レッドウェーブはファミリー!テーブスヘッドコーチに迫る!

BT・テーブスヘッドコーチ

テーブスヘッドコーチは言う。「まずはチームの選手の厚さが変わりましたね。厚さっていうか、才能持ってる選手が増えた。本当にバスケットのこと、スキルとかサイズ、その上にチャンピオンシップの経験がプラスになるね。」シーズン前にエネオスサンフラワーズから加入した林咲希選手や、すでに加入していた宮澤夕貴選手、中村優花選手の3選手は戦力だけでない、大きなプラスをもたらした。

ただ、戦力がチームにどう馴染むか。テーブスさんはそこに不安を持っていたようだ。理由はジェネレーションギャップ。経験や考え方、チームへの忠誠心、ハードワーク、様々な事柄で経験ある選手と若手に意思疎通が足りていないと感じていたという。そこでシーズン前に掲げたのがオーバーコミュニケーション。「当たり前のことでも言う。」「いつもより人の話を聞いてあげる。」「意見が違っても我慢する。ずっと聞いてあげたら理解できるようになるかもしれない。」バスケットのことだけじゃなく、様々なことを選手だけじゃなく、スタッフも含めて話し合って、分かり合った、その結果、困ったときは何でも話せるようになった。

コミュニケーションはピンチの時に進化を発揮する。チームのエンジン、町田瑠唯選手が離脱した時だ。各自が自らの役割を理解し、チーム一丸の必要性をそれまで以上に痛感し、お互いが助け合った。そしてチームは踏ん張れた。テーブスさんは言う。「落としたら駄目の試合は落としてなかった。我慢した。忍耐強くプレーした。で、瑠唯が復帰した後に、瑠唯もその成長気付いた。」長い目で見ると、町田選手の離脱はチームの成長を促す最高の機会となったわけだ。

優勝が決した瞬間、選手は次々とテーブスさんの腕の中へ飛び込んで、ハグをしていた。試合後の優勝監督インタビューでは、テーブスさんが「ファミリがいないとダメです」と選手全員を呼び寄せて、一緒にインタビューに答えた。こうしたシーンが象徴するように、レッドウェーブはテーブスさんをお父さんとする大きな家族だったのだ。

レッドウェーブファミリーは、コーチ、選手に加えてスタッフ、そしてシックスメンと呼ばれるファンもその一員である。ファミリヒストリーには続きがある。富士通レッドウェーブの黄金時代は始まったばかりだ!

日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES
放送局:FMヨコハマ
放送日時:毎週日曜 15時30分~16時00分
出演者:モリタニブンペイ、安藤咲良
公式X

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

SixTONESのラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』の魅力

来年でグループ結成10周年、CDデビュー5周年を迎える6人組アイドルグループ・SixTONES。7月10日(水)には、通算13枚目のシングル「GONG/ここに帰ってきて」をリリースしました。

当記事では、SixTONESがパーソナリティを務めるラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)の魅力を、過去の放送エピソードとともに深堀りしていきます。

Facebook

ページトップへ