綾野剛出演映画『花腐し』の荒井晴彦監督「大人に見てもらいたい作品」

TOKAI RADIO『bre:eze』(ブリーズ 月~金15:00~17:00 DJイレーネ)10月24日(火)の放送に、11月10日公開の映画『花腐し(はなくたし)』の荒井晴彦監督と綾野剛がゲスト出演した。まず最初に、DJイレーネから「どんな映画か?」訊かれると、荒井監督は「偶然出会った男と男が、自分が付き合ってきた女の話をするんですが、それが同じ女だったという映画です」と簡潔に答え、綾野剛は「はい。ほんと、その通りです」と加えた。

原作は、芥川賞受賞の同名小説だが、試写を見たイレーネが「(原作とは)かなり違う映画に仕上がってますよね?」と尋ねると、綾野剛は「大胆なアレンジをされてますよね。原作の設定は、そもそも映画屋じゃないですもんね」と答えた。映画の中で、男たちが携わる仕事は、映画監督と脚本家志望の男。

イレーネが「この男たちが携わる映画をピンク映画にしたのはなぜか?」と訊くと、荒井監督は「僕が元々スタートしたのがピンク映画。僕が若い頃は、すでに映画が斜陽で、映画会社が新しい人間を採らなかった。映画をやりたくても採用がない中で、現場に行くのはピンク映画が一番の近道だった」

そして「ピンク映画は細々と続いていて、なぜか35mmで撮っていた。35mmで、予算350万円ぐらいで、2,3日で撮るというのが特徴だった。それがデジタルになって、ピンク映画自体がなくなりつつあった時期に焦点を合わせようかなと思って、ノスタルジーというか、なくなっていくものに対する映画をやろうかなと思った」とのこと。

続いてイレーネが、綾野剛に「ピンク映画を手掛ける監督の役作りについて」訊くと「この男は、しがみつく腕力も、もはや残されていないような状態で、だた、やっぱり、何か肌と肌との隙間を埋めるように、ピンクという世界の中の住人として、人とのかかわりだとか、コミュニケーションが絶たれて行き、そのうちに、女性の現実も待っていて、その中で、自分自身の存在証明みたいなもの、それを彼はどこで感じていくのか」

「脚本家志望の男と出会うことで、久々に声帯を使い、発声し、酒を飲み、タバコを吸い、体温が上がってくるような、そうしたときに、他者を介して、自分の存在を証明する瞬間が、合わせ鏡のようにあった。単純に言うと、ひとりじゃないということと、お互い幽霊のような存在で、この世界がすごくぼんやりした、輪郭を帯びていないもので、確かなのは、女が幽霊になってしまったことで、少しずつだが、息を吹き返していくという」

「どう転ぶかより、どう立ち上がるかだと思うが、簡単には立ち上がれない部分で、お互いの生存確認が、この男の中であったのかなあと、出来上がった映画を客観的に見て思ったし、知らなかった女の姿や当時の男のあり方を思うと、いとおしく感じて、どんな職業だったかというより、本質的なところに向かっていく作品だなと思っている」と答えた。

イレーネが荒井監督に「どんな人に見てほしい」が訊くと、荒井監督は「みる人を選んじゃうような映画なんでね。だから、子供じゃなくて、大人にみてもらいたいですね、特に大人の女性に。男も女も全部肯定するんじゃなくて、ところどころ思い当たるような経験は、みんな、してきていると思うので、そういうところをみてくれれば」と答えた。

また、綾野剛は「至って残酷ですよね、この作品は。その残酷さって、生きる上での財産だと思うので、腐っていくということは、まっとうに生きていることだと思っていて、腐っていくというのは、自分にとっては、美しいことだなと思って、最後まで生きようとしている刹那みたいなものがあって、いいなあ、と個人的には思っている」と話していた。

bre:eze
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 15時00分~17時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ