米露関係が改善されない限り遠い北方領土問題

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月17日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。安倍総理がロシア幹部と会談したニュースについて解説した。

2008年4月の党大会にて拍手の中立ち上がるプーチン(統一ロシア – Wikipediaより)

安倍総理がロシアの与党幹部と会談

安倍総理大臣は5月16日、ロシアのプーチン政権与党「統一ロシア」のトゥルチャク総評議会書記と総理官邸で会談した。総理は日露平和条約交渉に関連して、「条約締結を目指して取り組んでいきたいと思うのでよろしく」と協力を呼びかけた。

飯田)プーチン大統領は6月にG20のタイミングで日本に来ると言われておりますが、これはその前の地ならしということになるのですか?

宮家)一般論として、日露の対話が続くことは悪いことでは無いです。しかし、この与党の幹部の人よりも、プーチン大統領のほうが圧倒的に重要です。プーチンさんを懐柔することは難しいと思うけれど、だからこそ、日本はいろいろな手を使っているのだと思います。最近、北方領土問題の交渉については若干停滞気味で動きが見えませんよね。水面下ではやっているのだと思いますが、いろいろな方向から仕掛けて行こうということだと思います。

飯田)一時はG20までに、何かしらの動きがあるのではないかと言われていましたが。

宮家)期待がある程度膨らんだ時期もあったかもしれませんが、客観的に見れば、いまロシアとアメリカとの関係が改善されていません。アメリカ国内はロシアゲートもあってなおさら進まない。アメリカと中国の関係も非常に悪化しています。ロシアからすれば中国は同盟国ではないのだけれども、戦術的には有難いパートナーです。ですからその意味で、ロシアが日本に譲歩するのはなかなか難しい時期に来ているのかなと思います。もう少し状況が変われば、ロシアの出方も変わって来ると思うのですが、客観的に見た場合、いまは少し難しいということなのだと思います。

ロ、在日米軍で回答要求  モスクワで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)=2018年12月20日 写真提供:共同通信社

改善されない米露関係~プーチン大統領に言うべきことを言えないトランプ大統領

飯田)ポンペオさんがこの間ロシアのソチに行って、ラブロフさんと会談しただけではなくプーチンさんとも会談しました。ここで首脳会談についても前向きに話したということもあって、大阪で米露の首脳会談が行われるのではないかと言われています。この辺は少し局面が変わって来ますか?

宮家)今アメリカで良く言われているのは、トランプさんはプーチンさんにちょっと甘いのではないかということです。大体、大統領選挙にロシアが介入したことはアメリカの捜査当局も認定しているわけだから。本来であればアメリカの大統領が、「けしからん、俺たちの大統領選挙に手を突っ込むとは何事だ」と言うべきなのだけれど、なぜかトランプさんは言えないのですよ。そうなると、大統領は何をやっているのだということにもなって行って、なかなかアメリカとロシアの関係が好転する状況ではないのです。
そもそもその裏には何があるかと言うと、1つはロシアがクリミアを併合してしまって、その前にウクライナへの介入もあるわけですが、これで国際社会から経済制裁を食らっているのです。「クリミア問題を直さないで米露関係が良くなるわけがないではないか」と、普通ならトランプさんが言わなくてはいけないのですが、どうもプーチンさんに対して歯切れが悪いのですよね。言うべきことを言えないとなると、彼もなかなか国内政治的に難しい。でも本当はアメリカとロシアが、少なくともNATOの問題について突っ込んだ議論をするのがあるべき姿だと思います。

飯田)プーチンさんからしたら、もともと選挙に手を突っ込んだり無茶をやるのも、制裁を解いて欲しいからという点もあったのですよね。完全に裏目に出てしまいましたよね。

宮家)そうですね。しかし、ロシアの敵対国の大統領選など重要選挙への介入は昔からです。ソ連の時代からずっとやっているので、彼にとってはあまり変わらないと思いますよ。そもそもプーチンさんがそれをやっていたのだから。

飯田)もともとKGBの人ですからね。

宮家)そうですよ。まさに東ドイツでそうした工作をやっていたのだから。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

この記事を読む