「ことわざを野球風に言い換えると?」リスナー参加のデラスキッパーズ人気大喜利コーナー

東海ラジオ『ドラゴンズステーション』金曜日「デラスキ!場内ホームラン!」のコーナーは、お笑いコンビ・デラスキッパーズ(町田康介とトシボーイ)が、リスナーからの投稿を面白おかしく紹介する人気コーナーだ。7月31日のお題は「ことわざを野球風に言い換えて下さい」。

「火事場の馬鹿力」を野球風に言い換えて「田島の馬鹿力」その意味は「自らピンチを作り、無失点に抑えて、流れを呼び込む」というもの。「鬼の目にも涙」は「祖父江の目からビーム」意味は「さわやかな笑顔も、マウンドに上がれば、眉間にしわを寄せて、鋭い眼光で相手を威圧する」これにコメンテーターの山﨑武司氏から「普段の祖父江は本当に優しくていいヤツ」というフォローが。

「犬も歩けば棒に当たる」は「宇野が守ればボールが当たる」と、伝説の珍プレーを取り上げたもの。「頭隠して尻隠さず」は「代打隠して三ツ間隠さず」これは、先日の試合で投手が代打となるベンチのミスを扱ったもの。「かわいさ余って憎さ百倍」が「負けてばかりいるんじゃねえ」と、ファンからの強烈な叱咤の言葉に言い換えられてしまった。

「石橋をたたいて渡る」は「石橋と高松渡」で、期待の若手の名前を織り込んだもの。「桃栗3年、柿8年」は「石川、岡林3年、根尾8年」これには「根尾はもっと早く出てくるだろう」と至極真っ当な声も。「漁夫の利」が「サムソン・リー」で、このコーナーによく出てくる元ドラゴンズ選手も登場。意味は「3番手で少し投げただけなのに勝ちがつくこと」だそうだ。

最後に紹介されたのが「笑う門には福来る」を野球風に言い換えて「祈る7回には福来る」と中継ぎで奮闘する福投手を織り込んだもの。これには、スタジオから出来栄えに感心する声が上がっていた。そして、来週のお題が発表された。8月7日のお題は「ブルペンにある意外なものとは?」

ドラゴンズステーション
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 16時00分~17時58分

※該当回の聴取期間は終了しました。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ