神野三枝の七五三の写真には、思わぬ形で親の愛情が伺える?

東海ラジオ『Paradise』(月~金9:00~11:00)は「あなたの人生がパラダイスに!」なるように、オトナな音楽、カルチャー情報、医療や介護の問題、ホットなエリア情報、役立つ生活情報、ショッピング情報など、様々な情報を持ち寄って、ホッと一息つける時間を演出する番組。DJは神野三枝。11月30(木)のオープニングトークは「七五三の話題」からスタート。

「11月も今日で終わり。11月にいただいたメッセージの中で、季節的に多かったなあと思うのは、七五三の話題ですね。七五三は、平安時代に宮中で行われていた儀式がもとになっていると言われています。今と比べて昔は、医療が発達していないし、衛生面もよくなかったですよね。子供が生まれても、すくすく育つのは、とても大変なことだったんですね」

「7歳ぐらいまでは、まだ、神様の子なんだというふうに扱われて、7歳になると、ようやく人として認められるというぐらい、ほんとに、子供が育つのは大変だったんですね。それで、3歳、5歳7歳の節目に、神様に成長を感謝して、お祝いしたというのが七五三の由来と言われているわけです」

「その七五三というと、千歳飴ですよね。これも、字を見ればわかりますよね。千年まで長生きしてほしいという親の願いが込められているというところで、飴にしたのは、飴を作る段階でビューンと伸びますよね。飴のように長く生きのびてほしいという意味が込められているんです」

「そこで私も、子供の頃のアルバムを出してみました。お化粧してもらって、黄緑色の着物で、頭にぼんぼりをつけた七五三の写真がありました。着物の裾のはだけ具合を見ると、着物を着せてもらってから走り回っていたんだろうなあというのがよくわかりましたけど、家で写真を撮った後、私、岡崎出身で、岡崎公園に行ってるんですよ。岡崎公園には、徳川家康公の銅像があるんですね。そこで、記念写真を撮ってるんです」

「家康公の銅像の前に私が立って、父が写真を撮ってくれてるんですけど、それが今でもアルバムに残ってるんですが、なんでかなあ、家康公の首のところで切れてるんですよ。首から下の家康公しか写っていない。父親にしたら、ファインダーを覗いて、自分の娘の姿がちゃんと撮れているか、しか、気が回らなかったんでしょうね。そんなところからも、親の、そのときの気持ちとか愛情みたいなものが伺えるんですよねえ」

「みなさんにも、笑える写真、ひと苦労された写真、あるのではないでしょうか」

Paradise
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜~金曜 9時00分~11時00分
公式Twitter

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

miwa「影山優佳 卒業セレモニー」でアイドルのすごさを実感「本当にキラキラしてた」

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、miwaさんと影山優佳さん。ここでは、miwaさんも現地で観たという7月19日(水)に開催された「影山優佳 卒業セレモニー」を振り返りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)影山優佳さん、miwaさん



◆miwaが感じた“アイドルのすごさ”

miwa:私、影ちゃんの卒業セレモニーを観に行ったんだよ!

影山:来てくださってありがとうございました! お花もいただいて、うれしかったです。

miwa:本当にすごかった!“もらい泣き”しちゃって、感動しました。

影山:以前からずっとmiwaさんが応援してくださっていたから、その区切りというか、大事な瞬間をお見せできて、私も良かったなと思います。

miwa:でも、やっぱり“アイドルはすごいなぁ~”って思ったよね。

影山:本当ですか?

miwa:あんな大人数で、もちろん1人ひとり(の個性)が違うわけじゃん。そのなかで、グループで歌って踊ってすごいなって。本当にキラキラしてた。

影山:ありがとうございます、うれしいです。本当に、メンバーそれぞれ(個性が)全然違う人たちが1つのグループに集って、それぞれにファンがいて、そのファンのみんながグループ全体を応援してくれて……。

縁というか、その巡り合わせに感謝だなって、卒業セレモニーでも思いましたし、(グループ在籍中に)1人で仕事をしているときは、より感じていましたね。孤独というか“グループっていいな”みたいなことをより感じていましたね。

◆バタバタだったW杯特別番組裏話

miwa:実際に(1人で)サッカー番組とかクイズ番組とかに出ていたときは、どうだった?

影山:私が結構、自分で自分の首を絞めちゃうタイプなので、最初の頃は切羽詰まっていましたね。

miwa:でも、ワールドカップ(の特別番組で)勝敗予想をバンバン当てていたじゃん(笑)。

影山:ハハハ(笑)。あれはもうラッキーっていうか、運が良かっただけです。あのときは生放送で、しかも1日に4試合もやるから、私だけスタジオに鎮座して、あとの出演者さんや制作さんもガラッと変わる、みたいな感じで本当にバタバタしていて。しかも“勝敗予想をする”とは言われていたけど、それをフリップに書くのが本番5分前とかで(笑)。

miwa:へ~!

影山:スターティングメンバーも、CMのあいだに(出演者も一緒に)みんなで貼ったりして(笑)。

miwa:へぇ! いやいや、すごかったよ。

影山:観てくださって、ありがとうございます。

miwa:それから、番組でサッカー関連の方と共演したりするじゃん? サッカーとの距離がまた近くなったことで、よりサッカーが好きになったりした?

影山:そうですね。もともと、サッカー選手はみんなすごい人だと思っていたんですけど、“努力をしていない人は1人もいない”というか。

天才肌の人でも自分を追い込んでいるし、(共演して)裏側にある努力とか挫折を知って、より応援したくなるというか。それと同時に、ちゃんと自分も発信する活動をまっとうしなきゃなって、責任感みたいなのも生まれましたね。

miwa:なるほど。じゃあ、プレッシャーももちろんあったけど“好きなことを仕事にしてよかった”っていうのが大きいってことかな?

影山:そうですね。仕事をしていきながら“自分らしさ”みたいなところも教えてもらった気がして。今があるのは、そのときの出会いとか、皆さんの応援があったからだなって思います。

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00

Facebook

ページトップへ