キング開選手が地元横浜から見据えるキャリアとは

キング開選手

横浜生まれ、横浜育ちで横浜ビー・コルセアーズのユース出身のキング開選手にとってビーコルは特別なチームだ。「本当にずっと小っちゃい頃から見ていたチームで、BJリーグの時に優勝した時も観戦してました。今自分がそのトップチームとして入っているのは凄い感慨深い。」自分が憧れていたチームでプレーする歓びを感じている分、同じ様にキング開選手自身がユースや横浜の少年少女にとって、憧れの存在になることに強い責任を感じていた。「ユース出身で初めてトップチーム選手になった者として、後に続く選手が増えてくれば、自分としてもこの道を選んだのは正解だったなっていうのは思いますし、今ユースに入っている子達に頑張ればプロにも行けるという、希望とか夢を与えたい。」

キング選手自身が子供の頃からプレー面で憧れてきたのはNBAメンフィス・グリズリーズのデリック・ローズ選手だ。信じられないようなスピードでアクロバティックなプレーをする、ポイントガードの選手だ。お手本にしたのはプレーだけではない。「僕は昨シーズンケガして手術して、2か月ぐらいバスケが出来ない時期があったんですけど、その時は、ローズもケガでワンシーズン出来ないこともあった。でも必ずリハビリ頑張って復帰して今も活躍しているって思うと、自分もリハビリ頑張ってよりいい選手になって帰ってこようっていうのは、気持ちの面で支えられた。」プレーやその振る舞いまでも、スポーツヒーローの系譜というのは憧れが繋いでいくものなのだ。

パリオリンピックのバスケットボール3×3日本代表入りを目指すキング開選手だが、パリは通過点だという。「選ばれればもちろんそこで終わりではないですし、選ばれなくても24でこれから自分が選手としてのピークを持ってくのであれば、その4年後のロスのオリンピックは絶対に入りたいっていう気持ちになりますし、ちょうどロスは28になるので、選手としてもキャリアのピークっていうか、ちょうどいい時期に来ると思うので。」

プロになるならサイズが足りないと大学でポイントガードになったように、キング選手は常に数年先を見据えている。それは自らが憧れになるために必要なことなのだろう。目標は達成すれば終わるが、憧れにはきりがないのだから。

日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 15時30分~16時00分
出演者:モリタニブンペイ、安藤咲良
公式X

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ