プロ野球解説者・鈴木孝政の前代未聞の「はずかしい記録」とは?

東海ラジオ『ドラゴンズステーション』5月13日のコメンテーター鈴木孝政氏が、11日の阪神中日戦で同一対戦カード通算2000試合に達したことに因んで、自身の阪神戦での「はずかしい思い出話」を披露した。それは前代未聞の珍記録のことだった。

鈴木氏は、中日の投手として、阪神戦100試合以上に出場している。その中で、初セーブ(1974年)、初ホームラン(1975年)のほか、1000投球回、1500投球回も記録している。そして、珍記録は、1987年6月にナゴヤ球場で行われた試合で、鈴木氏のバットから生まれた

鈴木氏は「あれはねえ・・」と話し始めた。「年に1回あるかないかのナイスバッティング。センターへの痛烈な打球だった。ゆっくりと一塁に向かっていたら、一塁コーチの『来たぞー!』という声が聞こえた」。そのとき鈴木氏は「何が来ているのか、よくわからなかった」という。

その直後、事態を理解した鈴木氏は「そこから力を入れて走ったが、もう間に合うわけがない。まいった、まさかと思った」と振り返った。打球が速く、センターを守っていた選手が強肩だったため、鈴木氏は、「センターゴロ」に倒れた。「完全にアウト、どころじゃない。リクエスト(の制度)があったとしても、まったく必要ない」ぐらいの完璧なアウトだった。

さらに鈴木氏は「顔から火が出るとはこのこと。はずかしかった。やってしまったという大変な気持ちだった。そのときの阪神ベンチは大笑い。一塁手(のバース)は、ファーストミットで顔を隠して、かがんで笑っていた」とのこと。

珍記録達成に、鈴木氏は、公式記録員のところに行った。記録員からは「センターゴロは、これまでに2人いるが、いずれも一塁走者が2塁でアウトになったケース。1塁でアウトになったのは初めて。これからもないと思う」と言われた。果たして、鈴木氏以来これまでに、同じ記録はない。

しかし、鈴木氏は、この試合で勝利投手になっている。「(アウトになって)ベンチに帰るときも、次の回にマウンドに上がるときも、これははずかしかった。しかし、こんなプレーをしておいて、よく落ち着いて投げる気力があったなあ」とも話していた。

ドラゴンズステーション
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~17時56分

※該当回の聴取期間は終了しました。

星野源、自身のMVも手掛けた映像監督・関和亮と「オールナイトニッポン」で特別対談!

『星野源のオールナイトニッポン』に星野源のMVも手掛ける映像監督の関和亮が出演することが決定した。

『星野源のオールナイトニッポン』6月29日(火)25時~27時 生放送

TBS系火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』の主題歌『不思議』を収録したニューシングル『不思議/創造』が6月23日(水)にリリースとなる星野源。そんな星野がパーソナリティをつとめるニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』22日(火)の放送では、火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)より、真柴くるみ役の川口春奈、藤野駿役の横浜流星、さらに演出の塚原あゆ子、プロデューサーの新井順子が登場し、作品の魅力を語り尽くしたが、次回6月29日(火)の放送も、豪華ゲストが登場することが発表された。

6月29日(火)放送では、現在公開中の映画「地獄の花園」にて監督を務める関和亮が登場。星野源の楽曲『SUN』、『恋』、『アイデア』などのミュージックビデオも手掛けた関との特別対談を実施する。また、番組のレギュラーコーナーであるラジオドラマ企画『星野ブロードウェイ』への山岸聖太の脚本提供も決定。関の出演のきっかけとなった山岸がどのような形で関わるかも、聴き逃せない。

関和亮がゲスト出演する『星野源のオールナイトニッポン』は、6月29日(火)25時より、ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで生放送。

 

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』
■放送日時:2021年6月29日(火)25時~27時 生放送
■パーソナリティ:星野源
■ゲスト:関和亮
■番組メールアドレス:gen@allnightnippon.com
■番組ハッシュタグ:#星野源ANN

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20210630010000

 

Facebook

ページトップへ