Pink Floydの「号泣したライブ」 “メタル・ゴッド”伊藤政則とクリス・ペプラーが明かす

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。クリス・ペプラーが音楽を聴く隠れ家=「オトアジト」に毎週ゲストを迎え、大人な音楽談義を繰り広げるという番組だ。

8月17日(土)のオンエアでは、音楽評論家の伊藤政則が登場。衝撃を受けた思い出のバンドについて語った。


■原風景となったPink Floydのライブ

“メタル・ゴッド”こと、ハードロックやヘヴィメタルを日本に紹介した第一人者としても知られる伊藤だが、ブリティッシュ・ロックやヨーロッパのプログレッシブ・ロックを中心に幅広い音楽を好むと言う。実は、自身のコレクションではハードロックが一番少ないそうだ。

岩手県に生まれた伊藤がロックに目覚めたのは1969年、高校1年の頃だった。高校3年になり自分でレコードを買い始めると、Led Zeppelin、Pink Floyd、Emerson, Lake & Palmerなど、当時のロックの先端のアーティストを聴いていたと言う。

そして1971年、Pink Floydが伝説のフェス「箱根アフロディーテ」で来日した。当時、ラジオでPink Floydが来日する事を知った伊藤は、「大変な事だ。なんとかして行かないといけない」と思ったそうだ。

伊藤:高校3年生でしたけど、当時は東北新幹線がないから東京に行くのに時間が掛かるんです。しかも、親父がうるさいから、3日くらい企画を練って「大学受験が間もなくあるから、東京の大学を受験するうえで、予備校に行ってどの程度の連中がいるのか確かめたほうがいいんじゃないか」と。でも信じないんですよ、勉強しないんだもん(笑)。結果的に行くことになったんだけど、とにかく僕の目標はPink Floydを観に行くことでしたから。

そうして、なんとかPink Floydを箱根で観た伊藤。「ロックってすごいな」と圧倒され、自分の原風景としてそのときのライブが残っているという。「『伊藤さんにとってロックは何ですか?』とよく訊かれるけど、あの71年の夏の箱根の景色かな」と言うほど、衝撃的だったようだ。

前日まで大雨に見舞われていて当日は晴れたというPink Floydのライブ。気温差によって芦ノ湖で発生した霧が丘を登り頂上に向かうのだが、ステージは丘の頂上にあったそうだ。Pink Floydが『Careful With That Axe, Eugene』を演奏しているときに、下から霧が上がってくるという自然の演出があったことも興奮気味に振り返った。


■伊藤もクリスも号泣したPink Floydのライブ

伊藤は、そんな衝撃的なライブの後日談も明かした。伊藤が本来の目的を果たして岩手に帰ると、そのイベントを特集した週刊誌に伊藤が写り込んでいるのが父親にバレて、「伊藤家が分断するんじゃないかというくらい、エラいことになった」そうだ。

「早く東京に行こう」と決意した伊藤は、東京での住まいを探す事を口実に、1972年3月に再来日したPink Floydの東京体育館でのライブを再び鑑賞。このライブはクリスも観たそうだが、クリスにとってもPink Floydは特別なバンドだそうだ。

クリス:僕は15歳の頃だったんです。そして、1988年に国立代々木競技場の第一体育館でもライブを観て、号泣しましたね。15歳と30歳で観て、20代の前半とかに辛い時期があったので、『Comfortably Numb』が最後にあって、ミラーボールが割れた瞬間、滝の如く号泣しました。
伊藤:素晴らしいコンサートだったね。個人的な事だけど、88年の2月に母が亡くなって、お葬式が終わって。でも、Pink Floydだけは観ないといけないから、それで代々木に行ったの。花みたいなものがパーっと開いていく演出で、僕も号泣。なんか変な言い方だけど、母の胎内から僕が出てきてさ、それで今日の自分に繋がる、みたいな感情になってしまって。素晴らしい演出だったね。

クリスが「僕はDavid Gilmour派」と言うと、伊藤も「Pink Floydのファンで『Roger WatersじゃなくてDavid Gilmour』と言うと蔑まれることもあるけど、僕もDavid Gilmour派」と話した。ふたりは熱い握手を交わして意気投合していた。

【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

タグ

研究者に転身の日テレ・桝太一アナ 「『最大の脅威』と羽鳥慎一さんが絶賛」と明かす橋下徹

元・大阪府知事で元・大阪市長の橋下徹氏が1月24日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。日本テレビを他社して研究者へ転身することを発表した桝太一アナウンサーについて、辛坊とともに語った。

【映画「竜とそばかすの姫」大ヒット御礼舞台挨拶】 司会を務める、日本テレビの桝太一アナウンサー =東京・日比谷 撮影日:2021年09月11日 ©産経新聞社

辛坊)(桝アナの日テレの)先輩で羽鳥(慎一)くんというのがいるのですよ。羽鳥くんは一緒に番組をやっていましたよね。

橋下)一緒にやっていました。

辛坊)親しいよね。あのクラスは、何というか、非常に性格がいい人が多いのですよ。フリーになる人はなんとなく性格悪そうなイメージがあるのだけれども、羽鳥も性格がいいし、桝くんは直接の接点はないのだけれど、噂を聞くといい人みたいですよ。

橋下)羽鳥さんが絶賛していて、何年か前なのですけれども「最大の脅威は桝さんだ」と羽鳥さんが言っていました。

辛坊)桝くんがうまいなと思うのは、日テレのいまの給与事情から見ると、あの年であれだけ頑張っている人が日テレの給料でやっているのは理不尽だなと思うので、たとえフリーになると言っても私などは応援したいと思うのです。でも世間の受け止め方は、なんか「金が欲しくてフリーになったのか?」みたいなイメージが付きまとうのですよ。ところが彼は助教。助教というと、一昔前でいう助手なのですね。研究者のヒエラルキーのなかでは一番底辺なのだけれども、そんなことは世間にはわからないわけです。そうすると「研究員になります」と言っても助教では絶対に食えないから、たぶんタレント活動を継続されると思うのです。そういう意味では、フリーでアナウンサーをやるということより、研究員になるのだという印象が先行するというこのやり方は、桝はすごいです。やはり。

橋下)いや、そんな腹黒いことは考えていないです(笑)。純粋に研究をしたいという。

橋下徹、増山さやかアナウンサー、辛坊治郎

橋下)でも、アナウンサーの人が独立してフリーになるという事情がなんとなく分かったのは、この間辛坊さんの読売テレビの後輩の女性アナウンサーが、私と古市(憲寿)さんのイベントの司会をやるということで挨拶しに来てくれたのです。以前だったらそういうイベント業のギャラというのは全部自分でもらってたいたのでしょう。だからそういうものは読売テレビに「辛坊ルール」というのがあるはずなので?、全部(ギャラを)自分で取れるのではないですか?と聞いたら、いまはできないと。

辛坊)もう全然。もうもうだいぶ前からですよ。だから私は会社を辞める直前ぐらいからものすごく厳しくなっていて、本もだめです。私が読売テレビ時代に出した本は、言っては何だけど、自分で書いていますから、印税はだいたい10%なのですよ。ところがそれ以降というか、いまは確か、本人に1%くらいで、全体の印税の9割くらいは会社が持っていきます。

橋下)結婚式の司会もだめなのですか。

辛坊)結婚式の司会などをやっている人はいないのではないかな。

橋下)いまは会社への届け出とか、そういうものが全部自分の○○と。辛坊さんの時代などは税金も払っていなかったでしょう(笑)?

辛坊)税金はフルで払っています。何てことを言うのだ! 自慢じゃないけれども、節税は一切やっていませんから。これは何回も言っていますけれども、US-2は買えないです。あれは150億円しますから。だけど小型飛行機3機ぐらい買えるだけの納税はしているから。

橋下)私は税務署ではないから大丈夫です(笑)

辛坊)本当だって。何てことを言うのだ!

増山)納税しているということです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ