「天才ドクターだけど野球バカ、その特徴は?」リスナー参加のデラスキッパーズ人気大喜利コーナー

東海ラジオ『ドラゴンズステーション』金曜日「デラスキ!場内ホームラン!」のコーナーは、お笑いコンビ・デラスキッパーズ(町田康介とトシボーイ)が、リスナーからの投稿を面白おかしく紹介する人気コーナーだ。7月24日のお題は「天才ドクターだけど野球バカ、その特徴は?」。

「手術がうまくいったら、どらほーで喜ぶ」と、最近の流行語を入れたもの。「手術の成功率がビシエドの打率と同じ3割2分7厘だ」これには「めちゃめちゃ低い」「10割じゃなきゃ天才じゃない」「そのドクターには手術してもらいたくない」などの反応が。「ドアラのバク転の成功率と自分の手術の成功率がリンクしている」これにも「天才なんだから、常に成功してくれよ」とのツッコミが。

「イリョウミスと聞くと井領選手がエラーをしたと勘違いする」医療ミスを(ドラゴンズの)井領選手の失策とかけたもの。これはスタジオ高評価。「注射の時だけ、イチロー選手に憧れて左打ち」スタジオでは「あぶない」とのツッコミ。「休みがなく、どんなにつらい勤務の中でも、1981年の宇野選手のヘディング珍プレーを思い出すと頑張れる」「ナースとの会話は、患者にバレにように、口元をグローブでかくしながらしゃべる」

「心臓マッサージが『狙い撃ち』のリズム」甲子園のチャンステーマにかけたもの。「サムソン・リーと同じ髪形をしている」「手術の時に使う傷口を縫う糸が、サムソン・リーの後ろ髪だ」など、デラスキお気に入りのサムソン・リーネタも。「薬の説明の時、食前は先発。食間は中継ぎ。食後はストッパーと言う」これもスタジオ高評価。

そして、すべての投稿の中から「薬の説明の時、食前は先発。食間は中継ぎ。食後はストッパーと言う」が「ホームラン賞」に選ばれた。続いて発表された次週7月31日のお題は「ことわざを野球風に置き換えて下さい」。トシボーイの作品例は「秋茄子は嫁に食わすな」→「秋茄子は与田に食わすな」「2階から目薬」→「2回から岩瀬」「鬼に金棒」→「ビシエドに金属バット」など。投稿の宛先は、メールはdora@tokairadio.co.jp

Fax.052 961 0077 ツイッターは#ドラステをつけて。

ドラゴンズステーション
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 16時00分~17時55分

※該当回の聴取期間は終了しました。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ