さだまさしの向上心「まだ、こんなに新しいことを思いつくのか、ということをやりたい」は「異業種交流」から

東海ラジオ『OH! MY CHANNEL!』(月~金12:25~15:00)6月23日(木)の放送に、さだまさしがゲスト出演した。さだといえば、東海ラジオとは縁が深く、あの名曲「精霊流し」がヒットしたのも、東海ラジオの深夜放送がきっかけだった。

当時の深夜放送のDJが「精霊流し」のデモテープを聴いて衝撃を受け、毎週番組で紹介したことがきっかけで火が付いた。さだは「4月に発売されて、まず、東海地区で売れて、翌月に九州、その翌月に東北・北海道、そして、東京で9月に1位になった」と振り返った。そして「東海ラジオとは長い付き合い。日本中で、僕のコンサートを仕切っている放送局は、東海ラジオしかない」と続けた。

番組で、さだは、リスナー参加の電話クイズの出題も担当した。「昨日の三重県でのコンサートで、ステージに上がる前に食べたものは?」という問題に「赤福」との正解が、二人目の回答者から出た。そして、伊勢神宮の神主と仲がいいという、さだは、普通の赤福ではなく、ちょっと珍しいものだったことを明かした。

さだは、6月1日に新しいアルバム「孤悲(こい)」を発売した。さだは「孤悲というのは、万葉集にも出てくる言葉。孤は、一人ぼっちで寂しい。悲は、心が張り裂けそうだという意味。まさに、コロナ禍の最中の自分たちの心だなと思って。2年ぶりのアルバムなので、これは、コロナも歌わなきゃいけない。ウクライナのことも歌わなきゃいけない。このタイトルは、去年暮れに決めていた。いつか使いたいと思っていたが、ここで使うしかないと思った」とアルバムタイトルに込めた意味・思いを口にした。

番組パーソナリティの大前りょうすけが、今回のツアーパンフレットから、自身の心に刺さったという「まだ、こんなに新しいことを考えつくのか、ということをやりたい」を紹介すると、さだは「これは永遠のテーマ。ここまでやったら上がりというゴールはない。ゴールがないということは、しんどいけれど、頂上がどこにあるのかわからない山に登っている感じ」

「1mでも上に行きたい。今日行けたと思って、目が覚めたら5mぐらい下にいるから、翌日7m上がって、よしっ、2m上がったと思って、寝て目が覚めたら5m下がっていた。そういう感覚。常に新しいことをやりたい。挑戦していたい。誰も見たことのない、さだまさしというものを見せたいと思っている」

「そういう意味では、今回のツアーは、みんな、ちょっと驚いているかな。今まで見たことのない、さだまさし。高見沢俊彦さんにもらったエレキギターを弾く。エレキギターで歌うさだまさしって、みんな、珍しいんじゃないかなって思いますね」

さらに「なんで、これができないの?ということを、常に自分に言い聞かせている。そのためには、異業種の人たち、畑違いの人たちと会って、お酒を飲んだり、ご飯を食べたりしている。それが一番刺激になる。一番お酒を飲む相手は、落語家さんとか芸人さんとか、お笑いの人たち。ミュージシャンの仲間も多いけど、中でも若い人たちが、面白がって寄ってくるんで、質問攻めになる。そんな時は、自分が持っているノウハウを全部渡している」と話した。

さだは、22日に三重県文化会館でコンサートを行い、23日は岐阜・長良川国際会議場。そして、名古屋は、7月9日10日に、名古屋国際会議場センチュリーホールで行う。また、7月6日には、昨年のコンサートツアーのライブ作品を発売する。

OH! MY CHANNEL!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 12時25分~15時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

中元日芽香の「な」、海外からのお悩みにも答えます。「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったな」


『中元日芽香の「な」』が、7月4日(月)午前7時に更新され、3人のリスナーからのメール相談に中元が親身に答えた。

1人目は、とある大学生からの相談だ。

現在大学3年生で、勉強が難しくなり課題に追われている。勉強の他にもバイトや教習所など、新しく始めたことが多くある。元々不安を感じやすい性格ではあるのですが、最近は切羽詰まっていて何をやるにも不安で好きなことをしている時間も、私はこんなことをしていていいのかなと不安になる。どうすれば、不安を無くせますか?

「聞いていると日々のタスクをこなすのだけでも大変そう。考えてみれば大学もそうだし、バイトもそうだし、だんだん要求されるレベルが上がっていく。だんだん難しいことを要求され続ける中で不安を感じるっていうのは自然な感情。でも、日頃からやるべきことをちゃんとこなしている方だと思うので、そこは大丈夫。好きなことをしている時間は今日1日頑張ったんだから好きなことをする時間をする権利があるんだって堂々と楽しんでいい。今日勉強をして、バイトもやったんだから。好きなことをやるぞ!っていう風に堂々と楽しんで。自分ができていないことに目を向けると不安になると思うけれど、逆に自分ができていることに目を向けてあげると、少し安心できて不安が軽くなるんじゃないかな」

2人目の相談は、とある先生からの相談だ。

現在地元で先生をしているが仕事がとてもきつい。教育でミスがあると子供たちの将来も変えてしまうかもしれないなど、深く考えなくていいことも考えてしまう。さらに残業時間も長く、自分の時間もない。また元々先生は自分のやりたい仕事ではなかったということも、心が重い理由の一つかもしれない。現在やりたかった仕事に向けて転職も考えているが、区切りの3月まではなんとしても頑張っていきたい。なんとか心が軽くなる方法はないですか?

「責任感が強い方。先生も人間だし、今思うと私の学校にもいろんな人がいた。そんな中でも、生徒にとっていい大人でいなきゃっていう先生は生徒思いの素敵な先生。しんどい時とか心が重い時の対処の仕方っていくつかある。仕事以外の趣味に没頭するとかも一つの方法。あとその辛い時に仕事に関して、でもこれ自分がやりたくてやってるからとか、自分が選んだ仕事だから、っていうのも結構踏ん張る大きな力をくれる。だからそのカードが使えない中で、どのようにして日々を乗り越えようっていう方法が見出せないのは確かにつらい。あと体の疲れとか睡眠不足も心の余白?余裕?を奪っていく要素の一つ。やりたかった仕事に向けて転職も考えているということで、ご自身の明るい未来を思い描くことが、エネルギーになってくれたらいいな。あるいは、何もしない時間を作るのも逃避になっていい。スケジュール的に拘束されていたとしても、自分の心の中の自由は守ってあげてほしい」

3人目の相談は、インドネシアから、Spotifyを聴いているというリスナーからの相談だ。

私はいつも自分の人生で起こらなかったことを心配しています。例えばお仕事でミスがあったら先輩を怒らせちゃうかなということです。どうすればいいですか?

「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったなって思います。自分の人生で起こらなかったことを心配してしまう、これ共感できるなーっていう方いらっしゃるんじゃないかな。心配性であったり、根拠のない自信を持つのって難しいなーって感じるタイプかな?適度な心配がミスを回避してくれたり、自分を守ってくれることにつながるけど、あまりに心配が大きくなりすぎると漠然と不安になって落ち着けなかったり、なんとなく暗い気持ちになってしまったりっていうことになる。なので、自分のその心配性のおかげで、仕事を丁寧にできているんだっていう自信に変えられたらいい。問題が発生したら、その時対処すればいいかっていうふうに割り切ることも、心を守るためには、必要なことなのかもしれない」

Facebook

ページトップへ