【番組レポート】マキタスポーツさんの新番組!ニッポン放送『マキタスポーツ食道』

マキタスポーツさんが「食」を気楽に紹介する新番組!

4月8日(日)にスタートするニッポン放送『マキタスポーツ食道』の初回番組収録に潜入してきました。

ニッポン放送『マキタスポーツ食道』とは?

『マキタスポーツ食道』は、コメディアン・俳優・ミュージシャン・作家とさまざまな場で活躍し、才能を発揮するマキタスポーツさんが「食」に関するあらゆることを気楽に紹介していく番組。

「家で食べるごはん」、「コンビニスイーツ」、「一見さんお断りの料亭」……など、食にまつわるあらゆることをテーマに語ります。

また番組では「思い出の背景めし」を募集しています。例えば、「子供の頃によく食べていたオヤツ」、「受験勉強の時の夜食の定番」、「ひとり暮らしで、初めて作ったメニュー」など。ぜひエピソードとともに、メールで教えてください。

マキタさんとともに、とどまることを知らない“食の道”を突き進んでいきましょう!

【番組概要】
■放送局:ニッポン放送
■番組名『マキタスポーツ食道』
■放送日時:日曜日 19時20分~19時40分
(※不定期放送なので、詳細スケジュールは番組サイトをご確認ください。)
■出演者:マキタスポーツ
■番組URL:http://www.1242.com/makita/
■番組メールアドレス:makita@1242.com
■番組公式Twitter:https://twitter.com/makishoku
公式ハッシュタグは「#マキ食」。
※初回放送は4月8日(日)19時20分~。

番組打ち合わせ&初回収録スタート!

今回の収録が行われた場所は、ニッポン放送6階にある第7スタジオ。パーソナリティを務めるマキタスポーツさんがスタジオ入りし、スタッフと打ち合わせがスタートしました。

 

台本を元に、番組の流れをじっくりと確認します。

 

 

マキタスポーツさん一人語り形式のため、小さめのブースです。

 

 

台本は用意されていますが、トーク内容はほぼアドリブ! よどみないトークは、まるで目の前で生放送を聴いているような感覚でした。

 

 

途中、コーナー毎にカットし、番組ディレクターとマキタスポーツさんで打ち合わせ。より面白いものを作り上げようと真剣です。

 

 

Save Completed. 音声データで保存されます。

 

 

初回収録では、2本分を録り終えました。お疲れさまでした。

 

収録を終えて

初回収録にお邪魔させていただきましたが、マキタスポーツさんと番組ディレクターをはじめとするスタッフさんとの息がピッタリでした。20分間という短い収録枠の中で、台本にさまざまなアイデアが上乗せされ、密度の濃い番組が作られていく様子を目の当たりにして、スタッフの皆さんのラジオへの情熱をひしひしと感じました。

何より驚いたのは、マキタスポーツさんの流れるようなトーク! 誰もが経験し、共感する「食」にまつわるエピソードに、ユーモアを交えた味のあるトークがほぼアドリブで語られ、それをそばで聴いたことはとても貴重で贅沢な時間でした。そしてラジオパーソナリティという仕事の凄さ、奥深さを感じました。

また、マキタスポーツさんと番組スタッフ間ではLINEグループを作り、日夜「食」についての情報をやりとりしているんだとか。今後、そのやりとりの中で生まれた面白いネタもラジオで語られるかもしれませんね!

この後、収録した音声を編集し、番組が出来上がります。いったいどんな風に仕上がっているのか、オンエアが待ちきれません!

初回放送は4月8日(日)19時20分からです。どうぞお楽しみに!

Twitterキャンペーンも実施中!

アカウントをフォローして、対象のツイートをRT(リツイート)すると、抽選でA賞(マキ食セット)、B賞(Amazon ギフト券 3,000円分)いずれかが当たります!

 

 

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

キラキラネーム「戸籍記載OK」の裏側 漢字主義から読み仮名主義への大転換

ジャーナリスト・佐々木俊尚20220517080000が5月18日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。キラキラネームを戸籍に記載できることになった法改正、その裏側にある壮大な構想について語った。

※イメージ

これまで戸籍には読み仮名を記載してこなかったが、今後は読み仮名を付け、さらに『キラキラネームを読み仮名として容認』というニュースが駆け巡った。戸籍の名前に読み仮名を付けるための法改正について議論してきた法制審議会は、いわゆる「キラキラネーム」も認める中間試案をとりまとめ、法務省は今後広く意見を募り、来年の通常国会に改正案を提出する方針だという。こうした法改正が行われる背景には、「行政手続きのデジタル化」という側面がある。では、行政手続きのデジタル化とは、具体的にはどういうことか。これについて、佐々木氏が解説した。

佐々木俊尚氏

「もともと日本には異体字が多い。『渡辺』や『斎藤』などもいろんな漢字が存在している。JIS漢字コードにはそうした漢字が入っているが、世界共通の文字コード規格=ユニコードには異体字は入っていなかった。よって、漢字を選ぶときに大変苦労している」。こうした背景から、名前を漢字ではなく、カタカナやひらがなで登録する方向に変える、というのが今回の法改正につながっているという。佐々木氏は 「“唐突にキラキラネームOK!”というニュースではなく、漢字中心の戸籍から、読み仮名(ひらがな、かたかな)中心の戸籍に転換。つまり、漢字は付随するものという考え方になる」と、佐々木氏は指摘した。

今後は、読みにくいキラキラネームランキングで上位にランクインされている「男と書いてアダム」「皇帝と書いてシーザー」なども、読み仮名中心の戸籍に転換すると大きな話題にならないかもしれない。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ