【注目の学生アーティスト】KISSY、トラックメイクを始めたのは13歳! 目標は国内外で活躍するプロデューサー

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。

大学生・専門学生の音楽事情に迫る「SONAR TO THE NEXT」のコーナーでは、大学生・専門学生アーティストを数珠つなぎで紹介していく。9月18日(水)のオンエアでは、KISSYさんに話を訊くとともに、大学生・専門アーティストを紹介してもらった。

【前回の記事】アメリカ・ボストン在住のVivaOla、目標は世界と日本の架け橋になれるアーティスト


■トラックメイクを始めたのは13歳

VivaOlaさんが「様々なルーツが垣間見える音楽性が魅力」と紹介していたKISSYさん。まずは、影響を受けたアーティストを訊いてみた。

あっこゴリラ:どんなアーティストに影響受けましたか?
KISSY:80年代の日本のシティポップ、シンセポップ系のアーティストさんとか、K-POPやK-HIP HOPのアーティストさんから大きな影響を受けたと思います。
あっこゴリラ:80年代のシティポップとかは、YouTubeとかで知った感じですか?
KISSY:それもありますし、あとは母親が80年代ドンピシャで。普通に家で、杉山清貴さんとか稲垣潤一さんの曲が流れているような環境でした。
あっこゴリラ:SONAR TO THE NEXTのコーナーでは、初めてのタイプかもしれない。おもしろい! いつから活動してるんですか?
KISSY:2011年ごろからトラックメイキングを始めて......。
あっこゴリラ:えっ? ってことは何歳?
KISSY:13歳とかですね。YouTubeやSoundCloudなどにインストゥルメンタル作品やリミックス作品を発表してきました。アーティストとかプロデューサーとして本格的に活動を始めたのは、1年半前くらいになりますね。
あっこゴリラ:13歳から趣味とか遊びみたいな感覚でやってたんですね。


■きっかけは、家に転がってたMIDIキーボード

KISSYさんは、大学で音楽と心・身体の関係性について勉強している。今後は、「音楽に関する感動体験」について研究したいと考えているという。あっこゴリラも「もう完全に音楽漬けで、いろんな角度から音楽を考えたり感じたりしてるんだね」と驚いた様子だ。そんなKISSYさんは、どんなきっかけでトラックメイクを始めたのだろうか?

KISSY:音楽、特にコンピュータミュージックを始めたのは、偶然家にMIDIキーボードが転がってて。それを興味本位で自分のPCに繋げて、音楽制作用のソフトを立ち上げてみたことがきっかけでした。
あっこゴリラ:へ~! もうそういうお家ってことなんだね。
KISSY:そうですね。もともと幼少期からピアノを習っていたことや、ギターやベースを独学で弾いていたこともあって、それからどんどん作曲や編曲にのめり込んでいきました。
あっこゴリラ:もう、なるようにしてなったって感じがしますね。でも、やっぱり知り合いのプロデューサーさんとか、お子さんが0歳とか1歳のうちから家にいろんな機材があるから、おもちゃだと思って遊んでる動画とかけっこう上げてるんですよね。だから、そういう家庭だったら自然とそれが遊びだと思うし、そういう環境いいな~と思って。
KISSY:そうですね。ほんと恵まれてたと思います。
あっこゴリラ:普段はどんな風に活動してるんですか?
KISSY:ソロアーティストとしてオリジナル曲の発表、トラックメイカーとして楽曲提供や共同制作、リミクサーとしてRemixやMashup作品の発表等、幅広く活動しています。
あっこゴリラ:いろんなことが出来ちゃうから、これからが楽しみですね。
KISSY:はい。今後は国内外で活躍するプロデューサーになるために、色々なアーティストさんに楽曲提供していきたいと思っています。

・KISSYの楽曲を聴く

■憂いと色気を帯びてる女性シンガー・Itsumi

そんな、KISSYさんがおすすめする大学生・専門学生アーティストは、「Itsumi」。

あっこゴリラ:Itsumiさんは、VivaOlaさんの楽曲にフィーチャリングで入ってましたよね?
KISSY:はい。VivaOlaと私は高校の同級生で、Itsumiは1個下の後輩です。
あっこゴリラ:すごい高校だよね。何高校?
KISSY:国際高校です。KREVAさんとか藤田琢己さんが大先輩にあたります。
あっこゴリラ:おお~!! 琢己パイセン! いいですね~。Itsumiさんは、どんなアーティストなんですか?
KISSY:Itsumiは、歌声が繊細で、憂いと色気を帯びてる女性シンガーです。

次回は、Itsumiさんに話を訊くとともに、おすすめアーティストを紹介してもらう。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

タグ

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ