04 Limited Sazabys・GEN、「YON FES」は学生時代から描いていた夢だった!!

ZIP-FM「Mirror Park」で04 Limited Sazabys・GENが凱旋ナビゲート!

ZIP-FMの学生応援プログラム『Mirror Park』(毎週月曜から木曜、21時~23時放送)。12月15日(水)の放送では、04 Limited Sazabys の GEN が番組前半のナビゲーターを務めました。地元放送局での凱旋ナビゲート!自身の学生時代のエピソード、当時聞いていた楽曲の紹介も交えて2時間お届けしました。

この日のテーマは「10代のうちにやっておきたいこと」。GENが「やっておいて良かったこと」は団体競技!学生時代に学んだ、チームワークで一つの目標に向かっていくことの大切さは、今のバンド活動にも生きているとのこと。10代から寄せられたメッセージひとつひとつに丁寧に答えました。

地元愛知で主催するフェス「YON FES」の構想は学生時代に...?

番組後半には、04 Limited Sazabys が地元・愛知で主催する野外フェス「YON FES」への想いを語りました。

「学生時代にモリコロパークに行ったときに、すごくいい公園で、ここでロックフェスやったら良いのにと思った。」と話すと、「バンドを始めたぐらいで、自分でやろうとは思ってなかったけど、だれも使ってないのはもったいないと思った。」と続けました。

学生時代に描いた夢が形になったのは2016年。会場の許可が下りなかった話、金銭事情…、初めて開催に至るまでを赤裸々に語りました。

学生リスナーからの「フェスに行きたいけど、怖いんです」というメッセージには、「何にも怖いものはないですよ。フェスは壁がないので、好きな場所・安全な場所で安心して見られる。身体中で音楽を浴びる感覚・自分が音楽の一部になる感覚はフェスでしか体感できない!」と返し、「YON FESは、来た人全員が楽しめる、自信がある!」と断言。さらに学生リスナーに向けて「モリコロパークでフェスやったら良いのにと思っていたあの頃の俺を喜ばそうとしている。」「(自分が中学生から聞いていた)アジカン先輩が出てくれたけど、あの頃の俺が、未来の俺を見たら「やるじゃん!」ってなる!」とも語りました。

地元放送局ならではのローカルトークもたっぷりで04 Limited Sazabys の GEN がお届けした12月15日(水)『Mirror Park』。スペシャルな放送となりました。

 

■YON FES 2022公演概要
【日時】2022年4月2日(土)3日(日)
【会場】モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
【出演】04 Limited Sazabys(※両日出演) / and more
【主催】YON FES 2022 実行委員会
【企画】No Big Deal Records / 日本コロムビア
【制作】DGエージェント
【運営】SUNDAY FOLK PROMOTION
【問】SUNDAY FOLK PROMOTION 052-320-9100(12:00~16:00)
【HP】
YON FES 2022 オフィシャルTwitte
04 Limited Sazabys オフィシャルHP

 

■番組概要
タイトル:Mirror Park
放送曜日:毎週月曜から木曜
放送時間:21時~23時放送
ナビゲーター:小林拓一郎

Mirror Park
放送局:ZIP-FM
放送日時:毎週月曜~木曜 21時00分~23時00分
公式Twitter

※この番組は終了しました。

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ