プロ野球解説者・山﨑武司「代打の切り札」の難しさについて語る

東海ラジオ『ドラゴンズステーション』7月31日のコメンテーター山﨑武司氏が「代打の切り札」について話した。自身も代打専門で1シーズン過ごしたことがあるということだが、その難しさについて触れた。

今シーズンのドラゴンズ(7月30日現在)で、代打に起用された回数が一番多いのが井領で13打数3安打1打点1四球。次いでA.マルチネスが8打数3安打3打点。以下、遠藤6打数2安打。溝脇4打数2安打。木下2打数1安打と続く。

代打の切り札という専門職がいない現状について山﨑氏は「調子がよかったらスタメンで使う。井領も開幕前は代打の切り札になるんじゃないかとみていたが、思いのほか調子がいいからスタメンに回った。A.マルチネスもバッティングがいいからスタメンで使いたい。今年のドラゴンズについては、今のカタチで1年間続けていけるんじゃないかな。無理に代打の切り札をつくる必要はない」と話した。

また、代打の一番手を作っておいたほうがいいのではという質問には「自分も代打の切り札という立場で1年間やったが、なかなか難しい。スタメンで4打席あったら、3打数1安打1四球で3割3分3厘。しかし、代打は10割求められる。非常に難しい。本当に精神面が強くないと(代打の切り札として)成功しない」と答えた。

そして「今のドラゴンズのメンバーを見ると、切り札というところまで風格が備わった選手はいない。それは、まだ若いから。そういう意味では、今のようなカタチでやるしかないと思う」と、現状容認の立場を示した。

注目の新人・石川昴弥を代打要員として1軍に置いておいてはどうかという意見については「使わなかったら2軍に行かせるべき。代打で使う選手ではない。1軍でベンチに置いておいて、たまに起用するというのであれば、今、1秒1秒進化している、成長している選手の成長を止めてしまうことになる。2軍でバリバリやらせたほうがいい」さらに「ファンとしては見たいだろうが、今は、不動の3塁手になるための第1歩。今回の起用は高橋の怪我のため。今の時点では高橋のほうが上」と話した。

東海ラジオのプロ野球解説者がコメンテーターを務める『ドラゴンズステーション』(月~金16:00~)。山﨑氏のほか、ドラゴンズステーション東海ラジオのプロ野球解説者は、権藤博氏、鈴木孝政氏、鹿島忠氏、山本昌氏、谷繁元信氏、大西崇之氏、井端弘和氏、森野将彦氏、など。東海ラジオでは『ドラゴンズステーション』に続いて、プロ野球実況生中継『ガッツナイター』でドラゴンズの試合をメインに熱い戦いを伝える。

ドラゴンズステーション
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 16時00分~17時58分

※該当回の聴取期間は終了しました。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ