結婚の条件は、20代30代と50代とでは、こんなに大きく変わるもの? TOKAI RADIO『Paradise』

東海ラジオ『Paradise』(月~金9:00~11:00)は「あなたの人生がパラダイスに!」なるように、オトナな音楽、カルチャー情報、医療や介護の問題、ホットなエリア情報、役立つ生活情報、ショッピング情報など、様々な情報を持ち寄って、ホッと一息つける時間を演出する番組。DJは神野三枝。8月18(金)のオープニングトークは「結婚の条件についてのアンケート」の話。

「先日、結婚式の招待状をいただきまして、このようなハレの席に出席させていただくのは、たぶん、20年ぶりぐらいじゃないかという感じです。仕事で披露宴の司会は、これまで1,000件以上させていただいているんです。でも、仕事の緊張とは、また違って、出席となると、何となく身の引き締まるような緊張感がありますね」

「自分が結婚したときのことを振り返ってみますと、結婚したのが28歳だったんですね。若くて純情だったんで、結婚相手に求める条件なんていうものは何も考えてなくて、とにかく、好きになった人が結婚したい人だったんですね」

「ここで、夫のことは、ちょっと置いておいて、もし、今、自分がこの年齢(50代後半)で、結婚相手を探すとしたら、果たして(若い頃と同じように)純粋で真っすぐな気持ちで選べるかと、自問してみると、違うかもしれないなあと思っちゃうわけですよ。もしかしたら、相手を好きになる前の段階で、若い頃とは違う眼鏡をかけて、人を見てしまうんじゃないかと思うわけです」

「結婚相手に求めるものは、人によってさまざまだと思いますが、どうやら、関東と関西とでは、地域差があることがわかりました。関東の女性は、結婚相手に、やさしさや誠実さを求め、関西の女性は、経済力・収入を求める傾向が強いことがわかりました」

「auじぶん銀行がネット上で行った、関東・関西に住む20代30代の独身女性500人に、結婚相手に求める条件を訊いたアンケートの結果です。結婚相手に求める条件、関西の女性のほうが、金銭面を重視する傾向があって、さらには、関東では全然ランク外だった、ユーモアがある人というのが関西ではランクインしています。やっぱり、関西の人は、結婚相手に面白さも求めるようです」

「このアンケートは、20代30代の独身女性が対象だったんですが、私の周りの既婚未婚にかかわらず、50代の女性たちに、個人的にアンケートを取ってみました。もし、今、結婚相手を探すとしたら、どんな条件が大事ですか? そしたら、その結果がですね、何と言うんでしょうね、現実的すぎるというか、ズバズバ言うといいますか、怒らずに聞いてくださいね」

「借金がない。そこそこ貯えがある。めんどくさい親族がいない。自分のことは自分でできて、束縛なしでお互い自由。そして、小ぎれい。ずいぶん図々しいと言ったらいいのか。これを聞いて、男性のみなさんだって、言いたいこと、ありますよねえ。男性の声も聞いてみたいものです」

Paradise
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~11時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

街裏ぴんく R-1優勝の裏に笑福亭鶴瓶の言葉「ベタもできるようにしときや」

笑福亭鶴瓶が5月12日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に出演、『R-1グランプリ2024』(関西テレビ/フジテレビ系)で優勝したピン芸人・街裏ぴんくにアドバイスを送った。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく

2017年ごろから交流があり、街裏ぴんくの“嘘漫談”を気に入っている鶴瓶。ここ数年は「会わん方がいいかな」と思い共演はしていなかったが、R-1優勝をきっかけにまた番組で共演できたことを喜んでいた。

「鶴瓶さんは恩人です」と語る街裏ぴんくは、鶴瓶からかけられた言葉で印象に残っているものが数多くあるという。

その一つが「ベタもできるようにしときや」。

メールで年始の挨拶をした時に鶴瓶さんから返ってきた一言で、これを見た街裏ぴんくはハッとした。以前『桃色つるべ』(関西テレビ)に出演した際に漫談を披露した街裏ぴんく。ももいろクローバーZとは初対面ではあるが、鶴瓶にも“こんなネタあるんですよ!”と見てもらいたい一心で劇場でもあまり披露していないネタを選んだという。

「変にかかりすぎて、全然だったんですよ。“いやおもろいネタあるやん”と(鶴瓶)師匠が言ってくれて」

鶴瓶が以前から気に入っているという“アンパンマンのネタ”をももクロに見せたらと提案してもらい、改めて披露したネタはしっかりと笑いをとったという。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく

その経験から、初見の人がいる時のネタの選び方などの意識を学んだ街裏ぴんく。街裏ぴんくの中での“ベタ”とは“広く伝えること”だと考え、それが試せる場としてR-1の存在があったという。鶴瓶さんから言われた「ベタもできるようにしときや」という言葉で意識が変わり、今回の優勝に繋がったと語った。

鶴瓶は「サービス精神でもあり、俺への優しさでもあり」とその気持ちを汲みつつも、初見の人を中心に考えた方が良いとアドバイス。

笑福亭鶴瓶、街裏ぴんく、上柳昌彦

ラジオで話す内容についても「なんべんコスってもええねん。初めての人多いねんもん」と語り、これからR-1優勝を機に、初めて街裏ぴんくのことを知る機会が増えた今「絶対ウケなあかん」と鼓舞した。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ