ドラゴンズOB藤井淳志がしみじみ振り返る「マッサージルームの空気」の変化

東海ラジオ『Live Dragons!』(月~金17:15~19:00)20日(金)のコメンテーターはドラゴンズOBの藤井敦志氏。藤井氏は外野手として2006年から2021年までドラゴンズで活躍した。スタジオでは、プロ2年目の外野手、鵜飼航丞(こうすけ)が話題に。

鵜飼は、ルーキーイヤーの昨シーズン59試合に出場し、195回打席に立ちホームランは4本。20日は昼過ぎに屋内練習場に姿を見せ打ち込みを行った。大澤広樹アナウンサーの取材によると「今年のオフは、母校・駒澤大学のジムでトレーニングを積んで、しっかりと体幹を鍛えてきた。特に瞬発系を十分にやって、シーズン中の2倍以上は自分の体をいじめることができた」そうだ。

また、去年1年間のプロ生活を終えて「パワーに関しては通用することを実感できた。ただ、球の待ち方とか考え方の部分は、もっとやらなきゃいけないかなと思った。シーズン途中からマイナス思考になって、初球からバットが出ない。振ってもファールになってしまう。悔いの残る打席が多かった。もっと単純にバッターボックスに入りたい」

そして、立浪和義監督からも「1軍のピッチャーは、ある程度、ヤマをはっていかないと打てないぞ」と言われているそうで、鵜飼は「大学までは来た球を打っていた。あまり狙い球を絞ることがなかった。プロに入って、狙っている球が来ると『来た!』と力んで打ち損じている。そのあたりを反省していかなくてはいけない」と話した。

これに対して藤井氏は「狙い球を絞る、そのあたりは実戦で身に着けていくもの。鵜飼選手は思い切り振るタイプ。このカウントだったら、この球を投げてくるということを先読みして、ヤマをはる、狙い球を絞るというより待つ球を決めるということ。そして、どんな球を待つかではなく、どのコースを待つか。レベルをひとつ上げなければいけない」とコメントした。

また、大澤アナの取材レポートでは、鵜飼は「練習は好きだが、去年(1年目)のキャンプは大変だった。きつくて毎日マッサージを受けていた。それが監督に知られて『お前、毎日マッサージを受けているらしいなあ』とイジられていた」そうだ。ここで大澤アナが「ルーキーが毎日マッサージを受けられる環境になった。時代が変わってよかったですねえ、藤井さん」と振った。

藤井氏は、しみじみと「時代ですねえ」と答え「自分たちが若手の頃は、キャンプ中に強制的に受けさせられるときは別だが、基本的にはトレーナールーム(マッサージルーム)に入れなかった。キャンプ中は、練習が終わってホテルに帰ると、必ずトレーナールームに顔を出すことになっていた」

「そのときに、ベテラン選手がマッサージを受けていたら『いやいや、僕らはマッサージをお願いしたわけじゃないんです。帰ってきた報告をしに来たんです』という空気をわざとらしく出して『あっ、すいません。今、帰ってきました。大丈夫です。失礼します』と言って出て行った」そうだ。

さらに「その逆で、若手がマッサージを受けているときに、ベテラン選手が入ってきたときの空気も…。そのとき、もし、若手がマッサージ中に寝ていたら、エラいこと」と振り返ったが、大澤アナは「今は、そんなことは全くありません」と、再び念を押していた。

Live Dragons!
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 17時15分~19時00分
出演者:藤井淳志
公式Twitter

ツイッターハッシュタグは「#ライドラ」

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

“欧州の強豪クラブ”が日本にやってくる! 7月・8月に開催される“サッカー国際親善試合”を紹介

“一歩先を行く手の届く贅沢”をテーマにした情報紙「ビズスタ」から、社会で活躍するビジネスパーソンのウェルネスなライフスタイルに役に立つ最新情報をお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ビズスタ THE REAL WELLNESS」(毎週土曜7:25~7:30)。「ビズスタ」編集長・佐原雅之がパーソナリティをつとめます。6月22日(土)の放送は、今夏に開催される国際親善試合「明治安田Jリーグワールドチャレンジ2024 powered by docomo」「Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo」を紹介しました。



佐原: Jリーグのシーズン後半戦突入前に、欧州の強豪3クラブを迎えての国際親善試合が5試合開催されます! そこで今回は、Jリーグの間藤大地さんにお越しいただき、その詳細をお伺いします。間藤さん、よろしくお願いします!

間藤:よろしくお願いします!


間藤大地さん



佐原:まずは対戦カードを教えてもらえますか?

間藤:7月27日(日)に開催される「明治安田Jリーグワールドチャレンジ2024 powered by docomo」は、昨年のJ1覇者・ヴィッセル神戸がイングランド・プレミアリーグの強豪クラブ、トッテナム ホットスパーと対戦する豪華なカードです。

そして「Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo」では、同じくプレミアリーグの名門、ニューカッスル ユナイテッドが7月31日(水)に浦和レッズ、8月3日(土)に横浜F・マリノスと対戦。さらに、ドイツ・ブンデスリーガの古豪 VfBシュトゥットガルトが、7月28日(日)に京都サンガF.C.と、8月1日(月)にサンフレッチェ広島と対戦します。

佐原:どれも貴重な試合ですね。

間藤:はい、Jリーグクラブが国際試合を経験できる機会を継続的に創出することで、Jリーグの水準を向上させること。さらに、ファンにとっては世界トップクラブのレベルを観戦することで、サッカーの魅力をより知ってもらうことを目的に開催します。なお、今回の5試合は昨年に引き続き、Jリーグと株式会社 NTTドコモによる主催となりますが、京都府・広島県で開催するシュトゥットガルト戦2試合については、20/21シーズンからブンデスリーガの放送・配信をしているスカパーJSAT株式会社も含めた3社での共同主催となります。

佐原:プレイヤー、ファンともに価値ある試合になっているんですね。

間藤:はい。より多くのファンやサポーターの方々に、夏のお祭りとして特別な試合をお届けできればと思います。また、未来のサッカー選手である子供たちにも夏休みの思い出として楽しんでいただけるように、小中高生向けのチケット価格をゴール裏やバックスタンドに設けておりますので、どうぞ家族でスタジアムまでお越しください!

佐原:チケットの購入方法などは大会特設サイトをご確認ください。間藤さん、ありがとうございました。

間藤:ありがとうございました。


----------------------------------------------------
6月22日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月30日(日)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ビズスタ THE REAL WELLNESS
パーソナリティ:佐原雅之(ビズスタ編集長)
放送日時:毎週土曜7:25~7:30

Facebook

ページトップへ