横山剣「殴られるかと思った」デビューライブのエピソード

東海ラジオ『源石和輝!抽斗!』(月~金15:00~17:00)8月8日(月)の放送に、クレイジーケンバンドの横山剣がゲスト出演した。来年でデビュー25年。8月3日にニューアルバム「樹影(じゅえい)」をリリースしたばかりだ。

横山のデビューは21歳のとき。バンドでのステージデビューは「ファンの年齢層が自分より上だったので、すごくプレッシャーがかかった」とのこと。そのステージは大阪で「最初はビビッていた。でも、舐められちゃいけないというのもあって、怖かったが、眉間にしわを寄せて頑張った」そうだ。

すると「客席からステージにお客さんがどっと上がってきたので『殴られるのかな』と思ったら、そうではなく、みんなツイストを踊り出した。歓迎してくれた。すごく温かく迎えてくれた」とエピソードを明かした。

クレージーケンバンドは、これまで20枚以上のアルバムを出してきた。しかし、最初から順調だったわけではなく「レコード会社に持って行っても、全然、門前払いみたいな時代もあったが、今は、こんな感じで世の中に受け入れられて幸せ。感謝しなきゃいけないし、その分、頑張らなきゃいけないなと思う」と話した。

そして、音楽活動の中で、手応えを感じたときを訊かれると「ホールツアーができるようになってから。何かいい感じ、予感がしたので『よしっ!武道館でやっちゃえ!』と、2004年、2005年、そして2020年に武道館コンサートをやった」

「武道館は、音楽の会場ではないので、やりにくいのかなと思ったが、実際にやってみたら、何で矢沢永吉さんがあんなにたくさんやるのかがわかった。不思議な渦のようなエネルギーがあって、実際以上のパワーが出ちゃう。不思議な会場」

「すり鉢状だから、意外に上の方のお客さんの表情もわかるぐらい近い距離感なので、興奮度が半端じゃない。初めて武道館でできたときに、ついにここまで来たかという気持ちになった」と話した。

8月3日にリリースされた22枚目のアルバム「樹影(じゅえい)」については「脳内をそのままブレなく出せた感じがする」と答えた。

そして「樹影というタイトルは、10代の頃に働いたガソリンスタンドの休憩時間によく行った喫茶店の名前。いい名前だな、いい響きだな、文字の雰囲気もいいなと思っていたが、まさか、アルバムタイトルにするとは思っていなかった」そうだ。

また「アルバムタイトルを決めて、それがそのままコンセプトになった。樹影感がある楽曲が集まったなあと思う」とも。

ライブツアー、名古屋は11月22日に日本特殊陶業市民会館ヴィレッジホールで行われる。また、来年3月11日はアイプラザ豊橋で開催。豊橋では「主催者をイメージして作った曲をやる。その曲で主催者がステージに出てきて、泣きながらツイストを踊る」という、この日ならではの企画も。

ライブについて、横山は「新しいアルバムから10曲前後はやろうと思っている。おなじみの曲はもちろん、これまでのアルバムからどれを持ってこようか、カヴァー曲もやりたい。2時間半を目標にしているが、納まりきらないんじゃないか。曲を決めるのは大変」

「多少あいまいなコーナーを残しておいて、会場の空気感とか、当日の自分たちのコンディションとか、天気とか、いろんなことを考えてやりたい。同じ曲順でやっても会場によって全く雰囲気が変わってくるからライブはおもしろい」と、ライブへの抱負を語った。

源石和輝!抽斗!
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 15時00分~17時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

山口智子 夫・唐沢寿明は「“ザ・昭和の男”って感じで…」結婚から約30年、夫婦生活を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月5日(月)、9月6日(火)の放送ゲストは、女優・山口智子さん。10年以上にわたってライフワークとして取り組んでいるプロジェクトをまとめた書籍「LISTEN.」(生きのびるブックス)を、8月26日(金)に刊行しました。9月6日(火)の放送では「LISTEN.」プロジェクトにまつわるエピソードや、夫・唐沢寿明さんとの生活について語ってくれました。

山口智子さん、坂本美雨



◆「彼がいることは本当に幸せ」

坂本:質問を書いた用紙がたくさん入ったボックスから1枚引いていただいて、質問に答えていただきたいと思います。

山口:引きました。「この人と会うだけでリフレッシュできる! それはどんな人?」です。もちろん、夫(唐沢寿明さん)を挙げましょう。毎日リフレッシュさせていただいていますから。

坂本:何年一緒にいらっしゃるんですか?

山口:30年近くです(笑)。

坂本:それでそんな言葉が言えるなんて(笑)!

山口:人間って1日1日で違うでしょう(笑)? 仕事から帰ってきて、一緒にご飯を食べて、くだらない話ができる彼がいることは本当に幸せです。毎日、涙がちょちょぎれるぐらい幸せですし、喜びでいっぱいです。

坂本:泣きそうになる~!

山口:なんで(笑)!?

坂本:お家でも笑わせてくれるんですか?

山口:家では無口。何1つ語らないです。昭和の「ザ・男」って感じで、イスにきっちり座ったきり、微動だにしないでテレビやYouTube画面に向き合っています。会話らしい会話は、それほどしていない(笑)。

坂本:おお!

山口:家にいると会話がないので、あえて外食に連れ出します。外食に行くと、対面して語らざるを得ない待ち時間ができるから(笑)。毎日リフレッシュさせていただいていると思うなあ。

坂本:旅には一緒に行かれたりします?

山口:絶対に行かないですね。

坂本:そうですか!

山口:価値観というか、趣味趣向が正反対なんです。旅に行っても一緒に観光はしないですね。

坂本:へええ!

山口:私は1人でミュージアムとかに行くけど、彼はホテルの部屋にしかいない。だったらなんで旅行に行くんだよって思うけど(笑)。温泉に行っても温泉に入らないし、すごく不思議な人なんですけど、彼なりに完結しているんでしょうね。(合うのは)唯一食文化だけ。食べるものは一緒においしいねって共有できる。唯一、スペインに行ったときは食事で一緒にいる時間が長かったですね。

坂本:趣味とかを一緒にしなくても、ただいるだけで楽しい時間になるのはすごい相性がいいんですね。

山口:こういうことが相性と呼べるかどうか、若い頃はよくわかんなかったな。若いうちは「同じ感覚でいてくれなきゃ嫌」みたいなところがあるじゃないですか(笑)。

坂本:そうですよね。

山口:“(違うところが)実は良かった”と思える年齢になってきて、歳を取るって面白いなと思えてきました。自分がまったくできないことを補ってくれるし、全然違う見方があるし。最近、正反対で本当によかったと思えることがいっぱいある。

坂本:希望が持てます。

山口:時間はちょっとかかるかもしれないけれど(笑)。

▼「LISTEN.」刊行記念 書店トークイベント開催決定!▼
数々のドラマや映画、CMで活躍する山口さん。2010年からは世界各地を飛び回り、民族音楽を収録・撮影して伝えるプロジェクト「LISTEN.」をライフワークとして活動しています。

8月に書籍化された「LISTEN.」には、10年にわたって巡った26ヵ国の250を越える曲を収録。全636ページにわたり、世界の美しい風景や、その土地で生きる人々の姿を捉えた写真を掲載しています。

9月28日(水)19:00から、東京・「代官山 蔦屋書店」にて「第2弾『結束の宴』」を開催します。トークイベント模様は、オンラインでの配信も予定しています(1週間のアーカイブ期間あり)。詳細は公式サイトをご確認ください。



来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ