「記憶に残るあの1球」のコーナーでは、解説者が、現役時代・コーチ時代を通して経験した、今でも鮮明に記憶に残っている試合や出来事を紹介している。山﨑氏のほか、ドラゴンズステーション東海ラジオのプロ野球解説者は、権藤博氏、鈴木孝政氏、鹿島忠氏、山本昌氏、谷繁元信氏、大西崇之氏、井端弘和氏、森野将彦氏、など。

ドラゴンズステーション
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 16時00分~19時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

賀来賢人の動物占いは“チーター”!? 「お調子者で卑怯って書いてありました(苦笑)」

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。7月6日(月)~7月7日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークや番組企画をお届けしました。


パーソナリティの賀来賢人



◆会長は“占い”好き?
7月6日(月)の放送では、クラブ会員から届いた質問メッセージに、会長(※本番組での賀来の呼称)が答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「最近、ケンクラ(※本番組の略称)を聴きながら新聞の夕刊を読むという素敵なスタイルを編み出しました。好きなコーナー記事は、“明日の運勢“です。会長は、占いは好きですか?」(男性)

先日、初めてタロット占いをしてみたという会長は「全然当たっていなくて……」と苦笑い。さまざまな占いがあるなか、なぜタロット占いだったかというと「本当は“イルミナティカード”が欲しくてネットで買ってみたら、タロットカードが届いちゃったんですよ(笑)。でも“やってみよう!”となって、占ってみたんですけど、全然当たらなかったんですね」と経緯を説明。

その結果に、「タロット初心者だから“こうなったのかなぁ!?”みたいな。でもやり方がそれしかないから……でも占う人が上手いと、きっと信じちゃうんだろうなって。対面する占いは、テクニックも含めての占いなのかなって思いますよね」と感想を口にします。

会長によると、過去に何度か手相を占ってもらったことがあるそうで「僕ね、手がしわくちゃで線がすごく多くて、大体『君は天下を統一する手相を持っている』って言われるんです。『20代後半から天下を統一する』って言われているんですけど、なかなか統一しないから、“いつするんだろう”と思って……もっとガッツリと時間をかけて占い師の方とお話してみたい」とコメント。

ちなみに、動物占いは“チーター”だったそうで「お調子者で卑怯って書いてありました」と苦笑いを浮かべていました。

◆会長が“七夕”に聴きたい曲は?
7月7日(火)の放送では、この日は“七夕”ということで、「ケントズ・レコメンドソング・七夕スペシャル」と題し、会長が七夕に聴きたい曲をレコメンドしました。

「この前の『ケンクラ・レコメンド』(※クラブ会員から届いたメッセージにピッタリな曲を会長がチョイスする企画)の流れで、もう一発この曲にしたいと思います!」とセレクトしたのは、久保田利伸さんの「流星のサドル」。

この曲をオンエアしたあと、会長は「この電子音、“テレッ、デレッ、ドゥクドゥン♪”みたいな始まり方がカッコイイ。久保田さんの声がまたハイトーンなんですよ。だからカラオケで歌うのが、なかなか難易度が高い曲なんですけどね。

『流星のサドル』っていうタイトルが気に入って、この曲を一生懸命覚えました。久保田利伸さんが好きなんですよね。日本人離れした歌唱力で、いつもワクワクしながら聴いております。みなさんもぜひ聴いてみてください!」とおすすめしていました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ